6秒動画「Vine」は8割以上が使っていない!?Twitterによるサービス終了までの国内動向を3年分調査

ハッシュタグ
0 SHARES

ツイッターが動画アプリ「Vine」を閉鎖へ

Twitterは27日、スタンドアロンのビデオ共有アプリ、Vineのサービスを終了することを発表しました。

VineとはTwitter公式のサービスで、6秒間の動画を作ってSNSなどにアップできるアプリです。

簡単な動画から、シーンを変えて4コマ漫画的にストーリーを展開した動画、始めと終わりがつながるように撮影したエンドレスな動画がなど、さまざまな動画が投稿されています。

簡単に撮影ができて、気軽に投稿できることから、全世界で人気を博しましたが、最近では他の類似アプリの人気に押され、アクティブユーザーの減少が目立っていました。

現在のアクティブユーザーの状況は?

9月現在のMAU男女比(月に1回以上アプリを起動したユーザーの男女比)推移を見ていきます。

danjo-1
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
男性(女性)比率: そのアプリの対象期間における所持ユーザーに占める男性(女性)の割合

84.7%のユーザーがアクティブにしていないという、低調な結果となっています。更に、同じデータをさかのぼると、約半年前からインアクティブ率が80%を超え、回復していないことも分かりました。

Vineの栄枯盛衰

次に、過去三年分のMAUの推移を見てみましょう。

mau-1
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

2012年にTwitterがVineを買収し、右肩上がりだった人気は、日本国内では2015年3月にピークを迎えました。

しかし、その後アクティブユーザー数は下降傾向にあり、2016年9月にはピーク時の半分以下まで減少していることが分かります。

VineとInstagram、MixChannelの比較

同じ動画投稿アプリのライバルであるInstagram、MixChannelと、Vineのアクティブユーザー数を比較してみます。

mau_hikaku
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

やはりInstagramが圧倒的なアクティブユーザー数を誇っています。

次に、大きく差が開いてMixChanneが続き、Vineは3者の中では最下位に甘んじた状態が続いています。VineのMAUはMixChanneの約1/3という結果になりました。

まとめ – 動画投稿アプリの競争激化の波 –

データにも示されているように、Vineのシェア低下には歯止めがかからなくなっています。

これは、説明不要のInstagramや、後発のMixChannelなど、便利で簡単な競合アプリに押されているだけではなく、Twitter自体も、ループする短いビデオを共有するVineより、ライブ・ストリーミングのPeriscopeに力を入れていることも影響しているのかもしれません。

一時はiTunes App Storeで無料アプリの1位になったこともあるVineですが、業界は常に激しい競争の波に晒されており、‘安泰’という地位を継続するのは至難の業といえるでしょう。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは 各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!