トランプ就任がスマホアプリに与えた影響は?News Picksのユーザーが急増

ハッシュタグ
0 SHARES

大統領選挙はアプリ利用実績にも大きく影響

多くのメディアの予想に反して、不動産王ドナルド・トランプ氏の勝利に終わったアメリカ大統領選挙。このニュースは、アメリカ国内だけでなく世界中で注目され、日本でも株価や為替に短期的な影響を与えました。

今回は、アメリカ大統領選挙のあった一週間に注目し、このニュースに深く関係していると思われるアプリについて、DAUの変化を分析してみました。

株や為替のアプリへの影響は

アメリカ大統領選挙の直前の各候補のスキャンダル報道や、当日の開票速報、そしてトランプ氏就任後の挨拶など、選挙関連のニュースが伝えられる度に、報道番組では経済指標の動きを報じていたことは記憶に新しいところです。
まずは選挙前後のドル/円相場と日経平均株価を見てみましょう。

【為替相場(ドル/円)】

%e7%82%ba%e6%9b%bf%e7%9b%b8%e5%a0%b4

【日経平均株価】

%e6%a0%aa

やはり選挙の前後では、為替相場や株式の乱高下が見られます。これに対して、株や為替のアプリはどう反応しているのでしょうか。

代表的な証券アプリ「HYPER株アプリ」「Yahoo!ファイナンス」「iSPEED 株取引・株価・投資情報」についてDAU(1日に1回以上アプリを起動したユーザー数)比較を見てみます。

%e8%a8%bc%e5%88%b8%e3%82%a2%e3%83%97%e3%83%aa_dau%e6%af%94%e8%bc%83
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

「Yahoo!ファイナンス」のアクティブユーザー数は大統領選挙のあった日本時間の9日にピークを迎えています。その後、土日を挟んだ後もDAUは増加しており、為替、株式市場への関心が非常に高まったことが分かりました。

News Picksの利用実績にも大きく影響

続いてニュースアプリについてもDAUを出してみました。やはりこの期間は、ニュースのチェック頻度も多くなっていたのでしょうか。今回はビジネスや経済ニュースに特化した「News Picks」の利用実績を調査しました。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9_dau

トランプ氏の就任が決まった9日にDAUはピークを迎えています。前日の8日と比較すると約1.4倍のユーザーがアプリを起動したことが分かりました。

次にHAUも調査してみました。HAUはアプリを起動したユーザー数を時間帯別に表したものです。

%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%94%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9_hau
[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
HAU(Hourly Active User):そのアプリの対象期間における、時間帯ごとのアクティブユーザー数であり、その時間に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

開票直後のクリントン氏優勢から一転し、トランプ氏の逆転が伝えられた日本時間の正午ごろにこの日のピークを迎え、さらにトランプ氏の勝利宣言が行われた17時から18時にかけて二回目のピークを記録しています。

「News Picks」のユーザーは経済や世界情勢に敏感に反応していることが分かりました。

まとめ -ビッグニュースはアプリの利用に大きく影響-

一年以上に渡って繰り広げられたアメリカ大統領選挙の熱狂については、海を越えた日本でも大きく報じられ、たいへん高い注目を集めました。これが最も盛り上がった一週間で、直接的・間接的に関係するアプリも必然的にアクティブユーザー数が伸びたのかと推測できます。今後も、ビックニュースの際には、その注目度とアクティブユーザー数の相関関係を調査してみたいと思います。

今回データを用いた、App Ape Analyticsでは 各アプリの男女年代比率、MAU、DAU、時間帯別アクティブ率…等を調べることができます。 Free版(無料)もございますので、是非お気軽にお試しください!まずは下の動画をチェック!