サイバーエージェント、過去最高の売上高と営業益!スマホゲームでガンホーを抜く

ハッシュタグ
サイバーエージェントゲームアプリ比較
0 SHARES

インターネット広告事業とゲーム事業が好調

サイバーエージェントが27日、2016年9月期(15年10月~16年9月)の通期決算を発表しました。売上高3106億円(前期比22.1%増)、営業利益も367億円(12.3%増)と、売上高と営業利益が過去最高となりました。けん引したのはインターネット広告事業とゲーム事業。今回は、特にゲーム事業についてMAUを調査してみます。

代表的な3ゲームが上昇中!

まずは、「アイドルマスター」、「グランブルーファンタジー」、「シャドウバース」の三大人気ゲームの所持ユーザー数とMAUの遷移比較を見てみましょう。

アイドルマスター、グラブル、シャドウバースアプリの所持ユーザー数比較
アイドルマスター、グラブル、シャドウバースアプリの月間利用者数推移
[データ元: (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

3ゲーム共に、順調に右肩上がりの所持ユーザーとMAUになっています。特に6月以降、3ゲームが競うように実績を伸ばしています。

シャドウバースが抜群の存在感

続いて、3ゲームの中でも特に急成長しているシャドウバースについて、その強さを見ていきます。

まずは9月のMAU男女比を見てみると、インアクティブのユーザーは9.4%、実に所持ユーザーの90%以上がシャドウバースをプレイしていることが分かります。

更に、10月のgoogle playランキングを見てみましょう。

アイドルマスター、グラブル、シャドウバースアプリのGooglePlayランキング推移
[データ元: Google Play公開データをApp Ape Analyticsで集計 ]

10/27現在、全アプリの中で17位という高順位。カードゲームの中では堂々の一位。10/9には、全ゲームアプリの中でも一位という記録を残しました。好調なサイバーエージェントのゲームアプリの中でも、特にシャドウバースが売上をけん引していることが分かります。

まとめ -今後もサイバーエージェントに注目! –

App Ape Labで何度も特集しているAbemaTVのサービス開始など、常に挑戦を続けるサイバーエージェント。

この一年は、ゲームアプリという柱の成長が好調の原動力になったようです。今後も、サイバーエージェントの各種サービスの動向に注目です。

【AbemaTVの関連記事】
【速報】プロ野球日本シリーズ、AbemaTVで生中継!
【CEATEC JAPAN 2016】NHKがApp Apeのデータを使ってAbemaTVの驚異的人気を紹介!テレビ、ネット同時配信実現の鍵はRadikoの成功例
AbemaTVとLINE LIVEのユーザー層の違いを比較してみた
AbemaTV 、リリースから3ヶ月でMAUでdTV越え
200万DL突破の「AbemaTV」は意外な年代にウケていた!

今回データを用いた、「App Ape」では 各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。