人気の女性向けニュース&雑誌アプリを調査 -TRILL、MERY、ガールズちゃんねるを比較 –

ハッシュタグ
0 SHARES

膨大な情報の中から欲しい情報を集めるのは面倒…そんな思いを解決してくれる、気軽に欲しい情報が収集できる「ニュース&雑誌アプリ」について調査いたしました!

今回は、ニュース&雑誌カテゴリの上位から女性向けの以下3アプリをピックアップして調査いたしました。

  • ガールズちゃんねる – 女子のニュースとガールズトーク
  • MERY – 女の子のための無料まとめアプリ
  • オトナ女子向け情報-TRILL

2ch系掲示板アプリ ガールズちゃんねる

girls
Google Playより引用

「女子の女子による女子のためのおしゃべりコミュニティ」というキャッチフレーズを掲げ、完全匿名性の2ch系掲示板の女性版ともいえるガールズちゃんねる。コメントのみでなく「+」「―」投票システムもあり、自分が投稿した内容のリアクションがひと目でわかります。誰かに言いたいけど、周りにはバレたくない!そんな秘密話も出来ちゃう仕組みに、おしゃべり好きの女性は食いついてしまいますね。

キュレーションアプリ MERY

mery
Google Playより引用

「なりたいオシャレが見つかるアプリ」のMERYは、メイクやファッション、ヘアスタイルといった情報の記事を読んだり、人気アイテムを探すことのできるキュレーション型アプリです。MERY内にて紹介されているアイテムや記事、画像などで気に入ったものがあればアプリ内にためることができ、いつでも見返せるので気分を上げたい時などにもうってつけなアプリですね。

ノウハウ記事アプリ TRILL

trill
Google Playより引用

Yahoo!BEAUTYがプロディースするTRILLは、化粧の仕方や健康法、着こなし術やモテ方といった様々な情報を配信するノウハウ記事アプリです。毎日500記事以上配信(※公式アプリより)されているので、いつでも新鮮な情報に出会うことができます。その日・その時に厳選されたベスト記事も表示されているので、時間が無いときにも情報収集をすることができるのは、社会人のオトナ女子にも嬉しいところです。

所持数が伸びたMERY、TRILL

users
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

2015年12月に初TV CMを実施したMERY。人気タレントのローラを採用したそのCMの効果もあり、年末頃からMAU、所持数ともに伸びています。おもしろいことにTRILLも並行して伸びています。MERYは若者向け、TRILLはオトナ女子向けといったターゲット層の違いからお互いに良い影響を与え合っているようです。

平均起動回数で強いガールズちゃんねる

kidou
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
1日あたり平均起動回数:そのアプリを起動するユーザーの一日あたりでの平均起動回数

上図に示した通り、ガールズちゃんねるは平均起動回数で他2アプリをしのいでいます。2016年5月の平均起動回数ですが、ガールズちゃんねるは平均4.53回。MERYは2.23回、TRILLは1.80回となっています。
ガールズちゃんねるは掲示板型アプリなので、自分の書き込みの周りの反応が知りたいため回数が上がったと思われます。基本的に一方的に読むだけのアプリであるMERY、TRILLよりも、ついチェックが増えるのは必然的と言えそうです。

時間帯別アクティブ率から見る、ユーザーの動向

jikan
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。

次に時間帯別アクティブ率を見ていきます。MERYは20時台、TRILLは21時台にはね、ガールズちゃんねるは19時台から22時頃まで緩やかに上昇する形になっています。MERY、TRILLはともに帰宅してからのくつろぎ時間やお休み前に雑誌感覚で情報収集することをすすめており、また記事を読むという行為自体が何回にもわたる必要がないことから、アクティブな時間帯が生まれたと考えられます。一方、ガールズちゃんねるは掲示板のため、書き込み、レス確認、再書き込みとを繰り返すため、緩やかに上昇していくのでしょう。上で示している平均起動回数についても、この繰り返し動作が大きく影響しているのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。“ニュース&雑誌カテゴリ”といっても、掲示板型、キュレーション型、ノウハウ記事型と様々なスタイルがあり、多種多様なユーザーを上手く取り込んでいることがわかりました。時間帯別アクティブ率で良い動きのある時間帯に何かアクションをかけてみてもおもしろいかもしれません。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!