Android版「Apple Music」、日本ではどうなの? 〜グローバルでは1000万DL突破〜

ハッシュタグ
0 SHARES

Appleが提供する音楽ストリーミングサービスといえば、「Apple Music」のこと。iPhone版の開始後、2015年11月よりGoogle Play ストアでもアプリの配信が開始されました。

それから約1年間を経て、Android版アプリはグローバルで1,000万ダウンロードを突破したことが発表されました。ただ、日本に絞った情報などは各メディアにあまり出ていません。

そこで、今回はAndroid版「Apple Music」の日本における現状を探っていきたいと思います。

今年に入ってから所持数が激増!

まずは、Android版「Apple Music」アプリの所持ユーザー数を見ていきましょう。

pos
[データ元: (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

アプリの配信開始から今年の5月までは、ほぼ横ばい状態が続いていました。ところが、6月以降からは急伸し、前月の倍以上の伸びを見せています。直近の9月では、4月時点から約9倍の成長。

なぜ、ここまで所持ユーザー数が増加したのか。Android版は、iPhone版にはない機能(音楽データをSDカードに保存できる機能など)やギフトカードなどもあり、そうした特徴なども合わせて認知度が高まってきたことが要因の一つでしょう。

またAndroid版「Apple Music」は、6月にデザインを含めた大型のアップデートを行いました。これも要因の一つとして考えて良いのかもしれません。

そして、実を言うと今年8月まではアプリはBeta版として配信されていました。そして、ようやく正式版としてアップデート・リリースされたのが8月だったのです。これによってリリース情報が拡散し、ダウンロードに繋がったのではないかと考えられます。

MAUは半年で6倍増

次はMAUを見てみましょう。

mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

今年春ごろを境に大きく波打ったグラフになっています。そんな中、直近9月には過去最高値を叩き出しています。谷であった3月と比べると約6倍増です。8月には若干落ち込んでいますが、これは先にも述べたように、正式版のリリースに当ってユーザーの入れ替わりが起こったのではないかと思われます。

ユーザー層は男性が優位

ここからは、ユーザー層を確認するためにアプリの男女年代比をご覧ください。

age-gendar-mau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

全体では男性7割、女性3割という比率に。メインのユーザーは40代男性のようで、次いで10代男性となっています。年代ごとに見ると比較的バランス良くユーザーが存在しているようです。

同時所持アプリから見るユーザーの趣向

次は、同時所持アプリをチェックしてみます。

douji
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
同時所持:対象アプリと同時に所持されているアプリ

「Microsoft Office Mobile」や、「Chrome リモート デスクトップ」などが入っており、Appleユーザーとはまた違った趣向を持ったユーザーが多いことが分かります。おそらくWindowsPCを使っているユーザーが多いのではないでしょうか。

まとめ – プラットフォームを超えた施策 –

いかがでしたでしょうか。これまで自社のプラットフォーム以外への進出はほとんど行ってこなかったAppleでしたが、対抗馬であるGoogle Playから自社アプリを配信するなど、動き方が従来と変化してきています。

運営体制の変化も要因として挙げられますが、こうした動きの結果が少しづつ出始めていると言ってもいいでしょう。ただ、Android版「Apple Music」のアクティブユーザーは約4万弱という現状なので、これが今後どのように変わっていくかにも注目しておきたいところです。

今回の調査で用いたApp Ape Analyticsでは、各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!