【速報】プロ野球日本シリーズ、AbemaTVで生中継!気になる視聴回数は?

ハッシュタグ
AbemaTVのMAU
0 SHARES

SMBC日本シリーズ2016(7回戦制)は27日、札幌ドームで第5戦が行われ、日本ハムは9回2死から西川が劇的サヨナラ満塁弾を放ち、対戦成績を3勝2敗として2006年以来10年ぶりの日本一へ王手をかけました。

日本シリーズ2016の生中継はテレビ朝日が第3、5、7戦を生中継しますが、AbemaTVでもこの3戦を生中継します。iPhone(アイフォン)に機種変更してワンセグが見れなくなってしまった、そんな方もAbemaTVを使えば帰宅中の電車で生中継を無料で楽しむことができます。

AbemaTVではオリジナル実況、解説を提供しており、実況は第3戦、5戦が加藤暁、第7戦がザック生馬。ゲストはゴッホ向井ブルーと、第3、7戦が田中雅美、第5戦が宮崎美穂(AKB48)と豊富なタレントを揃えています。

第3戦が行われた10月25日、第5戦が行われた10月27日のAbemaTV視聴回数は以下のようになっています。

10月27日視聴回数ランキング 10月25日視聴回数ランキング

abema-shicho
AbemaTVより引用

いずれもプロ野球日本シリーズが視聴回数で1位となりました。10月29日のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島での第6戦、チケットは既に完売状態。広島カープが第6戦をホームで勝利を飾り第7戦に持ち込むのか、それとも日本ハムが10年ぶりの日本一を決めるのか、注目が集まります。

驚異的人気のAbemaTVの凄さ

「インターネットテレビ局」という全く新しいスタイルの動画サービスとして地位を確立しつつあるAbemaTV。

10月5日〜7日に幕張メッセで開催されたCEATEC JAPAN 2016で、NHK放送研究所の村上圭子氏が講演の中でインターネットテレビ局として驚異的なスピードで人気が上昇しているAbemaTVの好調の裏付けとなるデータとしてアプリ分析ツール「App Ape」のデータをご利用いただきました。

murakamisan

村上圭子氏の講演記事はこちら

【CEATEC JAPAN 2016】NHKがApp Apeのデータを使ってAbemaTVの驚異的人気を紹介!テレビ、ネット同時配信実現の鍵はRadikoの成功例

AbemaTVの人気をアプリの利用実績から分析してみましょう。今回は「niconico(ニコ動・ニコ生)」、「GYAO!」の2つを比較対象として分析しています。まずはMAUを比較してみます。

abematv-mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

2016年6月には「GYAO!」のDAUを追い越し、その人気は衰えを見せておらず、国内最大級の動画配信サービス「ニコ生」ことニコニコ生放送に迫る勢いです。次に所持しているユーザーの男女比を比較してみましょう。

gendar
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合

他の2つのアプリに比べるとAbemaTVは男性比率が高いと言えます。AbemaTVの男女年代比は以下のようになっています。

gendar-age
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

男性の比率が高いとはいえ、女性においても幅広い年齢層に支持されていることが分かります。

まとめ

スタートから半年弱で900万ダウンロードを突破し、インターネットテレビのジャンルを確立しつつあるAbemaTV。テレビ朝日と連携することで今後さらにサッカーや野球の中継に力を入れていくことが予想され、目が離せません。

今回の調査で用いた「App Ape」では、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

AbemaTVの関連記事
AbemaTVとLINE LIVEのユーザー層の違いを比較してみた
AbemaTV 、リリースから3ヶ月でMAUでdTV越え
200万DL突破の「AbemaTV」は意外な年代にウケていた!

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。