年末年始の人気アプリ10本のDAUの推移を追ってみた。

ハッシュタグ
0 SHARES

年末年始は実家のこたつでぬくぬくスマホゲーム… とゆったり過ごした人も多いのではないでしょうか。その傍ら、様々な施策で売上アップに成功していたゲームアプリ10本を紹介します。ゲーム開発者の皆さんは必見、年末年始こそキャンペーンを打ち出してユーザーのハートをつかむチャンスなのです!

## DAUでまとめて見るTOP10

今回の対象アプリは、2016年1月5日付けのGoogle Play 売上ランキングから選出した以下の10アプリです。

  • モンスターストライク
  • パズル&ドラゴンズ
  • Fate/Grand Order
  • LINE:ディズニーツムツム
  • 白猫プロジェクト
  • グランブルーファンタジー
  • アイドルマスター
  • 剣と魔法のログレス
  • FINAL FANTASY Record Keeper
  • 実況パワフルプロ野球

2015年12月24日〜2016年1月3日までを集計期間とし、各アプリのDAU(1日のアクティブ数)をグラフにまとめました。

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/newyear-game-app/dau01.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

グラフを見るとLINEゲームの「ツムツム」が10アプリ中TOPとなっており、飛び抜けていることが分かります。次いで「モンスト(モンスターストライク)」、「パズドラ(パズル&ドラゴンズ)」の2アプリが並び、その下に「白猫プロジェクト」が続いています。これら以外のアプリは混戦状態にあることが分かります。

## モンスト、パズドラの正月キャンペーン

2016年になっても人気が衰えることのない「モンスト」と「パズドラ」。スマホゲーム界の二大巨頭として君臨しているわけですが、年末年始でも人気の秘訣はユーザーが休みで時間に余裕のある正月にキャンペーンを実施しているところにあります。

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/newyear-game-app/dau02.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

上の図は2アプリを詳しく比較したものです。よく見ると元旦(1月1日)に両アプリ共グラフが上昇しています。この時にアプリではどのような施策が行われていたのかを以下に紹介します。

## 【パズドラ】年越しイベントや、お年玉魔法石セット販売も。

まずは「パズドラ」。元旦に行われていたキャンペーンは、レアキャラが発生する大晦日からの年越しゲリライベント、レアキャラがゲットできるお正月スペシャルダンジョン、お年玉魔法石セット販売、レアガチャ「ゴッドフェス」開催、BEAMSとのコラボダンジョン、などを始めさらにステータスアップに有効なイベントも多く開催されていました。中でも課金に直結する”お年玉魔法石セット販売”(魔法石1個分の価格で5個購入できる)は、効果的だったのではと推測できます。
他にもレアキャラ出現イベントを重ねることで、ユーザーの課金への欲求を刺激していたことも考えられます。年末年始のキャンペーンは合わせて17種類も実施されており、運営側もかなり気合いが入っていたことがうかがえます。

## 【モンスト】10種類を越えるイベントを実施。

次は今やパズドラを抜いて人気を集める「モンスト」。元旦には新限定キャラが手に入るガチャ「新春!特別おまけ付き 超・獣神祭」、特別降臨クエスト、オーブプレゼント、ゲームの消費スタミナ1/2、などが挙げられます。数で言うと「パズドラ」ほどではないですが、年末と1月2日以降から新たに実施されたキャンペーンなども合わせると10種類を超えています。
上記のキャンペーンの実施はアプリのプッシュ通知でも知らされるものあり、年末年始はアプリで大忙しだったユーザーも少ないのではないでしょうか。

## テレビCMでもしのぎを削るパズドラ・モンスト

さらに今年顕著に見られたのが、TVCM。モンストとパズドラはTVCMを放映していたので、お正月に目にした方も多いでしょう。モンストCMの内容はレアガチャ「超・獣神祭」の実施のお知らせになっていたため、つい急いでアプリをチェックしてしまったユーザーも多いことでしょう。

## 混戦グループのアプリ比較

次なるモンスト、パズドラの位置を狙おうと多くのアプリがしのぎを削っている昨今。中でも年末年始の健闘ぶりが激しかったのが「FATE/grand order」、「グランブルーファンタジー」、「アイドルマスター」、「剣と魔法のログレス」、「FINAL FANTASY Record Keeper」、「実況パワフルプロ野球」の6アプリです。
いずれも大手ゲーム会社のアプリなどですが、これらも年末年始は様々なキャンペーンを実施しています。以下に上記6アプリを「混戦グループ」と冠して、年末年始のDAUの遷移を示します。

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/newyear-game-app/dau03.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

## TVCM放映の「グラブル」、年末年始にイベント多数。

上位にいる「実況パワフルプロ野球」は、やはり年末年始にちなんだガチャや大会イベントを開催。
「FATE/grand order」は正月の福袋召喚、さらにログインするだけでもらえるアイテムプレゼントなど、ユーザーには嬉しいキャンペーンが盛りだくさんでした。「グランブルーファンタジー」は、モンストなどと同様に年末年始にかけてTVCMを放映しました。そのおかげか、DAUが順調に上昇していることが分かります。

<

div class=”section” id=”id5″>

まとめ -年末年始の解放感がチャンス!-

普段は何気なく過ごしている年末年始の裏側で、スマホゲーム界ではたくさんのアクションが行われていることがおわかりいただけたでしょうか。
休日が続き、自由な時間も多く解放感にあふれる年末年始こそ、ユーザーの懐を刺激するチャンスなのです。