アプリ数が要因か?デベロッパー別MAUランキングTOP30

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は、どのような企業のアプリがより多く起動されているかを調べるために、App Ape9月のデータを元にデベロッパー別の総MAUを算出し、ランキングを作成いたしました。
それでは早速ランキングTOP10をご覧ください。

スクリーンショット01
[データ元: App Ape Report 9月版 (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
Google Play開発者名で合算してランキング化
Google Playに掲載されているものを対象
App Ape Report 2015年9月版 MAUランキング上位150位までのアプリのデベロッパーを対象

## 1位はやはり強い「Google Inc.」。

最もMAUを獲得していたのが、「Google Inc.」。「Google」検索gツール、「Youtube」、「マップ」、「Gmail」、「Chromeブラウザ」を中心に多くMAUを獲得しています。
他にも「ハングアウト」、「カレンダー」、「Google Play」など幅広いジャンルに渡ってアプリをリリースしておりAndroid端末と切っても切れない関係にあると言えるでしょう。

## 2位に「NTT DOCOMO」、続いて3位に「LINE Corporation」。

第2位にランクインしたのが「NTT DOCOMO」。
「spモードメール」、「ドコモ あんしんスキャン」、「dメニュー」、「ICタグ・バーコードリーダー」等、ツール系・コミュニケーション系のアプリを中心にMAUを獲得しています。
続いて3位は「LINE Corporation」。
メッセージアプリの「LINE」が圧倒的にMAUを集め、それに続く形で「LINE ディズニーツムツム」、「LINEポコパン」等のゲームアプリも人気です。
より詳しいデータは LINE社が最もアクティブユーザーを獲得している5カテゴリとは
の記事をご覧ください。

## 4位には「Yahoo Japan Corp.」。

第4位は「Yahoo Japan Corp.」。ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」を中心に、「Yahoo!乗換案内」、「Yahoo!スマホ最適化ツール」、「Yahoo!天気」等、複数ジャンルに渡ってMAUを獲得しています。LINE社と大きく異なるのはゲームジャンルに進出していない点です。

## 5位に「Sony Mobile Communications」、6位に「SHARP CORPORATION」。

続いて5位に「Sony Mobile Communications」、6位に「SHARP CORPORATION」がランクイン。
どちらも100アプリを越えるアプリ数をリリースしており、アルバム・ミュージック等、端末にプリインストールされているアプリが多数あり、MAUを獲得しています。

## 7位に「Facebook」、8位に「Twitter.Inc」。

ここからはメガSNSを運営する企業が2つランクイン。どちらもアプリのリリース数は多くなく、「Facebook」、「Twitter」といったSNSを中心にMAUを獲得しています。

## 9位に「KDDI株式会社」、10位にビジネスツールの「MobiSystems」。

9位にランクインした「KDDI株式会社」はメールアプリ「SMS」を中心にMAUを獲得。
10位の「MobiSystems」はビジネスツール「OfficeSuite + PDF Converter」を中心にMAUを集めています。
以下では11位〜30位までのランキングを掲載します。

![スクリーンショット01](../wp-content/uploads/2015-10/developer-mau-ranking/ranking-top30.png)
*[データ元: App Ape Report 9月版 (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*
*Google Play開発者名で合算してランキング化*
*Google Playに掲載されているものを対象*
*App Ape Report 2015年9月版 MAUランキング上位150位までのアプリのデベロッパーを対象*

<

div class=”section” id=”id1″>

おわりに

いかがでしたでしょうか。SNSをリリースしている開発者は例外となりますが、リリースしているアプリ数が多いデベロッパーのランクインが多く目立ちました。
多岐に渡るジャンルのアプリをリリースし、ユーザーを回遊させるのも企業側のひとつの戦略と言えるでしょう。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!