主要ジャンルMAUランキング・ソーシャル編【2017年9月版】

ハッシュタグ
0 SHARES

App Apeが独自に集計した、2017年9月のソーシャルアプリの月間利用者数(MAU)ランキングがこのほどまとまりました。1位から4位までは前月と同様で、その他の順位も小幅な動きとなったものの、MAUの変化に特徴があるアプリがありました。

上位4アプリは変わらず

9月のソーシャルアプリのランキングは以下の通りです。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users): そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

ベスト10を見ると、Facebook、Instagram、Google+、Amebaの上位4アプリの順位は変わりませんでした。2chMATEは順位を1つ上げて5位となりました。

10位以下を見ると、順位に変動はあったものの、顔ぶれに違いはありませんでした。

Instagramの伸びが著しい

一見変動が少ないように見えますが、実際のMAUはダイナミックに変化しています。

ランキング8位のPinterestのMAUは、前年同月に比べ3倍となりました。特にここ3カ月の増加が著しく、6月から9月で54%も増えました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users): そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

行動分析機能でアクティブ、休眠ユーザーの割合を見ると、アクティブ率が67.4%と、アプリ全体の平均に比べ高いことがわかります。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

さらにアクティブ、休眠の両ユーザーの内訳を見ると、アクティブの新規と休眠復帰が新規休眠を上回っていることが分かります。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]

App Apeの行動分析機能については以下の記事で解説していますのでご覧ください。

「行動分析でアプリが分かる!」 第1回 :アクティブ・休眠ユーザーの割合

App Apeの詳細についてご興味がありましたらコチラまでお気軽にお問い合わせください。

ランキング2位となったInstagramは、着実にMAUを伸ばしており、特にこの3カ月で33.7%も増えました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による ]
MAU (Monthly Active Users): そのアプリの対象期間における、月間アクティブユーザー数であり、月に一度でもそのアプリを起動したユーザーの数

Google Trendsで「インスタグラム」を検索すると、8月13〜16日に全体でもっとも人気が高いことを示す「人気度100」のワードとなりました。

[データ元: Google Trendsより作成 ]

インスタグラムの使い方の変化については今後詳しくお伝えします。

順位の裏にある変化にも注目

今回はAndroidのデータを使いましたが、App ApeではiOSのデータも見ることができます。

App Apeの詳しい紹介はこちらから

ソーシャルアプリのジャンルは、新興アプリと人気の定番アプリがひしめく展開で、大きな変化が生まれつつあります。
来月以降の順位やMAUの変動に要注目です。
アプリ市場の変動を App Ape Labでは今後も詳しく追っていきます。