ポケモンGO、金銀ポケモン追加の影響は?ユーザーのアクティブ動向を探る!

ポケモンGOアプリの分析
0 SHARES

すっかり定番アプリとして認知されたと言っても過言ではない「ポケモンGO」ですが、去る3月22日ごろにアプリの大幅アップデートが実施されました。

今回は、そのアップデート内容とそれに伴うユーザーたちの動きについて分析していきます。

大幅アップデートの内容

今回のアップデート内容の目玉は、「ポケストップに7日連続で訪れると、進化アイテムが必ず入手できる」というもの。

2月のアップデートでは「金銀」シリーズのポケモンが登場し、合わせて新たに「進化アイテム」も実装されていました。この時点では、「進化アイテム」はかなりの低確率でポケストップから入手できる、という状態でしたが。しかし今回のアップデートによって、7日連続でポケストップを訪れることでデイリーボーナスとして確実に1個は「進化アイテム」を入手できるようになり、ユーザーからも“神アプデ”と言われ高評価でした。

ユーザーのアクティブ率はどう変わったか?

続いては、アプリの分析をしていきましょう。先ほどのアップデートによって、ユーザーたちがどのように動いたのかを見ていきます。

ここで注目すべきポイントはDAU(1日あたりのアクティブユーザー数)。22日以降と以前を比べてどのように変化したのかを早速チェックしましょう。

ポケモンGOアプリアップデート前後の日別利用者数の推移

アップデート前までは、ゆるやかに下降気味だったDAU。ところがアップデートによって目に見えて分かるほど、22日から23日にかけてグラフが上昇しています。

その後は若干落ち着きを取り戻していますが、ピンポイントで効果はあったと見るのが良いでしょう。

アップデートでアクティブを促す

スマートフォンアプリ、特にゲームにおいてはアプリのアップデートに関心が多く集まります。新機能の追加などに際しては評価が分かれることもありますが、それをトリガーとしてアプリのアクティブを促すことができます。

ユーザーにとって有益なアップデートを行うことによって、アプリの評価も上がりアクティブ率も上がる。基本的なことですが、これを徹底できているアプリは大手ゲーム会社のものでも、数少ないかもしれません。

まとめ – アクティブの底上げが肝 –

いかがでしたでしょうか。世界中で人気の「ポケモンGO」ですが、その知名度に甘んじることなく、アプリの改善に徹していることが分かりました。

現時点でどれだけ人気のアプリでも、手を抜いてしまえば途端に落ち込んでしまうのが業界の常。ユーザーに向けてどれだけ貢献できるかが、今も昔も重要なポイントであることは変わらないようです。

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。