x
新しいApp Ape デビュー、効率の良いアプリ分析を美しいダッシュボードで

ここでしか見れない、アプリ市場の調査結果をお届け。

2017.07.25

ポケモンGOがもたらした5つの変化-リリース1周年記念-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ポケモンGOがもたらした5つの変化-リリース1周年記念-

株式会社ナイアンティックと株式会社ポケモンが配信するARスマホゲームアプリ「Pokémon GO(ポケモンGO)」が22日、国内リリースから1周年を迎えました。ゲームの枠を超え、拡張現実(AR)の可能性を示したポケモンGOは、社会やアプリビジネスにどんな変化をもたらしたのでしょうか。App Apeのデータを交えながら、激動の1年を5つの視点から振り返ります。

1.膠着状態にあったランキングを塗り替えた

ポケモンGOのGoogle Playランキングの推移を見ると、ゲームカテゴリで初登場1位を獲得。新規のゲームアプリとしては驚異的な数字です。

これまで不動の人気を占めていた「モンスターストライク」や「パズドラ」を抜き、ゲームランキングに大きな変化をもたらしました。(参考:App Ape Laboratory 2017年7月25日『ポケモンGO 、たった2日でTwitterを抜く〜初日で最大のライバル「モンスト」も撃破』
その後、アドベンチャーカテゴリでは1年間に渡り人気は継続しています。驚異のロングランヒットです。

2.ゲームアプリでは考えられないユーザー層を形成した

ポケモンGOの男女年代比率をみると、通常のゲームアプリでは考えられないような実に様々な年代層が利用していることがわかります。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

ポケモンに親しみがある20、30代はもちろんのこと、これまでスマホゲームに触れたことがなかったポケモン非ネイティブ世代の40代以上まで幅広い年代層に受け入れられたスマホゲームは、おそらくポケモンGOが初めてではないでしょうか。

人気タイトルのモンストやパズドラと比べても、年代層に偏りが少なく、ゲームへのハードルを低くしたとも言えます。

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

3.社会現象を巻き起こした~ゲームと現実世界がリンク

ポケモンをゲットしようと、幅広い年代の利用者がゲームを片手に実際の世界に繰り出しました。実際にその場所に行くことでゲームが成立するARゲームの特性を発揮した形です。

一方、レアなポケモンを求めて殺到する利用者に対し、自治体や企業はスマホの利用自粛を促すなどの対策も迫られました。宮城県では、後述するポケモン出現イベントに伴い、交通渋滞などを懸念。注意を呼びかける異例のプレスリリースをしました。島根県の出雲大社も安全面や参拝者への配慮から、配信開始とほぼ同時に公式HPで使用禁止を発表。鉄道各社も安全確保を図るため、駅ホームにポケモンが登場しないようにしてほしいとの要望書を提出しました。

ゲームが現実の行動に影響する社会現象にまで発展したポケモンGOは、2016年のユーキャン新語・流行語大賞でトップテンを受賞しました。以下の受賞理由のコメントがポケモンGOが与えた影響を表しています。

・・・2016年7月から、このGPSとAR技術を応用したスマホ向けアプリが各国で順次配信開始となり、世界的な流行になった。選考委員会の議論の過程では、「バーチャルな生物を捕まえて何を面白がっているのか。実際の自然界にはもっともっと未知の生物が存在するのだ」という、ポケモンGOへの違和感も提示された。しかしそんな負の面だけでなく、「ポケモンGOのためにひきこもりだった息子が毎日外出するようになった」「家事に協力的でなかった亭主がスマホ片手に進んでゴミ出しに行く」など、ポケモンGOがこの社会に与えたプラスの効用は評価すべきではなかろうか。ということで、トップテン授賞となった。ユーキャン新語・流行語大賞トップテン

4.社会貢献〜被災地復興に一役

ゲームアプリが社会貢献につながることを、ポケモンGOは証明しました。宮城県と株式会社ポケモンは16年11月、東日本大震災の被災地への観光客の誘致につなげようと、株式会社ポケモンと連携し、石巻市でイベント「ポケストップ追加企画 Explore Miyagi」を開催。さらに期間中はレアポケモン「ラプラス」が県内沿岸部に出現しました。宮城県によると、11日間で約10万人が石巻市を訪れ、ポケモンGOによる経済効果は約20億円に達しました。ゲームと現実の世界をつなぎ、新たな観光行動や社会貢献を生み出したポケモンは、スマホゲームの新たな未来を開いたのです。

5.収益化の新たな形を提示〜課金、スポンサー

アプリの収益化の観点からも、ポケモンGOはARゲームの可能性の高さを示しました。その典型が「ポケストップ」のスポンサーです。

マクドナルドは16年7月、国内で初めてポケモンGOのオフィシャルパートナーとして契約。国内のマクドナルド約2900店舗のうち、約400店舗を「ジム」、約2500店舗を「ポケストップ」としました。ゲームの世界と現実世界がつながり、人の動きを作り出す仕組みであるARを取り入れたことで、マクドナルドは客足を伸ばし営業黒字化を達成。その後、ソフトバンクやイオン、セブンイレブン、ジョイフルなどもスポンサーとして参入しました。

従来からの利用者への課金収入という形態に加え、ポケストップへのスポンサーという形で収益化を実現した株式会社ポケモンは大幅な増益となりました。参考:App Ape Laboratory 2017年6月13日『ポケモンGO間もなく配信1周年-株式会社ポケモン25倍の大増益の要因を探る-』

ARの可能性は無限大

リリースからわずか1年。ポケモンGOはゲームだけでなく、社会やアプリビジネスの仕組みに大きな変化を与えました。ゲームの枠を超えたポケモンGOは、これからの私たちの生活をさらに変えるきっかけになるでしょう。今後、ポケモンGOの利用者の行動ビッグデータの活用や、ARを活用した新しいマーケティングなど、さらに新たな取り組みへと進化する可能性もあります。大きな変化の胎動をこれからもApp Apeでは注視していきます。

今回の調査データについて

フラー株式会社が提供するApp Ape Analytics(アップエイプアナリティクス)では、アプリを所持するユーザ数、1日にアプリを起動したユーザー数、アプリを所持するユーザーの男女年代比などの情報を複数のアプリで比較することもできます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Ape Analytics Youtube

app ape analytics

App Ape へのお問い合わせや商談依頼、質問等はこちら

service@appa.pe

ライター:

カテゴリー: トレンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加