ユニクロ・しまむら、ユーザー傾向の決定的な違い

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は前回の マクドナルドとモスバーガーの決定的な違いが判明
に引き続き、App Ape AnalyticsのPremium版の新機能である、”同時所持”機能を使用してランキングをお届けします。

本機能は、Aというアプリを対象にした際に、そのアプリを最もインストールしているアプリをランキングとパーセンテージで把握できる機能です。 詳しくは下図をご覧ください。

同時所持アプリ解説

今回はこの機能を用いて、衣料品専門店チェーン「ユニクロ」、「しまむら」 の2アプリを対象に同時所持ランキングを調査しました。それではさっそくご覧ください。

Note

  • ※Premium版の機能ではどの程度の割合のユーザーが所持しているかをパーセンテージで表示することが可能です。今回はランキングのみ表示。
同時所持アプリランキング
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ
[データ元: App Ape 調べ 5月版 (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

## 【ユニクロ】他ファッションブランドとの併用がみえる結果に。

しまむらの同時所持アプリと比較すると、
「GU」、「しまむら」、「[.st]」、「MUJI PASSPORT」など、衣料品を扱う店舗・サイトのアプリが多くランクインしておりユニクロの服は他ブランドと併用されていることが予想されます。
いわゆる「全身ユニクロ」ではなく他ブランドとの組み合わせでのファッションコーディネートを楽しんでいるユーザー像が浮かび上がります。
2位にランクインしている「イオンチラシアプリ」ですが、実店舗のイオンモール/イオンタウン内にユニクロがテナントとして入っているケースが多くみられ、こちら同日で来店しているケースが予想されます。

## 【しまむら】倹約・堅実・安さを求めるユーザー傾向に。

「簡単割引計算」、「楽天ウェブポイント」、「シュフー」、「楽天チェック」など
ポイントの貯まるサービスや、チラシサービス等、 堅実なユーザー傾向があらわれました。
また「タッチ!あそベビー」、「さがして!なぞって!アンパンマン」がランクインするなど子どもを持つ家庭の主婦像が強くイメージされます。
3位にランクインしている「イオンチラシアプリ」ですが、ユニクロ同様に実店舗のイオンモール/イオンタウン内にしまむらがテナントとして入っているケースが多くみられ、こちらも同日で来店しているケースが予想されます。
ユニクロとの大きな違いとしては、しまむらは他のファッションアプリのとの併用がみられなかった点でしょう。
しまむらを利用する人は、他ブランドとの併用がみられたユニクロとは違い、
しまむらのみで完結している可能性がみられます。

<

div class=”section” id=”id5″>

おわりに

いかがでしたでしょうか。
関連性の高いアプリ同士のコラボレーションなど可能性が拡がりますね。 AppApeAnalyticsの「Premium版」の機能を使えば、各アプリの関連度のパーセンテージまで更に詳細なデータを把握することができます。 気になった方は下記より是非お問い合わせくださいませ。