「リネージュ2 レボリューション」スタートダッシュの秘密に迫る。事前ダウンロードでコアユーザーのハートをキャッチ。

0 SHARES

ネットマーブルのスマホ向けMMORPG「リネージュ2 レボリューション(リネレボ)」。矢沢永吉さん出演のCMで話題なあのゲームです。


[出展:ネットマーブルYoutubeチャンネルより引用]

8月23日のサービス開始からわずか48時間でダウンロード数が200万回を超えるなど、2017年上期のスマホゲーム市場の台風の目となっています。

リネレボの利用動向を スマホアプリ分析ツール「App Ape」で調べたところ、スタートダッシュの力強さにはある秘密があることがわかりました。先行リリースされた韓国との利用動向の違いも交えながら、アプリのリリース時に有効な施策について解説します。

リネレボってどんなゲーム?

[Google Playより引用]

リネレボは、韓国で社会現象となったPC版MMORPG「リネージュ」と「リネージュ2」の関連作で、PCや据え置きハードのような美麗なグラフィックと、スマートフォンでのゲーム利用に合わせたオートモードが特徴のMMORPGです。
装備品の強化やレベル上げ、PvPなど多岐に渡るやりこみ要素が存在しており、夢中になっているユーザーさんが多いようです。(私自身も最近ちょこちょこやってます。)

開始以降、Google Playの売上ランキングは常に10位以内をキープ。記事執筆中の10月2日も7位とトップセールスを維持しています。一方、無料トップランキングは9月29日現在で195位(App Store)と、コアユーザーに支えられていることが伺えます。

App Ape Lab 売上ランキングはこちら

アプリ公開から3週間という短い期間で、リネレボがコアユーザーを獲得できたのはなぜでしょうか。

App Apeのデータを用いユーザーを深掘りすると、秘密は事前登録と事前ダウンロードにあることが分かりました。

コア層の獲得は事前登録・ダウンロードが鍵

App Ape Lab編集部は、ユーザーが利用を止めることなく使い続ける「アクティブ継続率」を、App Apeのデータで7日間に渡り追跡。事前ダウンロードして8月23日の国内配信開始日に利用開始したユーザーと、国内配信開始から3日以内に利用開始したユーザーが、その後どの程度継続したのかを比較したのが、以下のグラフです。

[データ元: App Ape(国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による。]

アプリの翌日の離脱率の平均が71%と言われる中、リネージュ2を事前にダウンロードしたユーザーの翌日の継続率は81.7%と驚異的な高さを示しました。

さらに、事前ダウンロードしたユーザーは配信開始後にダウンロードしたユーザーに比べ、翌日で18%、7日後で実に21.4%も継続率が高いことが分かりました。

明らかに、事前にダウンロードしたユーザーの方が、リテンションが高いということがわかりました。

事前登録と違い、事前ダウンロードにはインセンティブなどは存在しなかったので、自然とリテンション率が高いユーザーが集まったと言えます。

さらに、同様の指標をリネージュのお膝元である、韓国のデータと比較をしてみました。

[データ元: App Ape(国内約3万台、韓国約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による]

韓国に関しては、事前ダウンロードユーザー、通常ダウンロードユーザー共に日本よりも継続アクティブ率が高いことがわかりました。

特筆すべきは、事前ダウンロードユーザーのアクティブ率が、非常に高く、7日後の数値で見ても、40%近くまで達していることです。

韓国において社会現象にまでなった”リネージュ”タイトルの強さを表しています。

積極的な施策展開

数字を裏付ける実際の施策はどうだったでしょうか。

リネレボは、公開前に、事前登録と事前ダウンロードという二つの施策を展開しました。

事前登録では163万人もの登録を獲得。ポイントとなったのは、事前登録数の増加に応じたボーナスアイテムの追加です。

登録者数3万人達成すればレッドダイヤ30個、5万人達成すればレッドダイヤ50個(合計レッドダイヤ80個)と、数字を達成するごとにアイテムを増やしていきました。

さらに事前登録期間中には、ニコニコ超会議のほか、Youtuberとの船上イベントやTVCMなど積極的なプロモーションを展開。膨大な数の事前登録者の獲得につながりました。

[リネージュ2 レボリューションにおける事前登録者の伸び 公式サイト/公式Twitterより作成]

上記のキャンペーンで集めた事前登録者をスムーズにプレイに移行させるため、サービス開始前に3つの施策を展開しました。
事前ダウンロード、事前ユーザー名登録、サーバーの増設(40台から60台へ)です。

特に、事前ダウンロードは多くのメディアに取り上げられ、結果、事前ダウンロードの段階でApp Storeの無料ダウンロードランキングで1位獲得。サービスイン直前の最も重要な段階で、さらなる盛り上がりを見せました。

コアユーザー獲得はアプリ配信前から始まっている

月間利用率や男女年代比などさらに詳細なデータはApp Apeで見ることができます。

アプリの長期運営において鍵を握る、リテンション。特に、初めてアプリを起動したときのファーストエクスペリエンスがとても重要です。

リネレボは、事前ダウンロードと初期のユーザーエクスペリエンスを高めるための事前ユーザー名登録、サーバー増設の施策を行うことで、ファーストエクスペリエンスの向上という課題に見事に対応し、コアユーザーを獲得できたことがわかります。

コアユーザーの獲得は結果的に売上の増加に直結し、ランキング上位を獲得しました。
継続率の向上をめぐるリネージュ2の施策は、ゲームアプリだけでなく他のさまざまなアプリのグロースを図る上で優良事例と言えそうです。

App Apeでは、特定アプリのコアユーザーにのみを対象に調査できるアンケートサービスを開発中です。

是非、お問い合わせください。