ストレスチェックアプリ「COCOLOLO」、100万DL突破の秘訣は手軽さと医学的根拠にあり

ハッシュタグ
0 SHARES

現代人は子供から大人まで様々なストレスを感じながら生きているといわれており、最近では身体的なもの以上に精神的な健康被害の方が関心を集めているようです。

そんな中、心拍のゆらぎからストレスをチェック出来るアプリ『COCOLOLO(ココロ炉)』では、簡単に心の状態がわかり、ストレスの傾向や疲れ具合などを教えてくれるということで、ついに100万ダウンロードを突破するほどの人気になっています。

気になる『COCOLOLO(ココロ炉)』のデータについてまとめました。

『COCOLOLO(ココロ炉)』について

cocololo
App Storeより引用

今のキモチやストレスを可視化して解消法などを教えてくれるアプリで、使い方はユーザー情報を登録した後、スマホのカメラのレンズ部分に約30秒強、指先を当てて待ちます。

皮膚の色の変化から心拍のゆらぎを検出して、ストレスの状態を8種類に分類された「ストレス気味」「ややストレス」「ぐったり」「ややぐったり」「理想」「やや理想」「のんびり」「ややのんびり」の中から教えてくれます。

ストレス・リラックス度や体の元気度などの結果もついており、結果に対する詳細なアドバイスをしてくれます。

測定結果はアプリ内のカレンダーに記載されるので、いつどんなキモチだったかを振り返ることも可能で、友達とデータを共有することも可能です。

ストレスが強いと結果が出た人には、リラックスするための音楽や本をお勧めしてくれて、スパやハーブティーなどの割引クーポンが配信されることもあるそうです。

専門的にも実証されているアプリ

アプリのスマホカメラでの測定精度は、専用センサと比較して80%以上の高い相関があることを神戸大学、順天堂大学医学部との共同研究成果として学会で発表しており、単なる心拍数であれば、ほぼ100%の相関を実現しているとのことです。

心拍数を計測するアプリは他にも増えていますが、こちらのアプリでは更に複雑な「心拍のゆらぎ」を専門的に解析していて、その結果導き出されたストレスの状態を可視化しており、そこに大きな特徴があります。

テレビで紹介され、認知度UP

users
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

所持ユーザー数推移を見ると、2015年9月に大きく増え、更に11月に急激にユーザー数を伸ばしています。

これは、2015年9月13日に放送されたTBS「健康カプセル!ゲンキの時間」や、2015年11月14日に放送された日本テレビ「世界一受けたい授業」等のテレビ番組で取り上げられたことで知名度が上昇し、ユーザー数が増えたと考えられます。

また、テレビ以外にも様々なメディアに取り上げられており、注目度の高さが伺えます。

「毎日決まったタイミングでチェック」を習慣づけ

「COCOLOLO」アプリ内では、ストレス測定を促す通知を一日3回まで設定することが出来、忘れずに測定するように教えてくれます。

こちらのアプリを使用する際、決まった時間に測定しないといけない訳ではないのですが、日々の自分のストレス状態を把握することができるので、一日3回(朝・昼・夜)測定することがオススメされています。

jikan
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。

時間帯別アクティブを見てみると、はっきりとした山が9時・12時・15時に出来ていますが、通知をこのタイミングで設定している人が多いことが予想されます。

通知の機能がアラームとして利用されていて、上手くアクティブに導いているようです。

女性ユーザーが7割

スクリーンショット 2016-06-01 10.55.58
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

男女年代比を見ると、女性ユーザーが7割と多く、10代女性から50代以上の女性まで幅広く利用されているようです。

自分のストレスチェックだけでなく親しい人と結果をシェアすることも可能で、家族や恋人同士の絆を強めるツールとして使用することもお勧めされていますので、今後は男性ユーザーも増えてくるのではないでしょうか。

まとめ〜精度の高さがアプリの強み〜

独自の専門的な技術を使い開発されたアプリという強みがあり、精度の高さも証明されているのでメディアでも取り上げやすく、中でも強い影響力を持つテレビの画面を通して「簡単な方法で自分のストレスがわかる」ことが視聴者に伝わり、ダウンロード数が飛躍的に上がったと考えられます。

スマートフォンのカメラで心拍のゆらぎを測定できるというだけでも驚きですが、その精度も高いとは素晴らしい技術を持ったアプリですね。万病の元と言われているストレスですが、それに有効なメンタルケアのアドバイスをしてくれるアプリですので、今後もダウンロード数はまだまだ伸びてくると予想されます。