新規参入を狙うならこのジャンルが穴場〜全ゲームジャンル別の年齢層を大公開

ハッシュタグ
0 SHARES

これまでコンシューマ機が牛耳って来たといっても良いゲーム業界ですが、スマートフォンの普及によってその様相が大きく変化してきました。
特に10代〜20代などの若年層ユーザーは、スマートフォンでゲームするのが当たり前。

そこで今回はゲームのサブカテゴリ(スポーツ、パズルなど)ごとの男女年代比を分析して、サブカテゴリごとの特徴を探っていきます。まずは、ゲームのサブカテゴリごとのユーザー男女比を見てみましょう。

danjo
[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合
2015年4月〜2016年3月の1年分のデータを元に算出

ゲームは全体的に男性人気が高い

ざっと見渡しただけでも分かる通り、ゲームという分野において中心となるユーザーは男性です。女性のほうが優位なサブカテゴリは一つもなく、女性に人気が高そうな「パズル」でさえ、拮抗というほどの割合にはなっていません。

次に、ユーザーの男女それぞれの年代別(10代〜50代以上)の割合をご覧ください。

demo
[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合
2015年4月〜2016年3月の1年分のデータを元に算出

ゲームに興じる世代は男性10代、女性20〜30代が突出

この中で突出しているユーザー層は10代の男性。11のサブカテゴリにおいてユーザー数の割合がトップになっています。ゲームといえば男の子のもの、という世間のイメージはあながち間違いでないようです。また、女性の20代〜30代の層も突出しており、ゲーム業界全体のメインユーザーが浮き彫りになってきました。

女性向けのスポーツ・レースゲームが穴場!?

データを見ていくと、女性比率がかなり低いサブカテゴリが判明しました。それは「スポーツ」と「レース」の2つです。

danjo-sportsracing
[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合
2015年4月〜2016年3月の1年分のデータを元に算出

どちらのサブカテゴリも女性の割合が20%を下回っている現状。女性受けが難しいジャンルであることが分かりますが、逆に考えれば未開拓地ともいえます。女性ユーザー狙いでスポーツゲーム、レースゲームなんかを制作してみるのもありかも…?

女性向け人気アプリはパズルと音ゲー

女性が少ないサブカテゴリが判明したところで、次に女性に人気が高いサブカテゴリを探っていきます。もう一度、サブカテゴリごとの男女比を見てみます。

danjo-female
[データ元: App Ape 調べ (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合
2015年4月〜2016年3月の1年分のデータを元に算出

どれも男性が多くの割合を占めていますが、その中でも女性比率が最も高いものが「パズル」です。次いで「音楽」、「教育」が続いています。カジュアルに楽しめるパズルや音ゲーが人気で、教育というカテゴリもパズルなどに近い内容(クイズやテストなど)のアプリが多いので、女性比率が高くなっています。

高年齢ユーザーの現状は?

ここからは、50代以上の比較的高年齢のユーザーの現状をチェックしていきます。50代以上のユーザーは男女ともにかなり数が少ないのですが、確かに存在しています。ほとんどのサブカテゴリにおいてユーザーの割合が一番少ない年代ですが、唯一50代以上(男性)が突出しているのが「レース」です。

50代以上の男性といえば昭和を生き抜いてきた世代。車を持つことがステータスだった時代に若いころを過ごしてきたであろうことから、やはり車への興味が絶えないのでしょう。

続いて50代以上の女性ユーザーで気になるポイントは、「カジノ」。女性ユーザーにおいて唯一50代が最下位を免れたサブカテゴリです。真新しいゲームだとルールを一から学ばないといけないため、昔ながらのルールでそのまま楽しめるものが多いカジノ系のゲームは、高年齢女性にも受け入れられているようです。

まとめ- 人気カテゴリほど特徴なし? –

いかがでしたでしょうか。カテゴリごとに特徴的なポイントを分析してきました。最後に抑えておきたいのが、人気のサブカテゴリ。「カジュアル」、「パズル」、「シミュレーション」の順でトップ3に君臨しているサブカテゴリの特徴を探ろうとしましたが、男女比はほぼ6対4、そしてどの年代もバランスよく分布しているようで、あまりとらえどころがないように思えました。

人気のカテゴリほど、幅広いユーザーを取り込むことに成功しているようです。このことから、特定のユーザー層を狙った施策も良いかもしれませんが、その先へ進むためには年代を超えて多くの人に支持される必要があるようです。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!