アプリ担当者必見!今さら聞けない!知らないと困る!アプリ専門用語10選

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は、スマートフォン・アプリ担当がおさえておくべき専門用語をご紹介します。
移り変わりの早いスマホアプリ業界ですが、相手に言われた言葉をスムーズに理解したいもの。
そこで「今さら聞けない知らないと困るアプリ専門用語」をチョイスしました。

1.MAU(えむえーゆー)

ある月に1回以上アプリの起動のあった利用者の数。
アプリ利用者数の指標としてよく用いられる。Monthly Active Users の略。

使い方:このアプリの5月のMAUどれくらい?

2.DAU(でぃーえーゆー)

ある日の1回以上アプリの起動の利用者の数。利用者がどれくらい頻繁にアプリを利用しているかを示す指標として用いられる。Daily Active Users の略。

使い方:このアプリのDAUどれくらいだろ?じゃあ App Ape Analytics で調べるか!

3.アクティブ率(MAU率/DAU率)

MAU率・・・月末の時点でそのアプリを所持している人のうち、一ヶ月で一度以上起動したことのある人の割合
MAU÷所持ユーザー数で算出される。

DAU率・・・そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、1日に1回以上起動しているユーザーの割合
DAU÷所持ユーザー数で算出される。

4. ASO(えーえすおー)

App Storeにおいて、自らのiPhoneアプリをアプリ一覧のより上位に表示させ、より多く露出させるための、一連の施策。SEO(Seach Engine Optimization )のアプリ版と考えるよい。App Store Optimizationの略。
現在ではGoogle Play上の検索の最適化の意味でも使われる。

使い方:来月リリースするアプリのASO対策はどうなってます?

5.インストール数

そのアプリを、ユーザーがダウンロードしてインストールした数のこと。既に削除されている数も含むと考えられることから、あくまで延べインストール数が公表されていることが多いため、MAUやDAUと見較べることが重要。

使い方:当社のアプリは総インストール数100万を突破しました。

6.CPI(しーぴーあい)

Cost Per Installの略でApp Store ・Google Play Storeなどからアプリケーションをダウンロードし、インストールするまでの単価のこと。

使い方:最近のゲームアプリはCPIコストが高騰している。

7.KPI(けーぴーあい)

達成すべき目標に対し、どれだけの進捗がみられたかを明確にできる指標のこと。
ビジネス全般や、主にWebマーケティング業界にて使われることが多い。
Key Performance Indicatorの略。

使い方:今回のプロダクトのKPIを教えてください。

8.ブースト

App Store/Google Playなどのランキング上位に急上昇させることで露出を増やし、ランキングを見たユーザーにダウンロードしてもらうことを目的とした短期集中型のリワード広告出稿のこと。

使い方:来月ウチから出すアプリをブーストしよう。

9.ARPU(えーあーるぴーゆー/あーぷ)

ユーザー1人当たりの平均売上額を指す。WEBメディアやスマートフォンアプリの収益性を測るために用いられる指標。
Average Revenue Per Userの略。

使い方:あのアプリはARPUが高いらしいよ。羨ましいなぁ。

10.ARPPU(えーあーるぴーぴーゆー/あーぷ)

課金ユーザー1人あたりの平均売上金額を指す。ソーシャルゲーム等のフリーミアムモデルの場合、非課金ユーザーと有料課金ユーザーを区別して捉えることが求められるため、ARPUと分けて本指標が用いられる。
Average Revenue Per Paid Userの略。

使い方:カードゲームのARPPUは高くなる傾向があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。基本の専門用語をスマートに使いこなしたいですね。
App Ape では他社アプリのMAUやDAU、さらには男女別年代比率等を把握することができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!