ユニクロアプリで音楽配信開始、初日に所持ユーザー数6.1%増

0 SHARES

株式会社ユニクロは8月1日、アンドロイドとiOSで展開するショッピングアプリ
「ユニクロアプリ」を拡充し、音楽やゲームなどエンターテインメントコンテンツの提供を開始すると発表しました。第一弾として、無料音楽配信サービス「UNIQLO MUSIC」を追加。今後、人気雑誌の読み放題サービスや同アプリ限定ゲームを順次提供する予定です。生活に寄り添ったサービスを提供することで、同社はアプリの利用頻度の増加と売り上げ増につなげる狙いです。

音楽配信機能を付加

Google Playより引用

UNIQLO MUSICは、ユニクロアプリ上でテーマに合わせて選曲する「日替わりプレイリスト」を搭載。月間ランキングから好みの曲を聞いたり、デニムやスポーツなどユニクロが選んだアイテムのイメージに合わせたプレイリストを楽しんだりすることもできます。音楽コンテンツは、定額制音楽配信サービス「AWA(アワ)」を展開するAWA株式会社が提供します。

リニューアル前に比べ所持ユーザー数6.1%増加

リニューアル当日の8月1日のユニクロアプリのユーザー動向をApp Apeで分析したところ、アプリのリニューアル前日の7月31日に比べ所持ユーザー数は6.1%増となりました。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)

年代比別に見ると、全ての年代で増加しており、うち10代が28.8%増と最も高い伸び率でした。無料の音楽コンテンツに魅力を感じて、若年層を中心に幅広い年代層で早くも所持ユーザー数が増えた形です。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
推定所持ユーザー:そのアプリの対象期間におけるApp Apeのパネルユーザーのうち、そのアプリを月末時点で所持しているユーザーの割合 × 日本のAndroid利用者数(3,240万人)
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

MAUや男女年代別比率の変化に注目

7月の男女年代別の月間利用ユーザー数(MAU)を見ると、30、40代女性を中心にユーザー層を形成していることが分かります。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users):そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

年齢、性別を問わず幅広い年代にユニクロアプリがさらに浸透し、MAUの増加やアプリのヘビーユーザー化、そして本業のショッピングの収益拡大につながるのか。ショッピングアプリとしてだけでなく、同社が掲げる「生活に寄り添うコミュニケーションツール」としてのアプリの新たな展開に要注目です。今後のコンテンツ追加とともに、App Apeでも定点観測で随時動向を注視していきます。