x
100,000人のスマホアプリ利用状況がわかる「App Ape Analytics」

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2017.04.20

メルカリ、PCからも出品・購入が可能になってユーザー層の拡大に成功〜50代以上の女性が2.4倍に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
メルカリ、PCからも出品・購入が可能になってユーザー層の拡大に成功〜50代以上の女性が2.4倍に

テレビを見ているとインパクトのあるCMを頻繁に見る「メルカリ」ですが、利用者は増加の一途をたどっています。

以前はメルカリでの出品・購入はスマートフォンアプリのみ対応していましたが、現在ではPCからも出品・購入ができるようになり、さらに利用者を増やしているようです。

Amazonや楽天、ヤフオクのように、PCからアプリにもサービスを拡張したケースはたくさんありますが、アプリからPCへの展開は珍しいケースです。

今回はアプリからPCにサービスを拡大したことによって、ユーザーに与えた影響を調査しました。

ほぼ一強のフリマアプリ「メルカリ」

「メルカリ」は誰でも自由に商品を出品できるフリーマーケットアプリです。使っていない靴や雑貨類、衣類などを販売する人が多く、若者や女性を中心に利用者が増えています。その利用者は止まるところを知らず、今では月間100億円を超える物販流通が起こっていると考えれています。

大きな特徴としては、登録や出品に掛かる手数料が0円で行える点。従来のオークションなどは出品や登録に費用が掛かりますが、その費用が0円になっているのは画期的です。費用が掛かるのは売買が成約した際で、成約金の約10%が運営側に支払う形になります。

アプリでははじめは無料で始められて、その後にお金を取るスタイルが一般的。メルカリにおいても、そのルールに則った形になっているのがわかります。後からお金が取られる形になっているのも、メルカリが流行している要因になっていると考えられます。

PCから出品・購入できることになり、さらに利用者が増加

人気絶頂のメルカリですが、2016年3月7日からPCでも商品を買えるサービスが始まりました。それまでは閲覧だけだったのが、購入も一緒にできるようになったことで、さらに利用者が増えたようです。

所持ユーザー数(2017年3月と2016年2月)


Note

  • [データ元: (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

実際、2017年3月と2016年2月の所持ユーザーを見比べたとき、その数値には約1.5倍の差が付く結果となりました。スマートフォン以外のユーザーもPCからアクセスできることもあり、よりアプリの認知度が増えて利用者が増えたのだと考えられます。

メルカリの利用者増加の影響は顕著に出ており、ゾゾがフリマ事業から撤退するというニュースも4月12日に発表されています。

ほかにも「ストゥリオ」や「LINEモール」などもサービスを停止しており、フリマアプリの中で独走を続ける形となっているようです。

さらに、メルカリが海外展開することも発表されており、今後さらに利用者が増えることが予想されます。

男性・女性で比べたときに多いのは?

次にメルカリアプリの所持ユーザー数を男女別に比較してみました。

男性のメルカリアプリ所持ユーザー数


女性のメルカリアプリ所持ユーザー数

Note

  • [データ元: (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

2016年2月と2017年3月で見比べた場合、男性は20代男性が約1.8倍、女性は40代が1.7倍、50代以上は2.4倍に増加しています。男性の年齢層においては、当初のターゲット層が順調に増加している形となっています。

メルカリを使っていた女性層も増加はしていますが、40代以上の女性の増加率が顕著となりました。これは、スマートフォンを使っていなかった40代女性がメルカリをPCでメルカリを利用し、その後にスマートフォンやタブレットのアプリでもメルカリを利用し始めたと考えられます。

メルカリの利用者を男女比で見たとき、多く利用しているのは女性という結果になりました。年齢層別に見ると、20~30代の女性が多く利用しているのがわかります。

メルカリで流通しているものを見ると、ブランド物の衣類や装飾品も多く出品されています。それを格安で手に入れることができることもあって、利用者が多いようです。ブランド品だけでなく使っていない靴や装飾品を手軽に販売できることもあって、女性に人気があるのだと予想されます。

また、女性の衣類だけでなく子供の衣類のやり取りも人気があるようです。子供の衣類は買ったとしても、思った以上に着る期間が短いものです。その衣類をメルカリで売買する人も多く、主婦層の女性がこれらの商品を目的に使っていることが考えられます。

まとめ~PCへの対応でユーザー層の拡大に成功

今回はメルカリの利用者を、パソコンが使えるようになる前後でどのように変化するのかを調査してみました。その結果としては

PCからも購入・出品できるようになり、約1年でアプリ所持ユーザーが1.5倍に増加
PC対応後に所持ユーザーは男性20代が1.8倍、女性は40代以上が1.9倍増加

という結果が分かりました。

メルカリは手軽に物品のやり取りを行えるのが魅力。その手軽さから多くのユーザーが利用していますが、今後もこの勢いはしばらく止まらないでしょう。これからもどのような展開を見せるのか目が離せないアプリとなっています。

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加