SmartNews、LINEニュースの効果的な2つのプッシュ通知活用法

ハッシュタグ
0 SHARES

スマホアプリの機能の中でもアプリ担当者にとって非常に重要な プッシュ通知
アプリをダウンロードしたユーザーに様々な情報を提供することが可能で、担当者としてはこの機能をどのように活用していくか頭を悩ませることも多いでしょう。
今回はその活用事例として、ニュースアプリ「SmartNews」、「LINE NEWS」のプッシュ通知を
調査しお届けします。実際に上記2アプリをダウンロードし調査した所、

  • SmartNewsは、7時、12時、18時の 1日3回
  • LINE NEWSは、8時、12時、18時、22時の 1日4回

Note

  • ※2015年7月現在

の定時のプッシュ通知が通常行われています。
まずは定時プッシュ通知の一例として、7月1日の2アプリの時間帯ごとのアクティブユーザー(HAU)をみていきましょう。それではご覧ください。

プッシュ01
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
HAU(Hourly Active User):そのアプリの対象期間における、時間帯ごとのアクティブユーザー数であり、その時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

プッシュ通知によるアクティブユーザーの増加がはっきりと現れているグラフになっていることがみてとれます。

## 定時プッシュと違う時間帯の「号外ニュース」の効果は?

この2アプリでは通常の定時のプッシュ通知だけでなく、「号外ニュース」として通知が配信されることがあります。
先日7/17(金)16時に、Smart News、LINE NEWSともに号外ニュースの情報がプッシュ通知されました。
その際の端末の画面キャプチャをまずはご覧ください。
プッシュ03
安倍首相が新国立競技場の見直しを表明したニュースが16時頃に号外として配信されています。
それではその際の時間帯ごとのアクティブユーザー(HAU)をみていきましょう。ご覧ください。

![プッシュ02](../wp-content/uploads/2015-07/news-app-push/push02.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*HAU(Hourly Active User):そのアプリの対象期間における、時間帯ごとのアクティブユーザー数であり、その時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

## 号外ニュースでもアクティブユーザー増加、定時ニュースのアクティブに影響無し。

上図の赤くハイライトしている部分が号外ニュースの配信した時間帯で、他の定時プッシュとほぼ同等のアクティブユーザーの増加がみられます。
また号外ニュースを配信することで、他の定時でのプッシュに対してアクティブユーザーを減らす等の悪影響を与えていないことが把握できます。
今回取り扱った2アプリでは「定時ニュース」・「号外ニュース」と2パターンのプッシュ通知の配信パターンを使い分けていることが分かりました。

<

div class=”section” id=”id3″>

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回の調査のように、定時のプッシュ通知の効果測定に時間帯ごとのアクティブ(HAU)を
指標とすることは非常に大切となります。
なお、今回の調査に用いた弊社の App Ape Analytics のPremium版
ではアプリごとのHAUを把握することが可能です。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!