ヘビーユーザーが多い「遊戯王デュエルリンクス」、その秘密は定期的なイベントにあり?

0 SHARES

世界中でプレイされているカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム」があります。こちらの原作キャラクターとカードゲームをアプリで楽しめる「遊戯王デュエルリンクス」が2016年11月に配信スタートしました。登場して早々に100万ダウンロードを達成するなど、コナミのゲームブランドがいかに強いのか見せ付ける結果となりました。

ゲームのクオリティは本場カードゲームに負け時劣らじであると同時に、アプリゲーム内独自のシステムもあって人気を博しています。さらに、アプリ内のイベントや各種キャンペーンも頻繁に開催しており、その影響もあってヘビーユーザーが多いことがわかってきました。
そこで、今回は「遊戯王デュエルリンクス」の内容やヘビーユーザーが多くなっている要素について調査しました。

「遊戯王デュエルリンクス」とは

「遊戯王デュエルリンクス」はコナミデジタルエンタテインメントが配信しているゲームアプリです。
基本的には「遊戯王オフィシャルカードゲーム」で使われている実際のカードとルールを元に作られており、それをアプリ用に改良して配信しています。
基本的にはゲーム内で集めたカードで20~30枚程度のデッキを組み、ゲーム内に出現するキャラクターと対戦して各ステージのミッションをこなしていきます。ミッションをクリアするとステージレベルが上がると同時に、ゲーム内にてカードが入ったパックと交換できるジェムなどが手に入ります。もちろん、アプリを所有している人たちとオンライン対戦も可能です。

このジェムはステージミッションをクリアする以外にも、各プレイヤーが使用できる原作キャラクターのレベルを上げた報酬としても入手できます。原作キャラクターは「少年ジャンプ」で連載していた「遊戯王」に登場していたキャラクターが中心で、昔を懐かしむファンには嬉しい内容となっています。

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
男女年代別比率:そのアプリの対象期間における所持ユーザーのうち、男女×年代でみたときの各世代の割合

男女年代比を見てみると20代が圧倒的に多いですが、30代でも一定の数値がいることがわかります。この2つの層は「遊戯王」が全盛期だった時代の世代となっているので、この層にターゲットを絞ってゲームが作られたと思われます。

頻繁にジェム配布イベントを開催

カードを手に入れるためのジェムは比較的手に入れやすい形となっていますが、それ以外にも各種キャンペーンやイベントを開催することでジェムを配布しています。

たとえば、約半年で400万ダウンロードを達成した記念として大量のジェムをプレイヤーに配布しています。さらに、世界大会前や新カードパックの追加時にも大量のジェムが手に入るようになっており、他のゲームに比べると大盤振る舞いなイメージがあります。また、メンテナンスが長引いた際にもお詫びのジェムを配布するなど、かなり細かな配慮が施されています。そのこともあり、Google Playのユーザー評価は4.7と高い数値となっています。

Google Playより引用


さらに、通常プレイでは手に入らない特別なキャラクターが出現するイベントも開催されています。このイベントでは特別なアイテムを集めることでイベントキャラクターと対戦が可能となっており、勝ってポイントを一定数稼ぐことで新カードやキャラクターをゲットできるようになっています。その際、ボーナスとしてジェムが手に入ることがあり、かなりお得なイベントとなっています。

各種イベントの影響でユーザー数増

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
DAU (Daily Active Users): そのアプリの対象期間における、日間アクティブユーザー数であり、1日に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

各種イベントやキャンペーンを頻繁に起こしていることもあり、平均してDAU値は高いものとなっています。特に、7月31日には新カードパックが発売されたこともあり、一気に利用者数を増やしています。

また7/26には上位プレイヤーのデュエルを観戦できる新機能「街頭リプレイ」が実装されており、ユーザー数が伸びています。

ヘビーユーザー層を調査

[データ元: App Ape Analytics (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

さらに、「遊戯王デュエルリンクス」では一般ユーザーだけでなくヘビーユーザーが約17.8%と多いこともわかりました。元々の「遊戯王デュエルオフィシャルカードゲーム」のファンがいることも関係していると思われますが、それ以上に細かいイベントやキャンペーンを開催し、カードが手に入りやすい環境を整えていることも関係していると思われます。

まとめ~ジェム配布で既存ユーザーも獲得~

今回は「遊戯王デュエルリンクス」について調査してみました。その結果としては

・「遊戯王デュエルリンクス」は「遊戯王オフィシャルカードゲーム」に準じて作られたアプリ
・アプリ内でカードを手に入るために必要なジェムを獲得するイベント・キャンペーンが豊富
・原作ファンやカードプレイヤーの参加と共に、ジェムの大量獲得がかみ合ってヘビーユーザーを生み出している

以上のことがわかりました。ブランド力のあるカードゲームを元にアプリを作り込むことで多くのファンを獲得し、さらにカードを手に入れるためのジェムも大量に放出することでプレイヤーを増やしています。ブランド力だけでなく、その商品の魅力を引き出すサービスやシステムを組み合わせることが重要となっているのがわかります。