【速報】「パズドラレーダー」、MAUでIngressに圧勝

ハッシュタグ
0 SHARES

もはや国民的ゲームといっても過言ではないほどの人気を誇る「パズドラ」。その開発元であるガンホーが、新たなアプリ「パズドラレーダー」をリリースしました。パズドラと連携して遊べるという「パズドラレーダー」ですが、一体どんなアプリなのでしょうか。まずは、その概要をチェックしましょう。

位置ゲー感覚で使える「パズドラレーダー」

pazdrare-da-
Google Playより引用

「パズドラレーダー」は、スマートフォンのGPSによる位置情報を利用して遊ぶゲームアプリ、いわゆる“位置ゲー”です。パズドラ本体のアプリと連携して使うことで、ドロップやトレジャーを集めていくことができます。

アプリ上のマップは、私達の現実世界の位置情報とリンクしており、サーチボタンを押すと近くにあるドロップを探すことができます。そして目的の場所まで実際に移動するとドロップを入手することが可能。これによって様々な特典を増やすことができるのです。また、すれ違ったユーザーが助っ人として登場したり、「パズドラレーダー」限定の新ダンジョンを解放することもできます。

Google Playのカテゴリ別ランキングで1位!

速報値として「パズドラレーダー」のGoogle Playでのランキングを見てみましょう。データは2016年4月のものです。

スクリーンショット 2016-05-17 11.24.45
Google Play Storeより引用

「アドベンチャー」のカテゴリランキングでは、二週間以上も1位を連続キープ! 月後半ではやや下降気味ですが、さすがガンホーといったところです。ゲーム全体やアプリ全体でのランキングは上下あるものの、全体的に見ても常に上位にランクインしています。これが今後さらにどのような推移をしていくか目が離せません。

位置ゲーの大手「Ingress」に圧勝!?

「パズドラレーダー」は、位置情報を利用して遊ぶ“位置ゲー”ですが、ここで位置ゲーの大手「Ingress」とのMAU比較結果をご覧ください。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

グラフを見て分かる通り、「パズドラレーダー」が圧勝。海外発アプリとして、日本でも様々なイベントが開催されるなどしてかなりの人気を集めている「Ingress」ですが、パズドラには遠く及ばずの結果に。ここ日本においては、やはりパズドラの方が認知度が高く多くのプレイヤーがいるため、このような結果になっているのではないかと考えられます。

男女年代比を速報でチェック

次に、「パズドラレーダー」の気になる男女年代比を見てみましょう。

demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

まず男性が圧倒的に多くなっていることが分かります(全体で男性が87.9%)。特に10代男性層が32.2%と飛び抜けて多くなっており、子供に人気のパズドラ関連アプリならではの結果であるといえるでしょう。パズドラ本体アプリは女性ユーザーからも支持があるはずですが、こちらの「パズドラレーダー」は、外出して移動することが必要なので、比較的アウトドア派な男性層のほうに受け入れられているようです。

パズドラ関連アプリを同時所持

ユーザーをより深く分析するために「パズドラレーダー」の同時所持アプリを見ましょう。

douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

パズドラのミニゲーム版といえる「パズドラチャレンジ」や、パズドラの攻略アプリなどパズドラに関係するものが多く並んでいます。やはり、元からパズドラのプレイヤーだったユーザーが多いことは間違いなさそうです。また、単純にプレイするだけでなくこうした関連アプリを併用しているユーザーに「パズドラレーダー」は好まれているようです。

嵐の二宮和也さんを起用したTVCMも放映

「パズドラレーダー」は、単なるパズドラ本体の補助アプリではないようです。それを物語るように、宣伝活動にもかなり力が入っている様子。2016年4月3日からは、ジャニーズの人気グループ「嵐」のメンバーである二宮和也さんを起用したTVCMが放映開始しています。

国民的アイドルである二宮和也さんを起用し、さらに全国規模でPRしていくということは、かなり気合いが入っている証拠。これを機に女性ユーザーの幅も増えるかもしれません。現状はパズドラ本体アプリがあってこその「パズドラレーダー」ですが、今後は単独アプリとしてのエッセンスをもっと追加していくのかどうか、まだまだ気になるところが多いですね。

まとめ -今後も進化し続けるパズドラ-

累計4,000万ダウンロードを超えてもなお進化を続けるパズドラですが、この「パズドラレーダー」によって新たな位置ゲー要素を追加し、ユーザーに更なる楽しみ方を提供しています。連携アプリという形態も今までになく斬新で、あくまで本体のユーザーを手放さないように考慮されていると感じます。今後パズドラがどう変わっていくのか、これからも随時情報をお伝えしていきます。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!