バイト探しもアプリの時代へ。タウンワーク、LINEバイト…アルバイトアプリ4つを比較。

ハッシュタグ
0 SHARES

ゲームやニュースを楽しむだけでなく、アルバイト探しまでアプリで手軽に行えるのがスマートフォンの良いところ。わざわざ雑誌をチェックしなくても、いつでもどこでも片手でアルバイト探しができるようになった現代、いま注目を集めている4つのバイト探しアプリをピックアップして、それぞれの特徴やユーザー層を分析していきます!
今回対象としたアプリは以下の4アプリです。

  • タウンワーク
  • フロム・エー ナビ
  • バイトル
  • LINEバイト

ではまず、4アプリのMAU(Monthly Active Users)をランキングにしたものをご覧ください。

アルバイト探しアプリMAUランキング
  アプリ名
1icon.net.townwork.recruit タウンワーク 求人・アルバイト・バイト探し
(Recruit Holdings Co.,Ltd.)
2icon.jp.co.recruit.froma.arbeit フロム・エー ナビ -バイト・アルバイト探し-
(Recruit Holdings Co.,Ltd.)
3icon.com.dip.baitoru バイトル ~アルバイト・バイト、パート、社員の求人情報満載
(DIP Corporation.)
4icon.com.aube.linebaito LINEバイト – アルバイト・パート・派遣社員の求人情報
(AUBE)

1位の「タウンワーク」が、4アプリ中で最も規模の大きいアプリとなりました。MAU率は約60%。2位は「フロム・エー ナビ」で、タウンワークと同じくリクルート社が提供しているアプリです。MAU率は約70%であり、この数値はタウンワークを上回っています。3位の「バイトル」はパートから社員の募集までを掲載しています。MAU率は約60%。4位は新鋭アプリの「LINEバイト」。ご存知LINEが運営するアプリで、4アプリ中最も若いアプリです。MAU率は約60%となっています。

次に各アプリの特徴と男女年代比を分析していきます。

## 老舗バイト探しの「タウンワーク」

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/town-work.png)
*Google Playより引用*

アルバイト求人をチェックするなら、まずこの「タウンワーク」が思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。リクルート社が運営する求人サービスで、元々は1998年ごろからフリーペーパーとして全国に配布されていました。日本最大級とうたうだけあって求人掲載数はかなり多く、バイト探しのスタンダートと言ってもいいかもしれません。

## ユーザーの中心は20代男女

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/town-work-demo.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合*

上の図はユーザーの男女年代比を示したものです。男性(青)と女性(赤)は、共に20代のユーザーが一番多くなっており、次いで30代が続きます。総合的な男女比では女性が56.7%と、男性を若干上回っています。

## らくらく応募ができる「フロム・エー ナビ」

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/froma.png)
*Google Playより引用*

タウンワークと同じリクルート社によるバイト探しアプリ。気になる求人はキープして比較できたり、検索条件を細かく設定可能な点や、簡単なフォームですぐに応募できる”らくらく応募”などの機能が特徴です。

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/froma-demo.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合*

男女年代比を見ると、タウンワークとほぼ同じような結果になっており、20代男女の利用が一番多いことが分かります。各年齢層にバランスよくユーザーがいるため、求人数も多めです。

## 職場の雰囲気チェックができる「バイトル」

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/bytol.png)
*Google Playより引用*

バイト探しアプリの中でもメキメキと注目を集めてきている「バイトル」。基本的な機能は他アプリと同様ですが、職場の雰囲気を知るための動画が用意されているのが特徴的。実際に職場で働いている人からのメッセージなどもあり、初めて職種へチャレンジしたい際などには効果的です。

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/bytol-demo.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合*

グラフを見ると、20代女性が突出しています。やはり職場環境が一番気になる女性にとっては、動画で雰囲気を事前にチェックできる点が評価されているのでしょう。

## 友達とシェアして相談できる「LINEバイト」

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/line.png)
*Google Playより引用*

LINE株式会社によるバイト探しアプリ。今回の4アプリ中で最も新しいアプリですが、人気度はまだこれからといった印象。しかしながらLINEと連携して利用できるため、気になる求人を友達とシェアして相談、なんていうことも簡単にできるのが特徴です。

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/line-demo.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合*

グラフを見ると、4アプリの中で特にクセのあるアプリであることが見てとれます。男性は10代が23.69%と一番多くなっています。このことから恐らく男子高校生(or 大学生)の利用が多いように予測できます。女性は50代以外はどの年代も10%以上のユーザーがいるようですが、40代が一番多いのが特徴的です。アプリのUIはかなりシンプルなので、主婦層の人達でも使いやすいのが要因のひとつとして考えられます。

## タウンワークとフロム・エー ナビは併用率が高い!

リクルート社が提供し、関連アプリであるタウンワークとフロム・エー ナビですが、ここでタウンワークの同時所持アプリを見てみましょう。

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/douji.png)
*Google Playより引用*

Note

  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

同時所持アプリの順位はフロム・エー ナビが78.2%と断トツで1位。つまり、両アプリを併用している人が多いことが分かります。規模の大きい主要な2アプリなので、とことんバイト探しをしたい人が併用しているのでしょう。

## 各アプリのMAU遷移を比較

今回紹介した4アプリのMAU遷移を比較したグラフをご覧ください。

![アルバイト](../wp-content/uploads/2016-01/part-time-job/mau-graph.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*

各アプリとも軒並み横ばいが続いているようですが、中でも新鋭であるLINEバイトが今後どのように伸びてくるのかが気になるところです。運営会社であるLINEは企業規模が大きく、メッセージアプリのほうは日本で爆発的な普及率を誇っているので、LINE本体とさらに連携したサービス作りなどが期待されます。

<

div class=”section” id=”id6″>

まとめ -求人掲載数以外での特徴付けがカギ-

バイト探しアプリとなると、今のところはやはり求人の掲載数が多いものが人気であることが分かりました。しかしながら、リクルート提供以外のバイトルとLINEバイトもそれぞれアプリの目立った個性を出すことで健闘しています。数字に勝つためには、そうした特徴付けが今後の展開のカギとなっていくことは間違いなさそうです。
今回データを用いた、App Ape Analyticsでは
各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!