x
新しいApp Ape デビュー、効率の良いアプリ分析を美しいダッシュボードで

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2017.03.02

「カープ女子」の次は「スー女」〜大相撲アプリユーザーは5人に1人が20代女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「カープ女子」の次は「スー女」〜大相撲アプリユーザーは5人に1人が20代女性

国技・大相撲の人気は「スー女」が牽引?

「スー女」をご存知でしょうか。

いわゆる「相撲好きな女性」のことを指し、最近は人口も激増しているそうです。

今年1月には稀勢の里が日本出身としては19年ぶりの横綱になり、相撲人気が再燃していますが、相撲人気の回復を牽引しているのがこの「スー女」だと言われています。

女性芸能人も「スー女」は多く、モデルの市川紗椰、女優の山根千佳、AKB48の田名部生来などが「スー女」であることを公言しているそうです。

果たして本当に「スー女」は数多く存在するのでしょうか。

今回は2014年3月に日本相撲協会がリリースした公式アプリ「大相撲」の利用実績から、相撲ファンの性別や年齢層を分析し、「スー女」の存在について迫ります。

この「大相撲」アプリでは最新の取組動画が視聴できるだけでなく、初優勝した力士や引退するベテラン力士の特集なども組まれ、とても充実した内容になっており、相撲ファン必見のアプリとなっています。

大相撲アプリのユーザーは5人に1人が20代女性

2016年12月時点のアプリ所持数の男女比を見てみると、なんと75%は女性!

possession_rate

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男性(女性)比率:  そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合

この事実から、やはり相撲好き女子「スー女」という言葉の流行には実体があり、女性人気は本物であるように見受けられます。

さらに女性の年代比データを見てみましょう。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

40代女性が27%で最も多く、次いで20代女性が22%、なんと5人に1人が20代女性ということが判明しました。

どうやら「スー女」は数多く存在し、大相撲の人気を牽引していることは間違いないようです。

20代女性の比率が急上昇

次に2016年における「大相撲」アプリユーザーの20代女性の割合の遷移を見てました。

2016年の「大相撲アプリ」ユーザーの20代女性割合

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 女性20代比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの女性20代の割合

2016年の1年間で20代女性比率は約2倍に。特に11月以降に20代女性人気が上昇しています。

11月場所は休場明けの横綱白鵬が今場所3番勝てば千代の富士・魁皇に次いで史上3人目の通算1000勝を達成するとあって注目が集まりましたが、「スー女」も増加したようです。

アプリの起動率はその場所の注目度と比例

次はアプリを所持しているユーザーのうち、実際にアプリを起動したユーザーの割合を調べてみました。

mau_possession_rate-png
※黄色は本場所開催月
※アクティブ率はMUA/所持ユーザーで計算

本場所が行われている月には、注目度が低い場所でも75%、盛り上がっている場所では実に95%に昇ります。

これは最新の相撲情報や見逃した取り組みを動画で視聴できる機能がユーザーに評価されており、ただインストールしただけで眠らせているのではなく、アプリを活用している人が多いということが言えます。

また、(本場所が行われていない)偶数月でも、39%~68%のアクティブ率があります。この期間には、ファンが興味をくすぐられる特集が組まれることが多く、ユーザーを放さないような工夫がされているようです。

まとめ〜女性相撲ファンは大相撲アプリを愛用している

今回のデータ分析から以下のようなことが分かりました。

・「スー女」は確かにたくさん存在し、相撲人気を牽引している

・その場所の注目度は大相撲アプリの起動率に反映される

・本場所が行われていない月でも約4割以上のユーザーがアプリで相撲情報をチェック

アプリユーザーは40代女性が一番多かったことから、スマホアプリが幅広い年齢層に普及していることを改めて実感しました。

文/菊池一樹

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加