アプリ担当者でも分かるラブライブ!(スクフェス)の大幅アップデートとその影響

ハッシュタグ
0 SHARES

今回は新しくアップデートされた「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」をデータから分析していきます。

「ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル」(以下スクフェスと省略)とはアイドル系アニメ作品「ラブライブ!」のリズムゲームです。
TVアニメ「ラブライブ!」は高校生の少女たちが廃校の危機を救うため、スクールアイドルを目指す物語で2013年から2014年に放映され大きな注目を浴びました。
そして、2016年6月より新シリーズのTVアニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」が放送開始となり、それに伴い「スクフェス」が大型アップデートされました。

そこで,今回の調査ではApp Ape Analyticsのデータを用いて、アップデートによるアプリおよび、アプリ利用ユーザーに関する変化に注目していきたいと思います。
なお、「ラブライブ!」の具体的な説明は、以下の記事にございますので、ぜひご覧ください!
「ラブライブ!」・「アイマス」の決定的な違いとは。

アップデートによりコンテンツが大幅に充実

ここからはアップデートされた新しい「スクフェス」の特徴について注目していきたいと思います。

lovelive
App Storeより引用

「スクフェス」はリズムゲームの1つですが主に

  • リズムゲームを楽しむことができる「ライブパート」
  • ゲームオリジナルのシナリオを読み進める「ストーリーパート」

の2つのモードを楽しむことができます。

上の図はプレイ画面がキャプチャされています。左右に9つのキャラクターのボタンが配置され中央からやってくる丸に合わせて画面をタップしていくことでスコアを稼ぎます。
また、「ライブパート」は9つのキャラクターで編成されたチームを用いて楽曲をプレイするためキャラクターの能力によってスコアが変化していきます。
そのため、「勧誘」と呼ばれるガチャで手に入れたカードで自分好みのチームを編成するといった楽しみ方もあります。

そして、今まではそれぞれのパートが主に「ラブライブ!」に登場するアイドルグループ「μ’s(ミューズ)」に関する内容でした。今回のアップデートでは、アプリ内の様々な変更がありましたが大きな変化として

「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する新アイドルグループ「Aqours(アクア)」の本格参加

が挙げられます。具体的には、

  • 「ゲームパート」では収録楽曲が約70曲から100曲に増加(主に新シリーズの楽曲)
  • 「ストーリーパート」では「Aqours」のシナリオの追加
  • 「Aqours」メンバーのカードの追加

などがあります。

さらに、TVアニメやラジオの連動企画も開始されています。
TVアニメの連動企画ではラブライブ!サンシャイン!!」の放映日に「スクフェス」内でプレゼントをゲットすることができ、ラジオの連動企画では放送中にキャラクターの声優が実際に「スクフェス」をプレイし、その声優のプレイスコアに応じて「スクフェス」内でユーザーにプレゼントが配布されます。このように、様々なメディアとの連動企画により「スクフェス」は盛り上がりを見せています。ここまで、アプリに関しての変化について見てきましたが次に、アップデート後のユーザーの反応に注目していきたいと思います。

アプリアイコンのリニューアルによる「Aqoursファン」と「μ’sファン」の対立が話題に

「スクフェス」は2013年にリリースされ、これまで度々のアップデートがありましたが、今回のアップデートは今までのものよりも規模がかなり大きかったためユーザーの間で話題となりました。その中でも最も注目を集めた話題が

「Aqoursファン」と「μ’sファン」の対立

です。この話題の要因として、特にアプリアイコンのリニューアルが挙げられます。

icon
Google Playより引用

今まで「スクフェス」のアイコンやタイトル画面、BGMなどのコンテンツが「μ’s」に関するものでしたが、今回のアップデートによりそれらが「Aqours」に関するコンテンツに置換及び、追加されました。
ちなみに、ゲーム内で「μ’s」と「Aqours」の切り替え機能はあるので完全に「Aqoursのスクフェス」になったわけではありませんが、アプリアイコンは現在、「Aqours」のメンバーがメインとなっています。そして、Google Playにおける「スクフェス」のレビュー欄では

  • 「μ’sを消さないで!」
  • 「アイコンなんで変えちゃったんですか?」
  • 「シリーズものにするならせめてアプリを分けて欲しかった」

など、「μ’sファン」による悲観的な意見が見られました。しかし、一方で新しい「スクフェス」を歓迎している声も多く

  • 「μ’sもAqoursも好きなんで続けます」
  • 「Aqurs が登場してさらにおもしろくなりました」
  • 「遊べる曲もふえてとても良い感じです」

などの「μ’s」と「Aqours」両方のファンの意見も多く見られました。

このように、アップデートにより様々な意見が飛び交っていました。今後の「スクフェス」の展開が気になりますね。それでは、次にApp Ape Analyticsのデータから見る「スクフェス」の利用ユーザーに関する変化について調査していきたいと思います。

【時間帯別アクティブ率】ピーク時では前日平均の7.1倍のアクティブユーザー数に!

hau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
HAU(Hourly Active User):そのアプリの対象期間における、時間帯ごとのアクティブユーザー数であり、その時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

上の図は1時間ごとのアプリのアクティブユーザー数(以降HAUと省略)を表したものです。青色がアップデート前日のHAUで、赤色がアップデート当日のHAUを示しています。このHAUグラフによると、ピーク時では前日平均の7.1倍の伸びがありました。

また、アップデート当日の15時から16時の間、19時以降の急激な増加も確認できます。これは

当初のアップデートの予定が11時から16時の間→実際には19時30分に終了

によるものと推測することができます。
一方で、DAUに関しては前日比150%となりこちらも高DAUを記録しています。

さらに「スクフェス」に関してはApp Storeのセールスランキングで初の1位といった結果を残しています。

おわりに

いかがでしたでしょうか。今回はアップデートによる「スクフェス」の変化をアプリと利用ユーザーのそれぞれから調査しました。調査ではアップデート前後の「スクフェス」へのユーザーの関心度が大きく変化していることがデータにより明らかとなりました。

また、「スクフェス」はTVアニメなどの様々なメディアとの連携企画を行っているため、継続してユーザーのアプリ利用を促すことが可能であることも明らかとなりました。「ラブライブ!サンシャイン!!」はこれからも放映されていくので、今後も引き続き調査をしていきたいと思います。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!