ラブライブ!、LINEステージ、AKB48公式音ゲー…人気の音楽ゲームのアクティブ率を比較してみた。

ハッシュタグ
0 SHARES

皆さん、「音ゲー」やったことありますか?
アーケードから据え置き、携帯ゲーム機、スマホアプリまで幅広いメディアで展開されている音楽ゲーム。
鳴っている音楽のリズムに合わせて、ボタンやタッチパネルを操作し音を奏で、自分の知っている曲やお気に入りの曲でプレイすると楽しさ倍増です!
そんな音ゲーに関して今回は以下の6つのアプリのアクティブ率(MAU率・DAU率)とユーザー属性を調査、考察してみました。

  • ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル
  • LINE ステージ
  • Deemo
  • Cytus
  • AKB48 SKE48ついに公式音ゲーでました。
  • ONE PIECE DANCE BATTLE

まずは推定所持ユーザーのランキングからみていきましょう。App Ape Scoreは推定所持ユーザー数が第1位アプリの数値を100として算出しております。

推定所持ユーザーのランキング
  アプリ名App Ape Score
1icon.klb.android.loveliveラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
(KLab)
100
2icon.com.linecorp.LGSTAGELINE ステージ
(LINE Corporation)
51
3icon.com.rayark.plutoDeemo
(Rayark Inc.)
23
4icon.com.rayark.Cytus.fullCytus
(Rayark Inc.)
23
5icon.jp.akb48game.aolAKB48 SKE48ついに公式音ゲーでました。(公式)
(Strategy & Partners Co.,Ltd.)
20
6icon.com.bandainamcogames.onepiecedancebattleONE PIECE DANCE BATTLE
(BANDAI NAMCO Games Inc.)
11

Note

  • [データ元: App Ape Report 2015年1月版(国内約3万台のAndroid端末を分析)]
  • App Ape Scoreは推定所持ユーザー数が第1位アプリの数値を100として算出

## 他を圧倒する人気のラブライブ!

こちらはラブライブ!が第1位。ラブライブ!はゲームだけでなくアニメや音楽CDを出すなど一大ブームとなっており、一部の芸能人が作品のファンであることを公言するなどその人気と話題性は留まる所を知りません。
第2位のLINEステージに約2倍の差をつけて他アプリを圧倒しています。
第2位のLINEステージは言わずと知れたLINEから出た音ゲーです。LINEの友達とスコアを競うことができるなど、他のアプリにはない魅力を持っています。
第3位、4位にはrayark社が出しているDeemoとCytusがランクイン。どちらも有名作曲家を数多く起用しており、評価も5段階中約4.7とダウンロードした方には満足のいくものとなっているようです。
そして第5位にAKB48 SKE48ついに公式音ゲーでました。第6位にONE PIECE DANCE BATTLEが続きます。どちらも確固たるファン層が存在しているため手堅いアプリとなっているようです。

## LINEステージの高MAU率。一方DAU率は・・・?

![音ゲーアクティブ率](../wp-content/uploads/2015-03/musicgame-app/musicgame-app-active.png)
*[データ元: App Ape Report 2015年1月版(国内約3万台のAndroid端末を分析)]*
*MAU (Monthly Active Users) 率は、そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、月1回以上起動しているユーザーの割合*
*DAU(Daily Active Users)率は、そのアプリを所持しているユーザーのうち、1日に1回以上起動するユーザーの割合*

次にDAU(Daily Active Users)率、MAU(Monthly Active Users)率のグラフをみていきましょう。それぞれ特徴が出る面白いグラフとなりました。
まず目を見張るのはLINEステージのMAU率、脅威の97%を叩きだしています。しかしその反面DAU率では20%と音ゲーの中では平均的な値です。
メッセージアプリのLINEとの連動した通知が高いMAU率の一因ではないかと予想されます。
他にもラブライブ!やONE PIECE DANCE BATTLEもMAU率80%越えと非常に高い数値を出しており、DAU率も40%前後と好調のようです。
特にラブライブ!は推定所持ユーザー数が第1位に加えDAU率でも第1位とアプリの好調さが伺えます。

## ラブライブ!は意外な男女比に。LINEステージは女性支持多く。

![音ゲーアクティブ率](../wp-content/uploads/2015-03/musicgame-app/musicgame-app-age.png)
*[データ元: App Ape Report 2015年1月版(国内約3万台のAndroid端末を分析)]*
*男性(女性)比率は、そのアプリを所持しているユーザーに占める男性(女性)の割合*

男女別年代所持率のグラフが上になります。まずは男女比に着目しましょう。
ラブライブ!ではほぼ男女比が半分ずつと、どちらの層にも受けていることが分かります。筆者は男性ユーザーが多いと思っていたのですが、実はそうでもないようです。
男性ユーザーが70%を超えたのはAKB48 SKE48ついに公式音ゲーでました。
3次元のアイドルファンは男性が多いのでしょうか。2次元と3次元のアイドルファンの特徴が前面に出た結果となりました。
逆に、LINEステージは唯一女性ユーザーが男性ユーザーを上回っています。LINEキャラクターを全面を押し出したかわいさが女性人気に繋がっているのでしょうか。
次に年代別のユーザー比率をみると、
全体的に若年層に人気があり、そのなかでもDeemo、Cytus、ONE PIECE DANCE BATTLEは10代の男性ユーザーに圧倒的な人気を誇っており、若者達にとって満足のいくアプリとなっているようです。
また、男女ともに50代以上の方々のスマートフォンにも音ゲーがインストールされていることがわかります。どの年代にも広がり得る音ゲーの可能性を感じますね!

<

div class=”section” id=”id2″>

おわりに

さて人気の音ゲー比較、いかがだったでしょうか。
一つ一つのアプリが特徴を持っていて、記事を書いていて驚かされることがいくつもありました!
今後ラブライブ!の圧倒的人気を覆す人気音ゲーが現れるのか、ひきつづきAppApeでは動向を追い続けたいと思います。

なお、今回の調査に用いた弊社の App Ape Analytics では先日α版より大幅パワーアップしたEnterprise版をリリースしました。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!