2015年日本で最も遊ばれたゲームアプリとは?【Android編】

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は先日お送りした、 「2015年日本で最も使われたスマホアプリとは?【Android編】」 に引き続き、
2015年に最も使われたゲームアプリを調査してランキング化してお届けします。
App Apeデータを元に各アプリについて2015年の1年間の平均MAU(Monthly Active Users)を算出し、TOP50までのランキングを作成しました。

まずはTOP10のアプリからご覧ください。

2015ランキング
[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

## LINEアプリがランキングのTOP10の半分を独占。

No.1となったのは「LINE ディズニーツムツム」。また4位の「LINE ポコポコ」、5位に「LINE ポコパン」等、
TOP10のランキングになんと5つもLINE社からのアプリがランクインしています。
昨年のアプリ業界は”LINEの年”と言っても過言ではないのではないでしょうか。

## 「ねこあつめ」等、2015年人気急上昇のアプリがランクイン

「パズル&ドラゴンズ」や、「モンスターストライク」などテレビCMでも良く目にする人気アプリが上位にランクイン
するなか7位の「ねこあつめ」のランクインには要注目です。2014年の10月にリリースされた「ねこあつめ」ですが、女性を中心に人気を集め、2015年12月には、1000万ダウンロード突破しています。
今後のアクティブユーザー数を維持する施策にも注目ですね。
以下では11位から30位のランキングをみていきましょう。

![2015ランキング](../wp-content/uploads/2016-01/2015-game-ranking/top11-30.png)
*[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

## コロプラのアプリが多くランクイン、なめこシリーズの根強い人気

11位に「魔法使いと黒猫のウィズ」、12位に「ほしの島のにゃんこ」、15位の「白猫プロジェクト」とコロプラ社からリリースされているアプリが人気です。
また、13位と19位に放置ゲーム「おさわり探偵なめこ」シリーズ作品がランクインしており、同シリーズの根強い人気がうかがえます。

## 「ラブライブ」、「Q」、「マジックキャッスルドリームアイランド」など2015年話題となったアプリがランクイン

24位に「ラブライブ」、22位に「Q」、25位に「マジックキャッスルドリームアイランド」と
昨年話題となったアプリがランクイン。特に「ラブライブ」のファンを指す「ラブライバー」は昨年の流行語大賞候補にもノミネートされるなど社会現象としても扱われました。
続いて、31位〜50位のランキングの発表です。

![2015ランキング](../wp-content/uploads/2016-01/2015-game-ranking/top31-50.png)
*[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

## 「ドラゴンクエストモンスターズ」、「実況パワフルプロ野球」など大手ゲーム会社のアプリがランクイン

30位から50位もLINE社からリリースされているアプリの多くのランクインが見られるなか、「ドラゴンクエストモンスターズ」、「実況パワフルプロ野球」など大手ゲーム会社のアプリがランクインしています。
「実況パワフルプロ野球」は新たに人気野球コミック「MAJOR」とのコラボシナリオの配信を2016年春に予定しており、今後のさらなる盛り上がりにも期待です。

<

div class=”section” id=”linetop5014″>

おわりに – LINEアプリはTOP50中、14アプリ。 –

いかがでしたでしょうか。LINE社からリリースされているゲームアプリがランキングTOP50中なんと14アプリがランクインしていました。
同社は手軽に空き時間で遊べるカジュアルゲームを多くリリースしており、そのことがMAU増加に寄与していることが予想できます。

2016年は「モンスト」、「パズドラ」級の人気アプリが登場するのでしょうか。アプリ業界が更に盛り上がるような人気タイトルの登場に期待したいと思います。

今回のランキング詳細な数値差などを把握されたい方は、是非下記よりお問い合わせください。
service@appa.pe

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは
各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!