初公開!データからわかる今一番HOTなフリマアプリは?

0 SHARES

アプリトレンドレポートなどApp Apeについての問い合わせはこちら!

2014年も残すところあと2ヶ月になりました。
北海道では雪が降り、徐々に寒くなってきて、冬服を準備する時期になりましたね。
みなさんは衣服をどのように購入していますか?いろいろな選択肢があると思います。
一番多いのは店頭で購入する方法なのではないでしょうか。しかし、最近はスマートフォンを使ってインターネットで服を購入する人が
増えてきています。
有名なのはZOZOTOWNで、非常にたくさんのブランドを取り扱っています。

このような、販売スタイルをEC分野(ネットショッピング)というのですが、今、非常に盛り上がっていて、10月31日より沢尻エリカが
出演しているFrilのテレビCMが放映されたり、「ゲッツ」でおなじみのダンディ坂野が出演しているメルカリの新CMが放映されたりしています。

そこで今回はフリーマーケットアプリ、オークションアプリの特集を行いたいと思います!

フリマアプリとはフリーマーケットがデジタル化したサービスでお店と人の関係よりも個人と個人の関係に力を入れたサービスとなっています。
自由に商品を売り買いでき出品や購入の仕方が簡単で安く商品を手に入れられます。

それでは、いままで未公開のフリーマーケットアプリ、オークションアプリのDAU率ランキングと年代別人気アプリランキングをお届けし、
そこから「将来のお買い物」について人々の暮らしの変化について考察していきたいと思います!

なお、今回の検証に用いたアプリは以下の6つです。

フリマ、オークションアプリ
アイコンアプリ名カテゴリ総インストール数
jp.co.yahoo.android.yauctionヤフオク!~入札無料!出品数日本最大級のネットオークション~ for Androidオークション100万〜500万
jp.co.rakuten.auction.android.search楽天オークション-出品&ショッピング 楽天のフリマ感覚アプリオークション100万〜500万
jp.co.fablic.frilフリマアプリFril(フリル)出品無料でオークションより簡単フリーマーケット50万〜100万
com.mbok.appモバオク みんなが集まるオークション&フリマアプリオークション10万〜50万
com.linecorp.linemall毎日セール&出品無料のLINE MALL(ラインモール)フリーマーケット100万〜500万
com.kouzoh.mercariフリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたんフリーマーケット100万〜500万

Note

  • 総インストール数はGoogle Playから引用

また、今回の調査の要となるDAU率についてですがDAUと比較をしてみます。
どちらもマーケティングで使われる専門用語なのですが、

  • DAU: 1日に1回以上アプリを利用(アクティブ)したユーザー数で
  • DAU率: アプリをインストールしているユーザーのうちその日にアクティブだったユーザーの割合

と決められています。
DAUはインストール数の多いアプリが特に大きな値となってしまい、本当にHOTなアプリかどうかわからなくなってしまいます。
しかし、DAU率はインストール数に影響されません。またDAU率は、野球でいうと打率と考えることができます。

なので、

DAU率(打率)がよい=実際にユーザーに良く使われているアプリ(良く打つバッター)

となります。

それでは、どのアプリが今一番HOTなのでしょうか?
弊社のデータから各アプリを徹底比較してみました。
是非、ご参考にしてください!

DAU率はFrilがダントツトップ!

2014年9月のDAU率ランキングです!

2014年9月のDAU率ランキング
 アイコンアプリ名DAU率
1jp.co.fablic.frilフリマアプリFril(フリル)出品無料でオークションより簡単29.1%
2com.kouzoh.mercariフリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん24.1%
3jp.co.yahoo.android.yauctionヤフオク!~入札無料!出品数日本最大級のネットオークション~ for Android17.5%

Note

  • DAU(Daily Active Users)率は、そのアプリを所持しているユーザーのうち、1日に1回以上起動するユーザーの割合
    [データ元: App Ape定点観測レポート2014年9月版(国内11,770台のAndroid端末を分析)/ アクティブ数はApp Ape推定による]

Frilが29.1%で1位となりました。
Frilは女性向けのフリマアプリで、出品者が自由に商品の値段を決められるので、好きなブランド服を格安価格でゲットすることが出来ます!
出品や支払いも簡単です。カメラで商品を撮影するだけ、支払いはFrilが仲介するので簡単、安全に取引を行うことが出来ます

2位は24.1%のメルカリとなりました。
こちらは出品数がかなり多く毎日10万品以上の新商品が追加されていて大賑わいとなっています。
お気に入りの商品がすぐ見つかるのではないでしょうか!

3位はヤフオク!となりました。
ヤフオク!は新品もたくさん取り扱っています。
約1000万人がヤフオク!を利用しているので様々な商品を購入することが出来ます。
また商品のカテゴリが細かく分かれているので欲しいものが決まっているときに利用するのがオススメです。

DAU率ランキングではフリマアプリが上位にランクインしていましたが、一方で男女比とDAU率を組み合わせるとどのようなグラフになるのでしょうか。こちらをご覧ください!

以上よりわかることは

  • フリマアプリは女性との相性がよい
  • 頻繁に売買されているので、出品されている商品の値段が比較的安価である

でした。
フリマアプリを仕事の休憩時間やお昼休みに利用して、手軽に買い物を楽しみましょう!

また、10月27日にプリントシール機メーカーのFuRyuからフリマアプリ Bijoux de Marche がリリースし、サービス開始となりました。
Bijoux de Marcheは女性向けのフリマアプリなのですがFrilといくつか違ったサービスがあります。

特に読者モデルの私物を購入出来たり一定価格のカテゴリ1000円があります。
今までのフリマアプリは表示される商品の値段がバラバラで欲しくない商品がたくさん表示されてしまいましたが、
Bijoux de Marcheはたとえば、3000円以内の服が欲しい時など予算に応じた商品が見つけやすくなり非常に便利なサービスとなるのではないでしょうか!

アプリ所持率は年代によって結構違う!

次に年代別でどのアプリがより多くインストールされているのか検証してみました。

年代別アプリ所持率ランキング
アイコンアプリ名10代20代30代40代
jp.co.yahoo.android.yauctionヤフオク!~入札無料!出品数日本最大級のネットオークション~ for Android4位5位3位2位
jp.co.rakuten.auction.android.search楽天オークション-出品&ショッピング 楽天のフリマ感覚アプリ3位3位4位3位
jp.co.fablic.frilフリマアプリFril(フリル)出品無料でオークションより簡単1位1位6位6位
com.mbok.appモバオク みんなが集まるオークション&フリマアプリ5位2位1位5位
com.linecorp.linemall毎日セール&出品無料のLINE MALL(ラインモール)6位6位2位1位
com.kouzoh.mercariフリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん2位4位5位4位

Note

  • 所持率は、対象パネルユーザーのうち、そのアプリを所持しているユーザーの割合
  • 数値は、2014年7月末時点のものを利用 [データ元:App Ape(国内11,770台のAndroid端末を性別年齢の分布に合わせてサンプリング)※アクティブ数はApp Ape推定による]

この結果から、Frilは若い世代に人気がありLINE MALLは中年の世代に人気があることがわかりました。
また楽天オークションは幅広い年齢層に利用されていたり、それぞれのアプリで特色があります。

これから年末に向けて大掃除が始まり、必要の無い物を売ったり捨てたりする機会が増えますね。
そのときは、売りたい商品によってフリマアプリやオークションアプリを選択するのもポイントです。
たとえば子どものおもちゃなどは主婦がたくさん利用しているモバオクが売れやすいかも知れませんね。
いらなくなったものを売ってお小遣い稼ぎができ、商品を再利用してもらうWin-Winな関係は素晴らしいですね!

LINE MALLやヤフオク!で世の中の仕組みが変わる!?

1000万人が使っているといわれているヤフオク!と 日本の人口の37%以上をカバーしているLINE のECサービスであるLINE MALLは
今後の成長が期待できます。
特にLINE MALLはDAU率が高いわけではありませんが、LINEの会員数が5000万人と大規模なので今後大きく成長していくのではないでしょうか。
LINE マルシェ は地域の生産者が収穫した農産物や、水揚げされたばかりの魚介類を販売するサービスでまだ始まってはいませんが
サービスが開始したら地方でLINE系列の小売店が続々誕生し、東京にいても地方のおいしい食材が安く手に入ったり、
地方の経済も活性化します。

また、LINEのプラットフォームにさまざまなお店が登録されると商品を購入した際にもらえるポイントがさまざまな店でも使える
ようになって便利になっていくのではないでしょうか。
たとえば,スーパーで貯めたポイントを温泉の割引に使えるなどいろいろな使い方でポイントを有効活用できそうです。
5000万人の大規模な会員数だからこそ出来るサービスですね!

インフラになりつつあるEC分野、私たちの暮らしが変わる日も近いのではないでしょうか。