『お金の管理できる男子はかっこいい』Dr.Wallet ー BearTail代表黒崎さん ー

ハッシュタグ
0 SHARES

## 「お金管理のできる男子はかっこいい。」

今回は 以前の記事 でもご紹介した家計簿アプリ Dr.Wallet(ドクターウォレット) を運営するBearTail の新オフィスへお邪魔して、代表取締役・黒崎賢一さんへのインタビューを実施しました。
Dr.Walletの開発経緯から、App Apeデータを使った分析や今後の展開をお聞きしました。それではご覧ください。

![ベアテイル取材01](../wp-content/uploads/2015-06/beartail-interview/bear06.jpg)
*今回インタビューさせていただきました、BearTail代表取締役・黒崎賢一さん*

## 機械と人間のハイブリッドで精度を上げる。

ー 本日はよろしくお願いいたします。まずは、Dr.Walletを開発した経緯を教えてください。

はい。筑波大学に入学した際に、自分で1年間家計簿を付けていたんです。
1年経って振り返ってみると、家計簿をつけるのがとても面倒くさかったな、と感じました。
その後PC版家計簿ソフトも試したのですが、同じくとても面倒だと感じました。
気になって家計簿を辞める理由を調べてみたら入力の手間が原因で挫折する人が一番多かったんですね。
じゃあ入力の手間を減らしてあげれば続くのではないか?というのがDr.Walletを開発したそもそも発端です。
極限まで入力の手間を減らすとしたら、レシートを放り投げて、家計簿データが勝手に返ってくるのが理想だと考えました。レシート撮影にOCRだと満足できなかったので、コストは無視して裏側は人力でレシート撮影するだけ、というコンセプトにしました。

ー そのアイディアを思いついてからどれぐらいの期間で実現できたのですか?

2013年4月にやろうとなって4ヶ月間でリリースまでできました。
はじめはレシート認識をOCRでやろうと思っていたのですが、実際使ってみると誤字・脱字が多かったので、人力でオペレーターの人力での入力を導入しました。機械と人間のハイブリッドで精度を上げています。

## Dr.Walletはハイパースマホオリエンテッド家計簿アプリ

ー 弊社のApp Apeデータで他の家計簿アプリとDr.Walletを比較するとDr.Walletの「ひとりあたりの平均起動回数」が高くなっています。この数値はユーザーが頻繁にアプリを起動されているということを表していますが、その理由はなんだと思われますか?

家計簿というのは、通常は月末まとまった時間をとって入力するケースが多いと思います。Dr.Walletはレシートを撮影するだけなので、ユーザーは、基本的にレシートをため込まず使います。それが起動回数が上がった一因と考えられますね。他の家計簿アプリとはユーザー行動が違っているのかもしれません。

ー ユーザーにとって頻繁に起動することで利点はありますか?

隙間時間に家計簿を入力できるということですね。忙しい現代人のスタイルやスマホユーザーに合っています。Dr.Walletはハイパースマホオリエンテッドアプリなんです。

ベアテイル取材02

## リプレイスではなく新たなユーザー層を獲得したい。

ー メインのターゲット層はありますか?

子持ちの共働き夫婦をメインのターゲット層をしています。忙しい人ほど便利に感じてくれているとのお声をいただきます。いままで家計簿をつけていなかった人に家計簿をつけて欲しいと思いますし、一度家計簿に挫折した人もDr.Walletによって家計簿をつけられるようになってくれたらと思います。他の家計簿のリプレイスではなく新たなユーザー層を獲得したいと考えています。

ー アプリ内の読み物コンテンツ、ドクターWalletナビが印象的でした。

ドクターWalletナビは現在ほぼ毎日更新されていますが、結果アプリの起動回数が増えて、継続率が増えています。このコンテンツを読むためにツールアプリのDr.Walletを開くことでアプリのアクティブ率が上がっています。

ー UIやUXの設計はどのような手順でおこなっていますか?

A/Bテストで何%かのユーザーに試して、反応が良かったら全ユーザーに適用する形にしています。
Android版で基本試して、反応が良ければiOSに適用するようにしています。

ー App Apeデータによると最近アクティブが上昇しています。その理由はありますか?

![ベアテイル取材02](../wp-content/uploads/2015-06/beartail-interview/bear04.png)
*[データ元: App Ape Analytics]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

テストプロモーションを打ったのでその結果だと思われますね。テレビでアプリを紹介いただくと、ユーザーの定着率がとても良いので、今後も計画的にやっていきたいと考えています。

ー App Apeデータで他の家計簿アプリと較べてみると男女の比率でDr.Walletがニュートラルに使われているのが特徴的でした。その理由はどう考えられますか?

![ベアテイル取材02](../wp-content/uploads/2015-06/beartail-interview/bear05.png)
*[データ元: App Ape Analytics]*
*男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合*

デザインをあえて男性・女性どちらかに寄せなかったのが一因かもしれません。
また他の家計簿アプリと違って、細かい設定をあえてユーザーにさせていないのも要因の一つかもしれませんね。

ー さらにデータをみると特に20代男性が最も多いことが特徴的です。多くの若い男性が家計簿をつけるというのは初の事例かもしれないですね。

ありがとうございます。アカウント連携すると銀行やカード等自動的に明細を取得し、家計簿に反映させる機能があるので、この機能は男性にもぜひ使って欲しいです。なんたって「お金管理のできる男子はかっこいい」ですから。
ぜひDr.Walletを使ってかっこよくなって欲しいです。

ー たしかに大人の男性という印象ですもんね。最後に今後の展開をお聞かせください。

今後はお金の流れを見える化することをしていきたいと考えています。
キャンペーン対象商品を購入したレシートをアップロードするとキャッシュバックするような仕組みを作って、
ユーザーが得する仕組みを作ることを考えています。

ー Dr.Walletのさらなる進化が楽しみです。本日は貴重なお話をありがとうございました。

ありがとうございました。

![ベアテイル取材02](../wp-content/uploads/2015-06/beartail-interview/bear02.jpg)
*新オフィスにはさすが「BearTail」、クマさんがたくさんいました。*

なお、今回の取材に用いた弊社の App Ape Analytics ではより価値のあるデータの提供及びより便利にご利用いただけるよう、
新たに分析データ項目と機能の追加を行った Premium版 のサービス提供開始をしました。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!