【速報】出だし好調のブロッサム・ブラスト、そのユーザー層を探る

ハッシュタグ
0 SHARES

「キャンディークラッシュ」などのゲームシリーズで知られるデベロッパー“King”が、新たに「ブロッサム・ブラスト」の日本版配信を2016年3月10日よりスタートさせました。

blossom
App Storeより引用

「ブロッサム・ブラスト」は、ハチの姿をしたキャラクター「ブロッサム」と共に冒険へ出かけるというストーリーで、画面上の同じ色をした花のつぼみを3つ以上つなげてなぞり、花を咲かせていくという一筆書き系のパズルゲーム。可愛らしい世界観と美しい花々のグラフィックが特徴的で、さらに配信開始のタイミングも春に合わせており、季節感もぴったりなアプリです。

大人女性がメインユーザー

ではまず、「ブロッサム・ブラスト」のユーザー層について探っていきましょう。次の図は、同アプリユーザーの男女年代比を表したものです。

demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

ご覧のとおり圧倒的に女性ユーザーが多く、全体の75%以上を占めています。また、King配信のアプリ共通の特徴といえるのが、ゲームアプリでありながら年齢層が高いという点。30代以上の女性ユーザーが大半になっており、メインのユーザー層は40代女性で割合が22.96%となっています。高級感あるグラフィックや、簡単なゲームルールが受け入れられているのではないかと推測されます。

Kingアプリを多く同時所持

次に、同時所持アプリについて見ていきます。

douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

「スクラビー・ダビー」や「キャンディークラッシュゼリー」といったKingアプリが並んでいることが分かります。つまり、自社アプリ間でのユーザー流入に成功しているのでしょう。先ほどのユーザー層分析も合わせて考えると、King特有の“大人女性”というターゲットをぶらさずにアプリのデザインから開発までを行なっているようです。

TVCMで広範囲プロモーションを実施

アプリ配信開始からまもなくした2016年3月19日より「ブロッサム・ブラスト」のTVCMが、全国で放映されています。
おしゃれな花屋で働く外国人女性を主役に、ゲームの世界観と同じようにカラフルな花々が弾けていく様子を描いています。また、CMソングには「テラスハウス」にも出演していた人気シンガーソングライターの住岡梨奈を起用し、キュートな歌声とマッチした女性向けの仕上がりになっています。

上昇傾向で順調なDAU

アプリの状況をより詳しく分析するために、2016年の3月のDAU(Daily Active Users)遷移をチェックしましょう。

dau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

2016年3月から配信がスタートしたばかりですが、DAUは順調に右肩上がり。アプリの配信開始直後はどのアプリもこうした数値が上がっていく場合が多いので、この伸びをどこまで継続させられるかが、今後の重要なポイントとなっていくでしょう。そのためにはアプリの定期的なアップデートや、ゲーム内イベントの開催なども行なっていく必要があります。

まとめ

今やトップデベロッパーといわれるKingですが、新作アプリ「ブロッサム・ブラスト」も好調のようです。「キャンディークラッシュ」などで獲得した大人女性のユーザー層への訴求をピンポイントで狙っている辺りは、手堅い方針で開発を行なっていることがうかがえます。このことから、ヒット作のユーザー層を分析し、メインとなる層へのアプローチを複数回行なっていくことも、運営として考えるべき点であることが分かります。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは 各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!