賞金20億円!? 「e-Sports」のことがざっくり分かるまとめ

ハッシュタグ
0 SHARES

近年海外で流行している「e-Sports」(イースポーツ)というものがあります。時には数十億円もの大金が動くこともある新興分野ですが、そんなもの聞いたことがない、という方も多いでしょう。それもそのはず、日本ではほとんど知られていません。

今回は、一体「e-Sports」とは何なのか、国内外ではどのような違いがあるのか、などについて詳しく解説していきます。

「e-Sports」って何?

初めて知る人も多いであろう「e-Sports」(イースポーツ)とは、ゲームをスポーツとして捉えて表すために生まれた言葉です。

electronic sportsの略語であり、野球やサッカーなどと同じようにゲーマーを“選手”として扱い、競技としてゲームの大会が開催されたりしています。

ゲームのジャンルに制限はなく、格闘やアクション、FPS(First Person shooterの略。主人公の視点で進むシューティングゲーム)、MOBA(複数人によるオンラインバトル)などのオンラインゲームを中心に様々なゲームが「e-Sports」としてプレイされています。

日本では流行していない「e-Sports」

記事の冒頭でも述べたように、海外において「e-Sports」は、賞金に20億円が用意される大会が開催されるなどして話題性も強く一般層にも広く認知されてきていますが、日本ではゲーム好きな人にも全くと言っていいほど知られていません。これはなぜでしょうか。

大きな理由としては、日本と海外のユーザー特性の違いがあります。海外ではFPSやMOBAといったジャンルの対戦ゲームが「e-Sports」としてプレイされることが多く、複雑な操作方法や綿密な戦略を駆使して勝敗を争います。

しかし日本ではFPSやMOBAといったジャンルのゲームが、そもそもあまり認知されていない状況にあります。また、日本のユーザーは複雑な操作を必要とするゲームよりも、簡単で分かりやすくシンプルなゲームを好む特徴が見られます。

また、日本ではゲームをやり込むような人はマニアとして認識されていて、一般の人はスナック菓子を食べることと同じような感覚で、サクッとゲームをプレイするだけのことがほとんどです。

こうしたゲームというもの自体におけるユーザー特性の違いが、「e-Sports」の広がりに顕著な差が表れているようです。

実は日本でもあった高額賞金の「e-Sports」!?

日本ではほとんど流行の兆しが見えない「e-Sports」ですが、実は今年2016年の初めに、まさしく「e-Sports」と言えるようなゲーム大会が日本でも開催されました。

1月に開催されたドワンゴ主催のイベント「闘会議2016」において、賞金のかけられたゲーム大会がいくつも実施されました。その中でも「モンストグランプリ2016 闘会議CUP」では、なんと総額5,000万円もの賞金が用意されて話題を呼びました。

この「モンストグランプリ2016 闘会議CUP」では通常の「モンスターストライク」(以下、モンスト)ではなく、モンストを対戦型ゲームとしてプレイできる「モンストスタジアム」という別のゲームアプリを用いて行われました。

app
App Storeより引用

次の項目では、日本における「e-Sports」の先駆けともなりそうなこの「モンストスタジアム」について、分析していきます。

「モンストスタジアム」をデータで分析

「モンストスタジアム」とは、モンストのプレイヤー情報と同期することで、自分で育てたキャラクターを使って、他のプレイヤーと対戦できるアプリ。基本のプレイ方法はモンストと同じですが、タイムアタック形式の対戦が楽しめます。

ここからは「モンストスタジアム」の詳細なデータを見ながら、アプリの状況について分析していきたいと思います。まずは、MAUを見てみましょう。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

2016年の5月〜6月にかけて大幅にMAUが上昇しています。これは5月に開催されたゲーム内イベントのランキングバトル「熱風の風車杯」が関係していると推測されます。有名YouTuberのHIKAKINなどがプレイヤーチームに参加して、そのチームのゲーム順位を予想する報酬付きイベントも合わせて開催されるなどして、大きな盛り上がりを見せていました。

また、MAU上昇の要因はランキングバトルだけでなく、もう一つ考えられるものがあります。それは「モンストスタジアム」の大会である「モンストグランプリ2016」の開催。これが告知され、応募受付が開始されたのも5月でした。

「モンストグランプリ2016」には、1月に開催された「闘会議CUP」と同様に多額の賞金が用意され、決勝大会で優勝したチームには賞金2,000万円が与えられるというものでした。

「モンストグランプリ2016 」に関連してMAUがアップしたと仮定するならば、日本でも「e-Sports」が広がっていく可能性は、まだあるのかもしれません。

男女比はかなり極端な結果に

次に「モンストスタジアム」の男女年代比を見てみましょう。

demo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

ユーザーはかなり偏っており、男性が約9割で女性は1割ほど。年齢は30代以下に固まっており、男性の40代・50代はゼロです。広く遊ばれているモンストですが、「モンストスタジアム」は対戦型ゲームということもあり、男性人気に寄っているようです。

また、アプリの平均起動回数も見ていきましょう。

kidou
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
1日あたり平均起動回数:そのアプリを起動するユーザーの一日あたりでの平均起動回数

2016年の4月以降は順調に伸びていることが分かります。これは先ほど紹介した大会などが影響してきていたり、ゲーム内イベントをこまめに開催していることが功を奏してきているのでしょう。

まとめ – e-Sportsのこれから –

日本ではまだまだ未開拓の領域である「e-Sports」。今回初めて知ったという方もいるかもしれません。「モンストスタジアム」は、今後この領域の注目株として動向を追っていくべきでしょう。

また、「逆転オセロニア」というオセロゲームは9月18日に開催の東京ゲームショウ2016の“e-Sportsステージ”にて大会「“魅せろ!オセロニアンの戦-2016 in TGS-”」を実施することを発表しています。

まだ地道ではありますが、着実に日本でも動き始めている「e-Sports」。これらを契機としてスマホアプリ界でも「e-Sports」が浸透していくかもしれません。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!