2016年GW期間中、売り上げを伸ばしたアプリとは?

ハッシュタグ
0 SHARES

4月末〜5月初旬にあったゴールデンウィーク、遊園地のアトラクションを並んでいる間や、帰り、渋滞にはまった車中など、ゴールデンウィーク中にスマホゲームに触れる機会は多いと思います。普段は忙しくて放置気味だったという人もGW中はやり込んだのではないでしょうか?今回はそんなスマホゲームをGWの期間中の売上ランキングに沿って調査・分析いたしました!

売上ランキングTOP10

今回の対象アプリは、GW中のGoogle Play売上ランキングから選出した以下の10アプリです。

  • モンスターストライク
  • Fate/Grand Order
  • LINE:ディズニーツムツム
  • パズル&ドラゴンズ
  • グランブルーファンタジー
  • アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
  • 白猫プロジェクト
  • ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト
  • 星のドラゴンクエスト
  • ドラゴンボールZ ドッカンバトル

GW直前の4月28日、GWまっただ中の5月2日、GW終了後の5月9日までを計測日とし、各アプリの売上ランキングの動向をグラフ化しました。ご覧ください。

rankings
Google Playより引用

「モンスターストライク」(以下 モンスト)が計測日3日ともに1位をキープしています。ここで注目なのが「ドラゴンクエストモンスターズ」と「星のドラゴンクエスト」。スクエニ作品が大幅な伸びを記録しています。以下では特に目立ったアプリをピックアップしてご紹介します。

王者「モンスト」の施策とは

GW直前からGW後まで、一貫して強い「モンスト」。
そんな「モンスト」はGWイベントに、キャラの進化素材や、経験値がおいしいキャラが入手できるクエスト、限定キャラが手に入るガチャ「超・獣神祭」の開催、クリア数に応じてガチャなどに使えるオーブやレアキャラが貰える「覇者の塔」など、数多くのイベントがありました。余りの数に、つい一日中張り付いてしまいそうです。
時間のあるGWだからこそ、強くなるためのイベントを設けることでやりこみ度が格段に上がるのではないでしょうか。

スクエニ作品、脅威の伸び

グラフでひときわ目立っているのが「ドラゴンクエストモンスターズ」と「星のドラゴンクエスト」。
なんと、ガチャやスタミナ回復などに使えるジェムが毎日100個も貰える太っ腹なログインボーナスやランクSをSSへ転生できる「究極転生」の解放、キャラのレベル上げに便利な強化素材のクエストなど、キャンペーンが盛りだくさんです。このお得なキャンペーンに惹かれたユーザーが脅威の伸びを生み出したのかもしれませんね。

「グランブルーファンタジー」が上昇した理由

GW前後は売上ランキングTOP10内のどのゲームもイベントを設け、ユーザーの活性化を促していました。その中で唯一、ゲーム外イベントを行った「グランブルーファンタジー」。ニコニコ超会議やグラブルのコスプレコンテスト、限定グッズが買える「よろず屋シェロ出張」など、休日だからこそ行ける、嬉しいタイミングでのイベントが実施されていました。
マルチプレイでいつも遊んでいる仲間と会えるこの機会は、グラブルファンにとって嬉しいものに違いなかったでしょう。

午前中はおでかけ、午後はゲーム?

次に、それぞれのHAU(Hourly Active Users)遷移について見ていきます。おもしろい特徴のある「グランブルーファンタジー」「LINE:ディズニーツムツム」「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」の3つを見ていきましょう。例として5/3(火)のHAUをピックアップします。
通常は、通勤前、昼休み、退勤後の3点において上昇が目立つHAU遷移ですが、GW中は飛び抜けた時間は無く、全体的に午前よりも午後の方が高い値となっています。これは、午前中はGWを利用し、外出しているユーザーが、帰宅してからゲームをする。という流れなのではないでしょうか。

hau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
HAU(Hourly Active User):そのアプリの対象期間における、時間帯ごとのアクティブユーザー数であり、その時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

まとめ

いかがでしたでしょうか?楽しい連休をより充実させることのできるよう、スマホゲーム界も多くのアクションを起こしていることがわかりました。時間のある連休時に、いかに魅力的なイベントを打ち出せるかが、売上向上の条件なのかもしれません。
競合となるアプリの動向をウォッチしておくのも重要でしょう。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!