x
100,000人のスマホアプリ利用状況がわかる「App Ape Analytics」

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2015.03.06

Twitterでの告知/宣伝はこの時間がベスト!時間帯別アクティブユーザーの利用率からみえる最もシェアされる時間帯とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Twitterでの告知/宣伝はこの時間がベスト!時間帯別アクティブユーザーの利用率からみえる最もシェアされる時間帯とは?

もはや欠かすことのできなくなったSNS上でのプロモーション。
そんな中で「どの時間帯でシェアしたら一番効果的なんだろう?」と気になる方は多いのではないでしょうか。

今回はTwitterアプリについて時間帯ごとのアクティブユーザーの利用率を平日、休日にわけて調査しました。

Twitterは他SNSよりもフィードが流れるのが早い傾向があり、ツイートをするタイミングが非常に重要です。
それではさっそく結果をみていきましょう。

Twitterアクティブユーザーの利用率

Note

  • [データ元: App Ape 2015年1月度調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • “アクティブユーザーの利用率”はHAU/DAUにて算出

時間帯ごとアクティブユーザーの利用率から見える傾向とは?

平日のデータに着目していくと、朝6時から利用率が上がり始めます。朝7時に20.2%と一旦ピークをむかえ、8時〜11時は平均18.7%と、数値が落ち着きます。お昼の12時には27.1%と一時的に利用率が上がります。

13時、14時は平均22.3%とまた落ち着き、15時以降〜22時のピークまで右肩上がりで利用率が上昇していきます。

23時以降は徐々に利用率が減少し、4時には最低の利用率4.4%となります。

最もベストな時間帯は…21時〜22時!避ける時間帯は3〜5時。お昼も狙い目。

Twitterアクティブユーザーの利用率のピーク

Note

  • [データ元: App Ape 2015年1月度調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • “アクティブユーザーの利用率”はHAU/DAUにて算出

今回の調査により、ツイートするのに最もベスト時間帯は平日・休日ともに21時〜22時と把握することができました。

また、最も避けるべき時間帯として利用率の下がる深夜3時〜5時が挙げられます。
情報が流れてしまうのを避けるため、お昼の12時のピーク時に一度ツイートし、夜21時頃にもう一度同様の内容でなツイートをするのもオススメですね。

平日休日のユーザー利用率の違いは?

Twitterアクティブユーザーの利用率折れ線グラフ

Note

  • [データ元: App Ape 2015年1月度調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • “アクティブユーザーの利用率”はHAU/DAUにて算出

次に平日と休日のユーザーの利用率の違いを、ピークを分かりやすくするため、折れ線グラフに変更して把握していきましょう。

グラフより休日の方が平日と比較してなだらかな変化をしていることが分かります。
平日の場合、利用率のピークが朝7時に20.2%、昼12時に27.1%とみられます。これは朝の出勤/通学タイミング、お昼休みの時間帯にアプリを利用していると予想できます。

休日は出勤・通学お昼休みに依存することなく、13時以降利用率が下がることなくピークの22時まで上がり続けます。

休日の場合はあまりお昼休みの時間帯を気にすることなくツイートしていって良さそうですね

おわりに

いかがでしたでしょうか。ツイートの最も効果的な時間帯を把握することで、あなたの伝えたい情報をより多くの人へ届けることができます。
ぜひ本記事を参考に、効果的なツイートをしていただければと思います。

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加