5つの人気RPGアプリ比較で掴むべきユーザー層はコレだ!黒ウィズ・ブレブロ・FF・ドラクエ・・・等を比較。

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は家計簿のアプリを比較してみました。
毎月の収支を記録して無駄な出費をなくす家計簿。最近は紙と電卓ではなく家計簿のアプリが主流になってきました。
家計簿アプリには、収支の記録の他にクレジットカードや銀行口座の管理ができたり、出費の内訳をグラフにできたり、
レシートの写真をとると自動で記録してくれたり、と様々な機能がついています。今回は下記の6つの家計簿アプリを比較することでアプリごとのユーザーの特徴に迫りたいと思います。

  • かけ〜ぼ
  • レシーピ!
  • Zaim
  • かんたん家計簿
  • 家計簿♪カンタン管理
  • Dr.Wallet

まず上の、男女比からみていきましょう。

家計簿アプリの男女別年代比
データ元:[ App Ape Report 2015年2月版調(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率は、そのアプリを所持しているユーザーに占める男性(女性)の割合

「かけ〜ぼ」は男女比がほぼ同じで誰でも使いやすいアプリということがわかります。シンプルな機能と、帳簿を複数もてることが人気の要因でしょう。
また、「レシーピ!」と「家計簿♪カンタン管理」の女性占有率が他を圧倒しています。
「レシーピ!」はレシートの写真を読みこませると、その食材で作れるレシピを教えてくれることから主婦層である30代を筆頭に女性から強い支持を得ています。
「家計簿♪カンタン管理」の女性比率の高さは、だーぱんという名前のかわいいぱんだのキャラクターによるものでしょう。やや女性比率の高い「Zaim」は外貨にも対応しているところ、クラウド対応なので家族等何人かで一つの帳簿を共用できることなど様々な機能があることが他のアプリとの大きな違いです。
「カンタン家計簿」は機能がシンプルなこともあり、男性ユーザー数が2番目に多くなっています。

## 「かけ〜ぼ」がユーザー数&DAU率No.1に!

![家計簿アプリのアクティブ率](../wp-content/uploads/2015-04/accountbook-app/accountbook-mau.png)
*データ元:[ App Ape Report 2015年2月版調(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)*
*DAU(Daily Active Users)率は、そのアプリを所持しているユーザーのうち、1日に1回以上起動するユーザーの割合*

続いて、推定所持ユーザー数とアクティブ率をみていきましょう。
所持ユーザー数は「かけ〜ぼ」が最も多く、次いで「レシーピ!」、「Zaim」、「かんたん家計簿」と僅差で続きます。「かけ〜ぼ」はユーザー数もさることながら、MAU率DAU率ともに高い水準を誇っています。
また、「かけ〜ぼ」と「Zaim」は男女比、アクティブ率が似てますが、この二つのアプリはレシート自動認識機能の有無に違いがあります。
「かけ〜ぼ」にはレシート自動認識機能が付いていないので、手間を惜しまない人に、Zaimは付レシート自動認識機能を使って時間短縮を図りたい人に向いているでしょう。
「家計簿♪カンタン管理」はユーザー数は少ないものの毎日通知がくることもあってMAU率は一番高くなっています。
男性比率が最も高い「Dr.Wallet」はレシートの写真を送ると人がデータ化してくれるため精度がよく、病院の領収書などにも臨機応変に対応してくれるという特徴があります。

## 所持ユーザー数ランキングが伸びているアプリにはある共通点が

![Dr.WalletのMAU、ユーザー数遷移](../wp-content/uploads/2015-04/accountbook-app/kakeibo-user-ranking.png)
*データ元: App Ape 2015年4月度調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*App Apeでの推定所持ユーザー数を元にしたランキングを時系列に表示*

上の図は各アプリの所持ユーザー数のランキングを表しています。グラフによると、「Zaim」、「Dr.Wallet」、先月はランキングを落としたものの「レシーピ!」がランキング上昇傾向があることが分かります。
これらの3つのアプリにはある共通点があります。それは「レシート読み込み」機能です。下図をご覧ください。

![Dr.WalletのMAU、ユーザー数遷移](../wp-content/uploads/2015-04/accountbook-app/kakeibobunrui.png)
*2015年4月現在*

今回調査した6アプリのうち、「レシーピ!」と「Zaim」にはOCR機能(光学文字認識機能)がついています。他にも「Dr.Wallet」はOCR機能はついていないものの、レシートの写真を撮影すると人がデータ化をしてくれます。
この作業はオペレーターが行っているため多少時間がかかりますが、レシートの写真を撮るときにOCRほど神経質になる必要がないというメリットがあります。
これらの3アプリがランキング上昇傾向にあるということは、「レシート読み込み機能」が今後家計簿アプリを開発・アップデートする際の必須の機能になるといえるでしょう。

<

div class=”section” id=”id3″>

おわりに

家計簿アプリの比較、いかがだったでしょうか。各アプリの傾向が大きく現れる形となりました。
「Dr.Wallet」では4月に Apple Watch 対応のアプリをリリースを予定 するなど今後もさらなるユーザー拡大が予想されます。
今後もApp Apeでは家計簿アプリの動向を追っていきます。どうぞ続報をお待ちください。

なお、今回の調査に用いた弊社の App Ape Analytics では先日α版より大幅パワーアップしたEnterprise版をリリースしました。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!