ケンタッキー、SNSマーケティングでアプリユーザーが1年で倍増〜Twitter活用の成功事例を紹介

ハッシュタグ
ケンタッキーとツイッター
0 SHARES

ファーストフードとして日本全国に展開するケンタッキーフライドチキン。その公式アプリがここ1年でグンと伸びを見せています。飲食店のアプリとしては珍しい成長ぶりに注目して、今回はアプリの人気の秘密を探っていきます。※分析にはアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップ・エイプ)」を利用します。

「ケンタッキーフライドチキン公式アプリ」について

ケンタッキーのアプリは「ケンタッキーフライドチキン公式アプリ」として配信されており、商品メニュー、店舗検索など基本的な機能に加えて、お得なクーポンも利用することができます。ケンタッキーをよく利用する人なら、ぜひともインストールしておきたいアプリです。

1年間で所持ユーザーが2倍以上に!

では、「ケンタッキーフライドチキン公式アプリ」がどの程度伸びてきているのか、App Apeの具体的なデータを参照しながら確認してみましょう。

ケンタッキーフライドチキンアプリの所持ユーザー数
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

上の図は、アプリの所持ユーザー数を表したものです。2015年5月の段階でのユーザー数からその後順調に右肩上がりの伸びを見せて、2016年4月には2倍を超える所持ユーザー数を記録しています。

Twitterでのソーシャル戦略が功を奏したか

1年間にアプリの所持ユーザー数を2倍以上に拡大させた「ケンタッキーフライドチキン公式アプリ」ですが、その成長の要因としてTwitterを使ったソーシャル戦略があるとみられます。

アプリは2015年3月にメジャーアップデートを行い、より使いやすくなりました。そして、この頃からケンタッキーは公式Twitterアカウントを利用した継続的なソーシャルでの宣伝を行なってきました。以下、そうした宣伝内容を紹介していきます。

これは、アプリ内限定のクーポンの告知ツイート。画像付きで分かりやすく内容を伝えることで、アプリのインストールを促しています。また、すでにアプリを所持している人にもクーポン情報を届けることができます。

 

こちらはアプリで見られる限定動画の紹介ツイート。こうしたユニークなコンテンツを配信してアプリのインストールを促進しているところもうかがえます。

このようにTwitterを上手く活用し、キャンペーンやコンテンツを介してアプリへの誘導を行なっている点が、アプリの成長に結びついているといえるでしょう。

ユーザー層は女性が優位

アプリ自体の成長ぶりがわかったところで、現在の「ケンタッキーフライドチキン公式アプリ」のユーザー層を見てみましょう。

ケンタッキーフライドチキンアプリの男女年代比率
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

中心となっているのは30代と40代の女性。全体的にも女性ユーザーが優位な状況となっています。20代は男女ともにほぼ同率でありながら、30代以上の男性層があまり多くないのは、ケンタッキーがメインで取扱う商品がフライドチキンであることから、メタボリックシンドローム(メタボ)などを気にしているためなのではないでしょうか。(※ケンタッキー商品がメタボを促すものということはありません)

まとめ- 根強いソーシャル戦法はまだ使える!? –

すっかりSNSが世の中に浸透してから久しいですが、アプリの宣伝媒体としてはまだまだ有効なようです。ケンタッキーではツイートに分かりやすい画像を添付し、ツイート文章も簡潔にする。そしてこのときの内容は、必ずユーザー(お客様)にとって有益な情報(キャンペーンやアプリ限定コンテンツ)と絡めることが必須のようです。基本的なことのようですが、これらをしっかりと継続させることで、アプリの成長に一役買っているようです。
今回の調査で用いた「App Ape」では、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。