ついにフリルを抜いたラクマ、人気のメルカリとの差は?フリマアプリを比較

ハッシュタグ
0 SHARES

「メルカリ」を筆頭に盛り上がりを見せるフリマアプリ界。今回は、フリマアプリの中でも主要な「メルカリ」・「フリル」・「ラクマ」の3アプリをピックアップして、各データと共に現状を分析していきます。

逆転劇が見られたMAU

まずは、「メルカリ」・「フリル」・「ラクマ」の3アプリのMAU遷移の比較グラフをご覧ください。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

これまでは「メルカリ」が他2アプリに圧倒的な差(6倍以上!)をつけており、続いて「フリル」、「ラクマ」という順序でした。しかし、2016年3月には「ラクマ」が「フリル」を追い越すように数値を伸ばして逆転劇を見せました。

3アプリの中で最も後発である「ラクマ」ですが、唯一販売手数料が無料という利点があり、その認知度が広まってきたことも要因ではないかと思われます。

そして、「フリル」よりも後発であった「メルカリ」がなぜここまでの差をつけているのか。それはやはり、商品のラインナップの幅広さにあるのでしょう。

「フリル」は女性向けで、さらにファッションに特化した商品を取り揃えています。対して「メルカリ」は男女どちらかに偏ることなく、同時に家電や自動車用品などまで網羅していることから、ユーザーの幅広さに強みがあります。

顕著に表れた男女比

次は、それぞれのアプリの男女比をチェックしましょう。

danjo
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合

まずは「メルカリ」。ユーザー層のずば抜けた幅広さは男女比にも影響しており、3アプリ中で最も男女半々の割合に近い結果になっています。

「フリル」は、女性向けに特化したサービス内容になっていることもあり、女性が77.6%を占めています。

「ラクマ」は、「メルカリ」と同様に男女がおよそ半々に近い結果に。商品ラインナップも「フリル」よりかはジャンルが広いので、こうした様相になっているようです。

男女年代比からユーザー像を分析

男女全体の比率を見てきましたが、年代別の詳細なデータを参照しながら、ユーザー層をより詳しく分析していきましょう。

demo-mercari
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

男女年代比についても、良くバランスが取れているのは「メルカリ」。年代間の比率差が最も小さくなっています。老若男女とまではいかないかもしれませんが、若者から大人、学生から社会人まで様々なユーザーがいるのでしょう。

demo-rakuma
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

「ラクマ」も「メルカリ」に近いグラフの形となっています。30代の女性が一番多いことから、主婦層のユーザーに受け入れられているようです。

demo-fril
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

そして、ここでも特徴的なのが「フリル」です。ファッションに敏感な20代女性が多いことは理解しやすいかと思いますが、20代男性が0%となっており、かなり振り切っているようにも思えます。

ただ、今回の3アプリ中で最も規模が小さくなっており、MAUでは「ラクマ」に抜かれてしまっていることも含めると、今後はさらなる男性層の取り込みも、視野に入れていく必要があるようにも感じられます。

まとめ- メルカリ追撃の戦略とは –

フリマアプリでは王者となっている「メルカリ」に対し、それまで女性限定だった「フリル」は男性利用も解禁しました。しかし、まだまだ男性層の伸びには余地があるように思われるので、新たな施策に期待したいところです。

また、「ラクマ」は人気女優の本田翼さんを起用したTVCMを放送したりと、認知度の拡大に務め、結果的には「フリル」を追い抜くまでに成長。この勢いをどこまで強められるかに、今後が懸かっていると言っても良いかもしれません。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!