【TGS2017現場レポ】ボルテージ、イケメンと「挙式VR」異彩放つロマンスゲームコーナー

ハッシュタグ
0 SHARES

東京ゲームショウ2017(TGS)の中でもひときわ異彩を放つのが「ロマンスゲームコーナー」。いわゆる乙女ゲームの出展ブースが集まる一角です。

恋愛ドラマアプリの配信を手がける老舗のボルテージは、イケメンキャラの花嫁になれる「挙式VR」を披露。TGSでイケメンキャラと挙式をしようと長蛇の列ができていました。

ブーケ片手にイケメンに手を引かれ誓いのキス

「挙式VR」は、人気恋愛ドラマアプリ「誓いのキスは突然に」に登場するイケメンキャラクター、鴻上大和の花嫁として教会のバージンロードを一緒に歩き、誓いのキスを交わすVRです。バージンロードの途中で甘い声をかけてもらったり、誓いのキスをしたりと、TGSとは思えない世界の中に入り込むことができます。「挙式VR」は整理券が開場から1時間弱で配布終了するほどの人気ぶりでした。

VRゴーグルを装着して両手にコントローラーを持ったプレーヤーは、途中でさまざまな選択肢を選びながら、ストーリー展開を楽しみます。

実際に挙式の真っ最中のプレーヤーを見ると、バージンロードを歩いている途中で何度も鴻上大和の顔を見つめたり、周囲を見渡したり、手を差し伸べたり、笑顔がこぼれたりと、世界の中に没頭していました。

体験を終えた女性に感想を聞くと、「彼が自分のすぐ横にいて、耳元で声をかけられたり、手をとってもらったりする一つ一つの動きが自然で、思い切り二人だけの世界に没入してしまいました」と夢見心地でした。

体験後には、鴻上大和の署名入り婚姻届を受け取れるというおまけ付きです。

コアユーザーの満足度向上を重視、裾野広げる新作も

同社の広報担当は「ダウンロード数を伸ばすのも大切ですが、ダウンロードしたユーザーがゲームのコアなファンとなってもらえる施策を展開することこそが非常に重要だと考えています」と強調します。

実際、アプリ分析プラットフォーム「App Ape」でも、「誓いのキスは突然に」の利用者のうち、ヘビーユーザーが2割と高い割合を示していました。

[データ元: App Ape(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

さらに恋愛ドラマアプリの老舗としてユーザーの裾野を広げようと、同社はアニマル×アイドル育成ゲーム「アニドルカラーズ」の配信を9月7日に開始。若年層を中心に浸透を図る狙いで、既存タイトルと合わせて幅広いユーザー層の取り込みに注力する考えです。今回出展したVRゲームの開発も現在検討中とのことで、今後も目が離せません。