女性に人気のハンドメイド系アプリを比較、利用年代を左右する理由とは

ハッシュタグ
0 SHARES

今、女性の間で人気度急上昇中のハンドメイド・マーケット。ネットで気軽に購入・販売をすることができ、量産品にはないオリジナルならではの温かさや、個性的な作品に出会えるのが魅力となっています。また、作者自身が作品の魅力を語っているので、作品の作者視点での魅力を知れるのも特徴的ですね。そんなハンドメイド・マーケットを牽引している存在となっているのが「Creema」「minne」。今回は、そんな「Creema」と「minne」のAndroid公式アプリについて、App Apeデータを元に比較していきます。

Creema(クリーマ)- ハンドメイドマーケットプレイス

creema
Google Playより引用

サービス開始時期自体は2010年6月と早いのですが、アプリリリースは2015年2月とまだ新しいアプリです。機能として、ジャンル別に作品が見ることができ、気に入った作品はお気に入り登録ができる、などWebサイト上と同じような内容になっています。またWebサイト同様、閲覧履歴が見れるので、どのような作品をチェックしたか振り返りたいとき便利ですね。

minne – 国内最大級のハンドメイドマーケットアプリ

minne
Google Playより引用

アプリリリースが2013年11月と早く、それにより所持ユーザー数も多くなっています。機能として、「Creema」同様Webサイトに沿ったものとなっており、大きな特徴として、メッセージ機能があり、購入者が作者とコンタクトをとって、直接作品の魅力を聞くことが可能となっています。

MAU数を獲得した「minne」

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

上図にそれぞれの出品者数・作品数・MAU数(2016年2月時点)をまとめました。比較してわかる通り、出品者数および作品数が多い「minne」の方が「Creema」のMAU数を上回っていることがわかります。これにより、ユーザーはより多く、より様々な作品を求めており、それを叶える「minne」がMAU数を伸ばしたのではないかと考えられます。

ユーザーに使われているアプリ

続いて、所持ユーザー数遷移とMAU遷移について見ていきましょう。

user
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

所持ユーザー数遷移とMAU遷移を比較してみると、両アプリともグラフの形がよく似ていることがわかります。これにより、アプリがインストールされっぱなしではなく、ユーザー数に応じてきちんと利用されているということがわかりますね。また、どちらのグラフも増加傾向にあり、ハンドメイド・マーケット市場自体が成長していることが現れています。さて、「Creema」「minne」の男女年代比と同時所持アプリについて見ていきましょう。

demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

20代と30代で別れた2アプリ

「Creema」「minne」ともに女性の割合が多く、特に「Creema」は30代女性が、「minne」は20代女性の層が多いことがわかります。 次に同時所持アプリを見ていきましょう。

douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

上の図から、「Creema」は「Locari(ロカリ)-女子力があがるトレンド情報満載アプリ」ユーザーの16.3%、「ファッション通販 ZOZOTOWN」ユーザーの12.2%が利用していることがわかり、「minne」は「チケットキャンプ 安心売買・簡単・定価以下多数のチケキャン!」ユーザーの19.0%、「フォトコラージュ – Photo Collage」ユーザーの17.2%が利用していることがわかります。(※両アプリに入っているものは除きます。)

価格設定がユーザー層に影響か

「Locari」「ZOZOTOWN」のユーザー層は30代女性が多く、また「チケキャン」「フォトコラージュ」のユーザー層は20代女性が多いので、男女年代比と総合して見ると「Creema」は30代女性から、「minne」は20代女性から支持されていることがわかります。これは「Creema」の価格設定が¥500~、「minne」は¥300~と、「minne」のほうが安価なものを取り揃えているため、学生などの20代はお小遣いで買える「minne」を、お金に余裕が出てきた30代女性は「Creema」を利用しやすいということなのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。アクティブ率の高いハンドメイド・マーケット系アプリですが、そのユーザー層を担うのは価格設定かもしれません。また、「minne」のように作品の幅を広げること、作品数を増やすことがMAU数上昇を促すことにつながるのかもしれません。

さらに詳しいデータや他のアプリの時間帯ごとのアクティブユーザーの動きなどを知りたい方は、お気軽にこちら からApp Apeの無料版をお試しください。