やっぱり最近の若者は「意識高い系」が多い? 有料ニュースアプリから見える意外な年代別意識の違い

ハッシュタグ
0 SHARES

「意識高い系」という言葉をネットでよく目にすることがあります。

一見、褒め言葉のように思えますが、過剰な自己アピールで自身を演出しても中身が伴っておらず、周囲からは自分が思っているほど「意識高い人」だと評価されていない人のことを「意識高い系」と呼ぶそうです。

もともと自己アピールが激しすぎる就活生を揶揄するネットスラングとして生まれたと言われています。

「意識高い系」はどのくらい存在するのでしょうか。株式会社オウチーノの調べによると、なんと20代〜30代の48.8%が「意識高い系」だと言われています。

また、株式会社ジースタイラスの調べによると新卒採用担当者の32%が「学生の質や意識が低下していると感じる」と答えています。

最近の若者は本当に「意識高い人」ではなく、単なる「意識高い系」が多いのでしょうか。

若者の意識の高さを調査するために、Fuller社が提供しているスマートフォンアプリ利用動向調査分析サービス『App Ape Analytics』を使って若者と高齢者の利用しているアプリを比較しました。

『App Ape Analytics』は数3万人以上のサンプルユーザーのアプリ利用実績を基に、アプリのユーザー属性(年代別、性別の情報)、アクティブユーザー数(起動したユーザー数)、所持数(端末にインストールされている数)、 そのアプリを所持しているユーザーが他に所持しているアプリ情報などを提供しており、市場のトレンド把握、アプリの企画・マーケティングや広告出稿の最適化などに活用することができます。

今回の調査(2016年9月6日時点)では年配者より高い若者の「意識」を見付けることができました。

無料ニュースアプリは40代以上の所持率が高い

まず、Google Playランキングの無料「ニュース&雑誌」ジャンルで常に上位にランキングしている「Yahoo!ニュース」「スマートニュース」を所持しているユーザーの男女年代比を見てみました。

image1_2
  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

男女ともに40代以上の所持率が高くなっています。やはり、10〜20代の若者はニュースへの関心も低いのでしょうか。

有料ニュースアプリは意外にも若者に支持されている

続いて新聞社がサービスを提供している有料ニュースアプリを所持しているユーザーの男女年代比を見てみました。

調査対象としたアプリは「日本経済新聞 電子版」と「朝日新聞デジタル」の2つ。

「日本経済新聞 電子版」は月額4200円(紙媒体購読時は月額1000円)で総会員数は300万人以上、有料会員約45万人、無料会員は月10本まで有料記事の閲覧可能です(2016年2月時点)。

「朝日新聞デジタル」は月額3800円(紙媒体購読時は月額1000円)、総会員数は約230万人、有料会員約24万人、無料会員は1日3本まで有料記事の閲覧が可能となっています(2015年10月時点)。

この2つのアプリを所持しているユーザーの男女年代比を見てみました。

images3_4
  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

意外にも新聞社のアプリは若者の所持率が高いということが分かりました。

「日本経済新聞 電子版」は20代男性の所持率が最も高く、就職活動中の学生や若手社員が企業や経済についての情報を得るために多く利用していると考えられます。

「朝日新聞デジタル」は男女10代の所持率が全体の3割を超える結果になりました。大学通信の調べによると入試問題に新聞記事を利用した大学のうち、42%が朝日新聞の記事を利用した実績(2位は日経新聞の21%)があり、大学受験を控えた高校生が性別を問わず多く利用してることが影響していると思われます。

30代以上の所持率が低くなった原因として紙媒体で新聞を購読しているケースが多いことが考えられますが、今回の調査結果から10〜20代の「スマートフォンで質の高いニュースを読みたい」という意識は30代以上よりも高いと言えます。

有料ニュースアプリのユーザーは効率重視?

先に紹介した4つのニュースアプリで同時に所持しているアプリのランキングを比較したところ、トップ50の中に含まれるニュース&雑誌ジャンルのアプリ数は以下のような結果となりました。

  • スマートニュース 10個
  • Yahoo!ニュース 9個
  • 日本経済新聞 電子版 2個
  • 朝日新聞デジタル 1個

有料ニュースアプリを所持しているユーザーは他に所持しているニュース&雑誌ジャンルのアプリが少ないことが分かります。

有料ニュースアプリのユーザーは知りたい情報を少数のアプリで効率良く入手することに成功していると言えるかもしれません。

40代以上の男性に見える「無料」にこだわる意識の高さ

新聞や雑誌に関するアプリの利用実績調査を進めていると、50代以上の男性は無料で新聞が読めるアプリの所持率が非常に高いことが分かりました。

images5_6
  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

一方、40代男性は無料で雑誌が読めるアプリの所持率が高くなっています。

images7_8
  • [データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
  • 男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

新聞・雑誌を無料で読もうとする意識は若者よりも高齢者の方が高いと言えるかもしれません。

まとめ- ニュースアプリから見えた年代別意識の違い

今回の調査結果では10〜20代の若者は有料ニュースアプリを効率よく使い、40代以上は無料で情報を収集する傾向が見られました。

今回の調査に用いた「App Ape Analytics」 はアプリの男女別、年代別、時間帯別の利用実績や同時に所有しているアプリ情報をランキング形式で簡単に見ることができるサービスで、顧客数は6000を突破しました。Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください。