【TGS2016速報】「ダビスタ」がスマホアプリで復活! シリーズ累計販売本数900万本を超えるあの名作がスマホで登場

ハッシュタグ
0 SHARES

競馬ファンに朗報です。あのダビスタがスマホアプリで復活します。
2014年に前作がニンテンドー3DSで発売されて以来、約2年。
東京ゲームショウ2016で「ダービースタリオン マスターズ」の全貌が明らかになります。

_mg_6708

サービス開始は10月後半の予定。今月15日から事前予約キャンペーンをスタートしています。
事前予約はこちらから

ダビスタはシリーズ累計販売本数900万本を突破している超名作の育成競馬ゲーム。
ダビスタをきっかけに競馬ファンになった人も多いのではないでしょうか。

「ダビスタ」が初のスマホアプリとして登場

スマホアプリとしてダビスタを発表するのは今回が初。

ダビスタがスマホアプリに挑戦する狙いについて株式会社ドリコムのマーケティング本部スタッフに聞きました。

「ダビスタ経験者にもう1度ダビスタをプレーしてほしいと考えています。昔ダビスタをプレーした30~40代のユーザーは仕事や家庭の事情で忙しくなっているため、通勤の合間などでもプレーできるスマホアプリが良いと考え、版元であるパリティビット様から許諾をいただいて今回配信することになりました。これまでのダビスタのイメージを維持しつつ、レースのスキップ機能を追加するなど、忙しい世代に合わせたゲーム内容になっています。」

そして「ダビスタだからプレーしたいと思っているユーザーは数多くいます。その期待に応える作品をお届けしたいです。」と新作への自信と王道のプライドを感じることができました。

仕事が忙しいダビスタ経験者もスマホで是非プレーしてみてほしいと思います。

競馬人気は下降気味

近年、競馬のファン離れが深刻化しているといわれています。

公益財団法人日本生産性本部のレジャー白書2015によると1997年にはJRA年間馬券売上高は4兆円を超えていました。
この年にプレイステーションで発売された「ダービースタリオン」は173万枚の大ヒット。

その後、JRA年間馬券売上高は2014年には約2兆5000万円まで減少。
WEB金融新聞によると過去30年のサラリーマン平均年収は1997年にピークを迎え、その後減少しています。
やはり競馬人気は景気に左右されるといえるでしょう。

「ダービースタリオン マスターズ」が競馬人気再燃のきっかけになってほしいところです。

根強い人気を誇る対抗馬、「ダービーインパクト」の実績

現在の競馬スマホゲームアプリは「ダービーインパクト」の1人勝ち状態。
「ダービーインパクト」は2016年8月には800万ダウンロードを突破している超ヒット作です。


ダビスタの対抗馬、「ダービーインパクト」の人気ぶりを東京ゲームショウ2016でFULLER社が出展しているスマートフォンアプリ利用動向調査分析サービス『App Ape Analytics』を使って調査してみました。

『App Ape Analytics』は数10万人以上のサンプルユーザーのアプリ利用実績を基に、アプリのユーザー属性(年代別、性別の情報)、アクティブユーザー数(起動したユーザー数)、所持数(端末にインストールされている数)、 そのアプリを所持しているユーザーが他に所持しているアプリ情報などを提供しており、市場のトレンド把握、アプリの企画・マーケティングや広告出稿の最適化などに活用することができます。

まずは「ダービーインパクト」の所持ユーザーの男女年代比を見てみました。

derbyimpact-age
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

30代〜40代の男性が多い傾向となりました。
「週刊ダイヤモンド」によると、90年には平均年齢43・2歳だった競馬ファンの年齢は2012年には54・5歳まで上昇しているそうです。競馬ファンの高齢化が「ダービーインパクト」の男女年代比にも現れる結果となりました。

次に平均起動回数を見てみます。

derbyimpact-average
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
1日あたり平均起動回数:そのアプリを起動するユーザーの一日あたりでの平均起動回数

なんとこの1年でアプリを起動する回数が約2倍になっています。
1日に何度もプレーするコアなユーザーが増加していることがわかりました。

若い世代を取り込むために「ダビスタ」が工夫していること

若い世代を取り込むための工夫を株式会社ドリコムのマーケティング本部スタッフに聞きました。

「キャラクターや今回初のシナリオ導入により、若い世代に支持されるように工夫しています。競馬ゲームが初めての方でも、シナリオを進めていくと自然と進め方が学べるようになっています。まずはダビスタ経験者の方々に楽しんでいただけることが重要ですが、徐々に若い世代にもダビスタを浸透させていきたいと考えています。20年前にダビスタをプレーした多くの人は当時10代や20代だったわけですから。」

まとめ- 強敵、ダービーインパクトに迫ることができるか

公開から3年が経過し、今もなお人気が上昇し続けている「ダービーインパクト」。
ダビスタの新作「ダービースタリオン マスターズ」のサービス開始後、各アプリの利用実績がどのように変化するか、今後も注目していきます。

今回の調査に用いた「App Ape Analytics」 はアプリの男女別、年代別、時間代別の利用実績や同時に所有しているアプリをランキング形式で簡単に見ることができるサービスで、顧客数は6000を突破しています。自社や競合相手のアプリ利用実績調査、スマートフォン市場全体の分析、今後の予測を立てるマーケティング材料としてもお使い頂けます。
Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください。

▼東京ゲームショウ2016関連記事は以下からご覧ください▼
東京ゲームショウ2016注目のゲームアプリ出展ブース速報

【TGS2016速報】「三国天武」、全世界2000万ダウンロード突破! 6wavesの本格化する日本アプリ市場への進出

【TGS2016速報】「入門」の言葉に弱い20代男性。 アプリ名に「入門」を入れるとユーザー層の若年化に効果あり