AKB総選挙の効果絶大!TVと連動したトークアプリ「755」のアクティブユーザー増加戦略

ハッシュタグ
0 SHARES

先日6月6日、AKB総選挙がありましたね。高橋みなみさんの名スピーチがすごいとネット上でも話題になっていましたね。
いまや、総投票数も328万票を超え、国民的な盛り上がりを見せています!

そんな盛り上がりはサイバーエージェントグループの7gogoが提供する「755(ななごーご)」というアプリでも波及していました!
755とは、”新世代トークアプリ”というキャッチコピーで売っておりフォローしたタレントや有名人のつぶやきにコメントをすると、本人から返信が来る!といったものです。

AKBの多くのメンバーも参加しているので、今回の総選挙のタイミングでどれだけの人がアプリを使っていたのか見てみました。

<

div class=”section” id=”id2″>

予想通りの利用ユーザー数の伸びに!

まずは、総選挙当日の利用ユーザー数を見ていると、6日だけはっきりとユーザーが伸びている事がわかります。

AKB記事01
データ元: App Ape Analytics
本記事ではDAUを「利用ユーザー数」として表記しています。
実際のApp Ape Analytics使用画面では縦軸の値まで表示可能です。

さらに詳しく、ピンポイントに時間単位で見てみると、

AKB記事01
データ元: App Ape Analytics
HAU: (Hourly Active User) 時間毎のアクティブユーザーの数
実際のApp Ape Analytics使用画面では縦軸の値まで表示可能です。

ちょうど、17時と22時に2つのピークを迎えていることがわかります。

番組の放送時間は、18時30分〜21時54分でした。
生放送だったので、本番直前に「頑張ります」とか「応援してね!」といったコメントを残したメンバーの影響が強いのでしょう!
本番中はさすがに出演メンバーはつぶやけないですもんね。笑

また、終了直後の22時にも「応援ありがとう!」とか「○○位になれて嬉しい!」などといった感謝だったり、感想をつぶやいたメンバーに反応するファンが多かったのでしょう!
TV CMや番組内の企画で利用ユーザーが増えるケースはありますが、イベントの前後でユーザーの利用が増えるのは、755ならではだと思います。
今後、エンターテイメントと強く結びついているこのアプリが、どのように伸びていくのか注目です!

なお、今回の調査に用いた弊社の App Ape Analytics ではより価値のあるデータの提供及びより便利にご利用いただけるよう、
新たに分析データ項目と機能の追加を行った Premium版 のサービス提供開始をしました。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!