x
100,000人のスマホアプリ利用状況がわかる「App Ape Analytics」

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2014.12.18

注目のマンガアプリを、優良アプリ・ヴィンテージ系アプリ・マニア獲得型アプリの3種類に分類してみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注目のマンガアプリを、優良アプリ・ヴィンテージ系アプリ・マニア獲得型アプリの3種類に分類してみた。

前回は、ゲームアプリに着目して【1.推定インストール数】(※推定所持ユーザー数) と【2.DAU率】に基づいて
アプリを「①優良アプリ、②ヴィンテージ系アプリ、③マニア獲得型アプリ」の3つに分類しました。
(インストール数は多くないけど、ヘービーユーザーがいるゲームアプリとは?)

今回は、ゲームアプリに次ぐ市場として急速に成長している「マンガアプリ」に着目して、同様の分析を行ってみます。

優良アプリ、ヴィンテージ系アプリ、マニア獲得型アプリの3種類に分類

前回に引き続き、二次元ランキング(アプリの特性を表す指標を二つ組み合わせて二軸で作成したランキング)を使用し、優良アプリ、
ヴィンテージ系アプリ、マニア獲得型アプリを選定しました。今回は、各分類に選定された上位3アプリをご紹介します。

調査方法
【推定所持ユーザー数 ×DAU率の二次元ランキング】を作成し、比較
二次元ランキング
アプリの特性を表す指標を二つ組み合わせて、二軸で作成したランキングのこと。
今回は二つの指標として、【推定所持ユーザー数】と【DAU率】を用いる。(※データ元:App Ape)
手順
  1. アプリ毎に推定所持ユーザー数を降順に並べる
  2. 推定所持ユーザー数※の上位から累積をとり、推定所持ユーザー数の総和に対する累積の割合が10%となるユーザー数でアプリを分割し、順に10%区切りでアプリを分割することで10個のランクを付ける
  3. DAU率についても、同様にしてアプリ毎に10個のランクを付ける
  4. 推定所持ユーザー数、DAU率の2つのランクから、アプリを10×10のセグメントに配置する

Note

  • 推定所持ユーザー数: 対象期間におけるApp Apeのパネルユーザー(N = 37,741)のうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)
  • DAU率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、1日に1回以上起動しているユーザーの割合
  • [データ元: App Ape Report 2014年10月版(国内37,741台のAndroid端末を分析)]

インストール数が多いかつ、よく使われているアプリ

優良アプリTOP3
    アプリ名 リリース日
1 icon.jp.comico 【無料マンガ】comico/毎日新作漫画が読み放題!/コミコ
(NHN PlayArt)
2013/10/30
2 icon.jp.naver.linemanga.android LINE マンガ – 無料で人気漫画を毎日更新!
(LINE Corporation)
2013/04/09
3 icon.com.dena.mj マンガボックス:人気作家の漫画が無料で読めるマンガ雑誌アプリ
(DeNA Co., Ltd. Manga Box)
2013/12/04

推定所持ユーザー数(インストール数)が多く、よく使われているアプリには、サービス提供開始から1年をまたずに600万ダウンロードを超えるほどユーザー数が急増している。
「comico(コミコ)」と「マンガボックス」 に加え、巨大なプラットフォームを持つLINE社の「LINEマンガ」が選出されました。
いずれも幅広い作品数を誇ると同時に、CM等により知名度の高いアプリです。ゲーム事業に強みを持っている会社のアプリが、マンガアプリ市場をも席巻しているのも気になるポイントですね。

インストール数が多く、ポテンシャルのあるアプリ

ヴィンテージ系アプリTOP3
    アプリ名 リリース日
1 icon.jp.co.nttdocomo.ebook dブック マイ本棚
(NTT DOCOMO)
2014/06/30
2 icon.jp.ebookjapan.ebireader 電子書籍・コミックリーダー ebiReader
(eBook Initiative Japan Co.,Ltd.)
2013/11/07
3 icon.jp.softbank.mb.bookmanager (2/2) ソフトバンク ブックストア
(ソフトバンクモバイル株式会社)
2014/08/20

推定所持ユーザー数(インストール数)が多いもののDAU率が低めのアプリには、NTT DOCOMO社とソフトバンク社からリリースされているアプリがランクインしています。
これらは端末によってはプリインストールのアプリであるため、インストール数自体は多いものの、実際に使っているユーザーの割合は少ないという現状があるようです。
プリインストールアプリでは、よく見られる傾向ですね。マンガをはじめとする電子書籍を見る際は、自分の好みに合わせて新たに何かしらのアプリをインストールして読むユーザーが多いことが推察されます。
しかし、これらのヴィンテージ系アプリたちは、アクティブなユーザーの割合をさらに増やしていくことができれば、簡易に最良アプリの仲間入りができてしまうポテンシャルがあります。
今後に期待ですね。

インストール数は少ないけど、よく使われているアプリ

マニア獲得型アプリTOP3
    アプリ名 リリース日
1 icon.jp.co.hps.comic.portal 漫画読破 全巻無料のマンガアプリ
(Manga apps by HPS)
2014/04/25
2 icon.jp.naver.webtoon.android 無料マンガ―Webtoons―
(LINE Corporation)
2011/12/13
3 icon.app.game.rentaapps マンガをお得にレンタルRenta!
(株式会社パピレス)
2011/08/17

「漫画読破」は無料で様々な人気漫画を楽しめるアプリであり、TV番組で取り上げられるほどの人気アプリです。
DAU率が高く、ユーザーからの高い評価が伺えます。また、「無料マンガ―Webtoons―」は、
その画質の良さや操作性の高さ(縦にスクロールすることによって次のページが読める、等)が人気を集めているアプリのようです。
これらのアプリは、一部のセグメントのユーザーに刺さるアプリであると同時に、マーケティング次第で大ヒットにつながるポテンシャルがあるアプリです。

いかがでしたでしょうか。
「comico(コミコ)」、「LINEマンガ」、「マンガボックス」の三大アプリがユーザーの人気を集め続けるのか、はたまたそれらに代わるアプリが登場するのか。
今後の動向が気になりますね!

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

オススメ記事はこちら

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加