初音ミクとコラボでユーザーがたった3日で3倍に~人気ゲーム「#コンパス」IPコラボの成果を検証

ハッシュタグ
#コンパスアプリと初音ミクのコラボ
0 SHARES

2016年12月のリリースから7ヶ月で300万ダウンロードを達成した「#コンパス」、その大ヒットの火付け役となったのが今年4月に開催した「初音ミク」とのコラボだと言われています。

今回は初音ミクとのコラボイベントの成果を「App Ape」によるアプリ利用実績データから分析していきます。

「初音ミク」コラボ効果でDAUが4倍に

まずは日間利用者数(DAU)の変化をコラボ企画実施の前後で比較してみました。

「#コンパス」の日間利用者数(DAU)の変化

#コンパスアプリの日間利用者数推移
[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

4月27日にコラボイベントを開始し、3日目にはDAUが3倍に急増、ゴールデンウィーク期間終了後もDAUは高い水準をキープし続けました。

その後、初音ミクコラボ企画終了日の5月20日に向けてDAUがさらに増加、5月21日にはコラボイベント実施前の約4倍のDAUを記録し、App Ape調べによるとDAUランキングでアクションゲームジャンルのTOP10入りを果たしました。

休眠ユーザーは約10%減少、ヘビーユーザーは約1.5倍に

次に利用頻度別ユーザー数を見てみましょう。

#コンパスアプリの利用頻度別ユーザー数の推移
[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

4月から5月にかけて月間利用者数(MAU)は1.8倍に増加、ライトユーザーとヘビーユーザーは約1.5倍、ミドルユーザーはなんと3.8倍に増加しました。

さらに休眠ユーザーも10%減少しています。

初音ミクとのコラボイベントでは新規ユーザーの獲得だけでなく、休眠ユーザーの引き戻しにも大きな効果があったと言えるでしょう。

コラボイベント終了後の6月になると、休眠ユーザーは若干増加する傾向にあったものの、ヘビーユーザーの割合が全体の22.5%までに急増。

コラボイベントをきっかけにプレー頻度が増えたユーザーが数多くいたことを裏付けています。

ストリートファイターとコラボでさらにユーザーを伸ばせるか

本日、カプコンの超人気格闘ゲーム『ストリートファイターV』のキャラクターが登場するコラボのイベントが発表されました。

コラボの詳細は7月23日(日)20時から「#コンパス」の「ニコニコ生放送」で発表されます。

『#コンパス』×『ストリートファイターV』コラボ企画
[『#コンパス』×『ストリートファイターV』コラボ企画

このイベントをきっかけにさらにユーザーが増加することが予想されます。

今後、イベントの効果を「App Ape」のデータを使って検証していきますので乞うご期待ください。

アプリの利用ランキングや他のアプリのアクティブユーザーの動向などを知りたい方は、お気軽にこちら からApp Apeの無料版をお試しください。

プロデューサーが明かす「#コンパス」の開発裏話〜企画書なし、niconico文化をダイレクトに注入

App Apeはアプリのデータを毎日更新しています。

App Apeは、蓄積するスマホアプリのユーザーの利用データからマーケティングやビジネスの施策のヒントを発見するためのSaaSです。

日間利用者数(DAU)、週間利用者数(WAU)、月間利用者数(MAU)の各ランキングや各アプリの時間帯別利用率、性年代別割合、1日あたりの起動回数、同時所持率が高いアプリ一覧などををいつでもPCやスマホから確認できます。

マーケティングやビジネスのヒントについて新たな視点や切り口で情報が欲しい方、App Apeをもっと詳しく知りたい方はこちらからお気軽にお問い合わせください(お問い合わせにはApp Apeの無料登録が必要となります。登録は1分程度で完了します)。

アプリ市場の動向をメールでお知らせ

最新の市場動向をまとめたレポートや最新記事、App Apeイベント情報をお届けします。ぜひご登録ください。