SNOWの人気が止まらない! その秘訣は“LINEログイン”にあり?

ハッシュタグ
0 SHARES

日本の若者の間で大ヒットしているカメラアプリ「SNOW」(スノー)。最近では知名度がグンと上がり、巷で見かけることも多くなってきています。

今回は、そんな「SNOW」のヒットの要因を改めて探っていきます。元々は韓国から火が付いたこのアプリですが、日本でここまで広がってきたのはなぜでしょうか?

「SNOW」についておさらい

app
App Storeより引用

まずは改めておさらいを。「SNOW」(スノー)とは、可愛いスタンプを合成して写真・動画が撮影できるカメラアプリです。

特に“顔認識スタンプ”とも呼ばれるスタンプが特徴的で、Snapchatなどを利用したことがある人にはおなじみかもしれませんが、顔認識を使って自動で顔にデコレーションを付けてくれるもの。被写体が動いてもキレイに合成してくれるので、バーチャルの仮面を被ったような状態で写真・動画が撮影できるのです。

今年の春から人気沸騰

「SNOW」は、元々韓国のスタートアップ企業によって本国でリリースされ、2015年後半に日本でもリリースされました。そして、今年に入ってから若者の間で大ヒット。

人気の上昇ぶりを証明するように、そのMAUもかなり大きな規模になってきています。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

具体的なMAU実数値はApp Ape Analyticsをご利用頂くことでご覧頂けます。

芸能人の利用がヒットの要因?

商品のPRにはやはり有名人を起用するのが常套手段。「SNOW」は数々の有名人・芸能人にも利用されており、そのとっつきやすさもあって日本でヒットをしたと言えるでしょう。

その中で、最近だと女優・松嶋菜々子さんが「SNOW」を使った写真をブログに投稿したことが話題になりました。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160920/Narinari_20160920_39831.html

このように偶発的に、いわゆる口コミ的手法で広がっているのも事実。「SNOW」は見た目にかなりのインパクトがあるので、加工した写真や動画をこのようにブログやSNSに投稿することで、知らなかった人からは反響を得られる確率が高いのかもしれません。

LINE IDでのログイン方法が肝だった!

先ほど、「SNOW」のMAUがかなり高い数値になってきている旨をお伝えしましたが、それは日々アプリを利用するユーザーが多い証拠です。そこで、ユーザー増加のキーポイントは何なのかを探ってみたところ、ログイン方法について注目してみました。

「SNOW」はアプリを利用するためにログインが必要です。ログイン方法は、LINE ID、Facebookアカウント、メールアドレスという3つがあります。ここで重要なのは、ログイン方法の見せ方です。

アプリを最初に起動すると「LINE IDでログイン」と「他の方法で登録する」という2つの選択肢が表示されます。Facebookとメールアドレスでのログインは、「他の方法で登録する」を選んだあとに初めて表示されるようになっています。

これだとユーザーは「LINE IDでログイン」を選ぶでしょう。現在ではLINEの普及率はかなりのものなので、LINE IDを持っている人も多い。そして、わずか数タップでログインが完了できるので初心者にも優しく、すぐにアプリを使い始めることが可能です。

この工夫が若年層のハードルを下げていることは間違いなさそうです。それはアプリの男女年代比を見るとよく分かります。

gendar-age
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

特にスマートフォン世代であろう10代の女子にとっても、このハードルの低さはピッタリ。これもヒットの大きな要因と言えるでしょう。

まとめ – サインアップのハードルを下げよう –

アプリを初めて使う人にとっては、ユーザー登録というのは大きな壁になります。たくさんの登録項目があると、アプリを使う前に離脱していまう人も少なくありません。

アプリの知名度を上げるということも重要ですが、広告宣伝をしてみてもなかなかユーザーが増えない、というときには今一度アプリの入り口から振り返って検証してみることが重要です。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!