コンビニアプリMAU数1位は、1日1回の○○をしている。

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は3つのメジャーコンビニのアプリについて比較調査していきたいと思います。 調査対象アプリは以下の3つです。

  • LAWSON
  • ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ
  • セブン-イレブンアプリ

まずは、MAU数(Monthly Active Users)ランキングを見ていきましょう。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

今回MAU数ランキングでトップだった「LAWSON」は他2アプリに比べ、リリースが2014年11月とリリースされてからの日数が長いことや、買い物に利用できるポイントに換算可能なスターが得られる1日1回チャレンジできる”スターゲーム”があることからMAU数が上がったと推測できます。

ポイント機能に特化した「LAWSON」

他のコンビニ店に比べ、女性客率が高い「LAWSON」のアプリ。スマホがポイントカードになる機能や、対象商品を購入するともらえる「会員レシートスタンプ」など、ポイントに特化した機能が多いアプリになっています。それでは、ユーザー層と同時所持アプリについて見ていきましょう。

lawson-demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合
lawson-douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

男女年代比では特に30代男女に人気が高く、全体の男女比はほぼ同数となっています。男女関係なく利用するポイントを主な機能としたことが、このような結果につながったのではないかと考えられます。

次に同時所持アプリについて見ていきます。 同時所持アプリを見てみると、LAWSONなどのPonta提携企業で利用できる「MyPonta」や「お手伝いでポイントを貯めよう!お仕事ポンタ」など、ポイント関連のアプリが多くなっており、ポイントに着目するユーザーが「LAWSON」を利用していると考えられます。

ポイント特化型「LAWSON」ならではの”スターゲーム”

star
Google Playより引用

「LAWSON」の機能の1つである”スターゲーム”。1日1回行えるゲームで、スターを集め、これが10スター集まると、Pontaポイントが獲得できる抽選にチャレンジすることができるというものです。このゲーム自体には1分もかからないので手軽にチャレンジでき、またお店へ行かなくともポイント獲得のチャンスを得られるのが大きな特徴と言えるでしょう。

Wi-Fi利用をより簡単に。「ファミリーマート簡単Wi-Fiログインアプリ」

異業種と提携も行っている「ファミリーマート」のアプリ。カラオケやドラッグストア、外食店など、様々な業種と提携を行っているため、足を運ぶ機会も多くなるファミマは、現代には欠かせない「Wi-Fi」をより簡単に使えるようにした機能特化型のアプリになっています。

famima-demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合
famima-douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

男女年代比を見ると20代と30代の男性が特に多く、全体で見ても男性の割合が77.1%となっています。同時所持アプリには「セブン-イレブンアプリ」があり、「ファミリーマートWi-Fi簡単ログインアプリ」のユーザーは他店と併用している様子がわかります。

セブン-イレブンアプリ

2015年10月にリリースされた、配達サービスにも力を入れている「セブン-イレブン」のアプリ。セブン&アイグループが運営するショッピングサイトが簡単に利用できる機能や、商品やキャンペーンの情報などがわかるのが特徴的です。

seven-demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合
seven-douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

男女年代比を見ると20代男性と30代女性の層が多くなっています。10代女性の層が極めて少ないのも特徴的です。また、全体で見ると男性の割合が60.8%となっています。

次に同時所持アプリについて見ていきます。 同時所持アプリを見てみると、「WAONサービスアプリ」や「ファミリーマート簡単Wi-Fiログインアプリ」などがあり、セブン-イレブンへの直接的関連はなかなか見られませんでした。これは、「セブン-イレブンアプリ」が比較的新しいアプリであることから、まだ変動段階なのではないかと考えられます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アプリによって様々な機能があるコンビニアプリですが、ポイント機能に特化した「LAWSON」がMAU数を伸ばしていることがわかりました。”1日1回チャレンジ”というアプリ内ゲームの仕組みもMAU数につながっていると予想されます。他2アプリもポイント機能をつけ、毎日利用したくなるような機能をつけることがMAU数増加につながるのではないでしょうか。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは 各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!