x
新しいApp Ape デビュー、効率の良いアプリ分析を美しいダッシュボードで

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2017.05.09

「地域」×「アプリ」需要高まる。-メルカリ アッテ/ジモティー-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「地域」×「アプリ」需要高まる。-メルカリ アッテ/ジモティー-

地域特化型C to Cアプリ「メルカリ アッテ」と「ジモティー」の存在感が高まっています。Google Playランキング(4月23日時点)では、メルカリ アッテは配信開始から1年間でじわじわと順位を上げてショッピングカテゴリで5位。ジモティーも配信開始から4年半が経過しているにもかかわらず20位と好位置をキープし続けています。今回はApp Apeで両アプリのユーザーの特徴を明らかにするとともに、地域特化型Cto Cアプリの今後の可能性を探ります。

メルカリ アッテとジモティーはこんなアプリ

メルカリ アッテは、近所に住むユーザーと直接会って、不用品の売買や友達づくりなどができる地域コミュニティアプリです。メルカリ子会社の株式会社ソウゾウが2016年3月に配信を開始しました。

Note

  • Google Playより引用

機能の大きな柱は、カテゴリ別に不用品の受け渡しや商品の売買をする「直接受け渡し」と、共通の趣味や年代・地域などから気の合う仲間を探したりイベントを立ち上げたりする「コミュニティ」の二つ。位置情報を基に近隣に住むユーザーと直接会って、商品の受け渡しやコミュニケーションを取れるのが特徴で、すべての機能を無料で利用できます。

ジモティーは株式会社ジモティーが地域別Web掲示板として2011年11月にオープン。12年9月にAndroid用アプリとして配信を開始した地域特化型C to Cアプリの先駆けです。「売ります・あげます」「不動産」「求人」「イベント」など目的別のカテゴリで募集や告知ができます。

Note

  • Google Playより引用

メルカリ アッテ同様に利用は無料ですが、カテゴリ内での掲示順位を上げたり、ハイライト表示で目立たせたりする有料オプションを16年10月から追加しているのが大きな違いです。

メルカリ アッテでジモティーに相乗効果

App Apeで両アプリを分析してみましょう。
両アプリの3月の男女別所持率は以下の通りです。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

メルカリアッテは女性人気、ジモティーは男性人気

メルカリ アッテはどちらかというと女性に、ジモティーは男性に受け入られていることが分かります。

時間帯別のアクティブ率は以下の通りです。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。

両アプリともに12時台と20時台に山が来ているのが分かります。

メルカリ アッテの男女年代比は以下の通りです。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

女性の中でも20、30代が特に多いことが分かります。メルカリアッテは、アプリ紹介でママ友募集ができることをポイントの一つに盛り込んでおり、多くの子育て世代の女性に受け入れられていることが伺えます。実際、人気のカテゴリではファッション・洋服やキッチン用品・食器が上位にあり、女性の支持の大きさが垣間見えます。

ジモティーの男女年代比は以下の通りです。

Web掲示板からの歴史があるだけに、幅広い年齢層が使っていますが、中でも30、40代の男性が多いことが分かります。サイトの作りもメルカリ アッテに比べて文字が細かく、どちらかというと男性に受けるデザインなのかもしれません。

両アプリのMAUの推移は以下の通りです。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

数ヶ月おきに両アプリが逆転を繰り返しながら増加

メルカリ アッテはリリースから2ヶ月でジモティーを一度抜いた後、数ヶ月おきに両アプリが逆転を繰り返しながら増加し続けているのが分かります。

特にメルカリ アッテは、2017年1月にAndroid版にコミュニティ機能を追加したことなどが活性化に繋がり、MAUが増加に伸びたようです。その後、メルカリ アッテはGoogle Playランキングでも、4月23日時点で、アプリ全体で41位とコミュニティー機能追加前の16年12月末に比べ、60位以上も順位を上げています。不用品などの売買をするアプリとしての機能に加え、地域内の新たなコミュニケーションツールとして存在感が急速に高まっているようです。

所持率からも両アプリの相乗効果が伺えます。メルカリ アッテ所持者がジモティーを所有している割合は21・7%と16年12月に比べ7・6ポイントも増えました。ジモティー所有者がアッテを所有する割合も22・4%と3・4ポイント増えており、両方ともユーザーが伸びていることが伺えます。

相乗効果でC to Cアプリのユーザー拡大へ/グロース後のマネタイズに注目

メルカリ アッテの登場で既存のジモティーのMAUも増え、相乗効果でこの1年間で両アプリのアクティブユーザーが急速に増えていることがApp Apeの分析で浮き彫りになりました。

核家族化が進行し、地域のコミュニティが失われる中で、新聞やネットではやり取りできない地域限定の個人間取引の情報をやり取りする機能や、実際に対面でコミュニケーションをとりながら地域の中で仲間作りができる点は両アプリともに大きな強みです。

両アプリともに現状では利用は無料で、収入は広告がメインですが、今後、ユーザーの拡大とともにどのようなマネタイズ手法を取り入れるのか、地域特化型C to Cアプリにますます目が離せません。

おわりに

現在、App Ape Analyticsのニューバージョンを3日間無料で利用できる事前登録キャンペーンを実施中です。
いつもの調査結果をあなたも分析することが可能となります!新しいApp Apeを体験してみてください。事前登録はこちらから。

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加