2017年上半期MAUランキング(ファイナンス編)、カード系と銀行系のアプリユーザー層は?

0 SHARES

フラー株式会社が開発したアプリ分析ツール「App Ape」で独自に集計した、2017年上半期の月間利用者数(MAU)ランキングのファイナンス編です。順位の入れ替えがあったものの、上位のアプリの顔ぶれは変わらず安定した支持を集めました。それでは、MAUランキング・ファイナンス編の発表です!

TOP3の顔ぶれ変わらず

ランキングはApp Apeの2017年1月1日から6月30日の各月のMAUの累計から算出。そのうち、上位20個をまとめました。

ファイナンスアプリのランキングトップ20は以下の通りです。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

1位は前年と同じく楽天カード。2〜5位は大手銀行の口座管理系アプリで占めました。トップ20のうち、銀行系が前年比1個増5個、カード系が前年と変わらず3個となりました。フィンテック系ベンチャーは、マネーフォワードとZaimの2個がランクイン。小売はヨドバシゴールドポイントカードが20位に入りました。
では、銀行系とカード系の両アプリで利用頻度にどんな違いがあるのでしょうか。上位の楽天カードと三菱東京UFJ銀行の比較から概観していきます。

銀行・カード利用に違いは?

両アプリの利用頻度別のユーザー割合は以下の通りです。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

三菱東京UFJ銀行アプリは7割がライトユーザーなのに対し、楽天カードアプリは5割程度で、ミドルユーザーとヘビーユーザーの割合が比較的多いことが分かります。楽天カードは、家計簿機能の利用やポイントの確認など、利用明細の確認以外の機能も盛り込まれていることから、コンスタントな利用者が多いことが推測できます。

MAUの男女年代比率は以下の通りです。

楽天カードが男女比がほぼ半々で40代女性の利用が多いのに対し、東京三菱UFJは男性が6割で30、40代男性の利用が多くなっています。このあたりもアプリの利用頻度の違いにつながっていそうです。

ファイナンス系アプリのグロースのヒントは?

今回はアンドロイドユーザーのデータを利用しましたが、App ApeではiOSユーザーのデータも参照できます。それぞれのアプリが持つ機能に応じて、利用者層や利用頻度に違いがあることが、比較データから見えました。既存のファイナンス系アプリのより詳細な利用動向を分析することで、新たなユーザーの獲得やリテンション向上など、さまざまな施策のヒントが見つかりそうです。今後もApp Apeでは、特徴あるアプリ市場の動向やユーザー層を追っていきます。