【最新版】Instagram(インスタ)男性ユーザーが激増、投稿にベストな時間は?

ハッシュタグ
0 SHARES

SNSの中でも急速に利用者を増やしているのが「Instagram」です。写真や短い動画投稿に重点を置いたツールになっており、自分で撮影したものに短いコメントを付けるのが主流のスタイルとなっています。

Instagramでは日常の風景やご飯の写真などさまざまな写真が投稿されています。その中でもファッションやコスメに関する投稿も目立ち、女性が多く使っている傾向にあります。しかし、2017年に入ってから徐々に利用ユーザー層に変化が見え始めているようです。そこで、今回はInstagramにおけるユーザー動向と共に、どの時間帯に使われているのか解析していきましょう。

去年のInstagramのユーザー層 2016年6月

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

上の図は2016年6月時点でのInstagramの男女年代比率です。同アプリは写真や動画投稿に特化したSNSで、女性が多く使う傾向にありました。実際、2016年は圧倒的に女性が多く、男性ユーザーよりも約10%は多く利用していたようです。

Instagram自体が写真に特化しているのが理由としては大きいですが、それに併せてモデルや芸能人がおしゃれな写真を投稿していることも大きな理由でしょう。著名人が使っているアイテムやオフショットを簡単に見れる点が女性に受けていると考えられます。

また、ファッションに精通している人が「G.U.」や「ユニクロ」を使ったいわゆるファストファッションのコーディネートを投稿していることがあり、それを見るために利用している人もいます。Instagramでユニクロを使ったコーディネートを紹介した投稿は、出版化されるほど注目されたケースがあります。こうしたコーディネートの投稿に人気が集まる点を見ても、女性が利用者の中心になるのもわかるでしょう。

2017年には男性ユーザーが女性ユーザーを超える

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

多くの女性が利用しているInstagramですが、最近では利用者層に変化が出てきました。上のグラフは2017年4月時点での男女年代比率を示しています。2017年4月では男性比率が女性比率を上回る結果になりました。どちらの性別でも20代から30代の人が多く利用している傾向に変わりはありません。どちらの層もInstagramを利用している有名なユーザーを閲覧したいことが、1つの理由になっていると思われます。

また、最近では婚活・恋活アプリとInstagramが連動していることが多々あります。男性が恋活アプリなどを利用する際にInstagramを選び、相手がどのような写真を投稿しているのか確認するために使っていることも考えられます。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
時間帯別アクティブ率:一日にアプリを起動したユーザーのうち、各時間帯に起動しているユーザーの割合。平日、休日別で月間の平均値を示しています。

メインユーザーはいまだ30代女性

2017年4月には男性利用者の伸びが目立つ結果となりましたが、未だに30代女性が多い傾向にあることは変わりないようです。女性利用者数の約3割程度が30代女性となっており、20代女性の割合よりも多くなっている結果となりました。この結果は2016年と変わらない数値となっており、今後もしばらくは変化がないことが予想されます。これに対して男性は20代と30代でほぼ利用率に変化はないようです。

Instagramのベストな投稿時間帯とは

上のグラフは2017年4月時点の時間帯毎のアクティブユーザーの平均値を示しています。グラフによると、Instagramでは現在のところ夜の9時がピーク時間となっています。これは写真の投稿に止まらず、利用者層の中心である30代女性が家事や仕事終わりに閲覧していることに関係していると思われます。また、男性利用者についても同じく20代から30代男性に利用者が多いところを見ると、仕事終わりやリラックスできる時間帯に利用していると考えられます。

Instagramが使われている時間を解析してみると、2番目に使われているのが昼の12時、3番目に朝の7時に使われているのがわかります。この時間帯をなぞってみても、社会で働いている30代男女の一般的な生活スケジュールと似通っているように思われます。写真や動画を投稿して反応が欲しい場合は、この2つの時間帯が狙い目となります。

反対に、夜中の12時から4時の間はほとんど利用者がいないようです。グラフで見るとピーク時とは真逆の形になっているところを見ると、この時間帯に何か投稿しても反応は少ないと考えたほうがいいでしょう。

まとめ~Instagramが今後SNSの主流となる可能性大~

今回はInstagramの利用者層の変化や投稿時間のピークについて紹介しました。その結果としては

・最新データでは20~30代の男性利用者が増加傾向にある。
・Instagramの利用者は30代女性が圧倒的に多い。
・Instagramの利用ピーク時間帯が21時という点から見ても、仕事を持つ20~30代の男女が使っていると予想できる。

以上のことがわかってきました。Instagramの利用者層が30代女性だけでなく男性も増えていることを考えると、今後のSNS事情が大きく変化することが予想されます。今後もInstagramの動向は逐一チェックしていく必要がありそうです。