株価にアプリMAUが与える影響はあるのか。

ハッシュタグ
0 SHARES

今回はアプリの動向と株価の関係があるのかを調べるべく、メインとなる人気アプリをリリースしている、ミクシィ、ガンホー、コナミ3社について株価とアプリの動向を調査いたしました。
株価の月ごとの動きと、MAU(Monthly Active Users)の推移を比較することにより株価とMAUの相関を調べます。今回調査対象としたアプリは以下となります。

  • 株式会社ミクシィ・・・モンスターストライク(モンスト)
  • ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社・・・パズル&ドラゴンズ
  • コナミホールディングス株式会社・・・実況パワフルプロ野球

それでは早速見ていきましょう。

## モンストのMAUは1~2ヶ月後に株価に反映。やや相関がみられた。

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/relation-app-stock/stock03.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*
*チャート引用元:ヤフー(株)【4689】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス*

モンストのMAUを見ると、5月に大きなMAUの変化があり、その2ヶ月後の7月に株価が大幅に上がっています。
また、11月のMAUの変化の1ヶ月後の12月にも株価の変動があるなど、MAUと株価の間には相関が見られそうです。
ミクシィはモンストが爆発的な人気を博し、通期(2015年3月期)の最終損益が2億の赤字から290億の黒字へ転換しています。
今回相関対象としているアプリが会社の業績に結びついているということが、大きく社会に知れ渡っていることから相関が見られるのではないでしょうか。

## パズドラのMAUはガンホーの株価には顕著に現れず。

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/relation-app-stock/stock01.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*
*チャート引用元:ヤフー(株)【4689】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス*

パズドラのMAUは現在右肩下がりですが、ガンホーの株価には反映されているようには見えません。
大きくMAUが下がっている期間でも株価は上昇している場合もあるようです。
ガンホーはパズドラだけでなく、ケリ姫スイーツやディバインゲートなど様々なビッグタイトルをCMを活用して生み出しています。
パズドラが一番のビッグネームなのは疑いようもありませんが、パズドラにのみ売上が集中していないという見方が強いため、それほど相関が現れなかったのではないでしょうか。

## コナミの株価はパワプロのMAUと部分的に相関が!

![年末年始](../wp-content/uploads/2016-01/relation-app-stock/stock02.png)
*[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]*
*MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数*
*チャート引用元:ヤフー(株)【4689】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス*

パワプロのMAUが大きく上昇している期間でも、株価は横ばいの場合もありますが、2015年後半のMAUの上昇と株価の上昇は相関があるようです。
また、1月~2月のMAUの動きと株価の動きが顕著に連動しており、注目ポイントとなりそうです。
パワプロはコナミのビッグタイトルではありますが、他の2社と異なりハードにも注力しているコナミはアプリのMAUが株価に影響をあたえることはむずかしいのかもしれません。

<

div class=”section” id=”id3″>

おわりに

いかがでしたでしょうか。アプリのMAUが株価に影響を与える企業もあればあまり与えない企業もあるようですが、そのアプリが企業の業績のどれだけを占めているか、またその情報がどれだけ市場に伝わっているかがキーとなるのではないでしょうか!

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは
各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!