AbemaTV「72時間ホンネテレビ」放送4時間前から視聴者急増 視聴率どこまで伸びる?

ハッシュタグ
0 SHARES


表紙画像はARアプリ「いでよ!フキダシくん」で作成

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演するAbemaTVの特別番組「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」が、11月2日の午後9時から始まりました。

放送開始から27時間余りが経過しましたが、4日午前1時時点で累計視聴者者はすでに2800万人を超え、今年5月7日に「Abema TV」1周年記念企画として生放送した「亀田興毅に勝ったら1000万円」の累計視聴者数の2倍を超える勢いです。

App Ape Lab編集部では、アプリ分析プラットフォーム「 App Ape(アップ・エイプ)」の実利用データを活用し、放送開始日の11月2日のインターネットテレビアプリ「AbemaTV」の利用動向を速報版として取りまとめました。

参考記事:11月2日配信・AbemaTV「72時間ホンネテレビ」視聴率はどこまで伸びる?直前で注目すべきデータは?

App Apeの詳しい紹介はこちら!

インストール数前日の11倍!

11月2日のアプリインストール数を見ると、放送開始前日の11倍を記録。ホンネテレビ放送決定を発表した9月24日のインストールも超えました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による]

1日に1度でもアプリを起動したユーザーをカウントする日間利用ユーザー数(DAU)は前日の2倍に跳ね上がりました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による]

放送開始4時間前から視聴者はスタンバイしていた

同日の時間帯別の利用動向を見ると、午後9時の放送開始時間に向けて急激に増加しました。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による]

放送開始前の午後5時から9時までに実に10倍以上の伸びを示しています。放送開始4時間前から利用が伸びており、放送前からアプリを立ち上げてスタンバイしていた視聴者が数多くいたことが伺えます。

深夜の時間帯も利用者数を大きく減らすことがなく、視聴者がテレビに釘付けになっていることもよく分かります。

ホンネテレビは「亀田超え」の視聴者数はもちろんのこと、TwitterなどSNSでもすでにホンネテレビに関係するワード67個がトレンド入りしています。視聴者数は一体どこまで伸びるのでしょうか。もはや伝説の目撃者になっているような気分です。

ホンネテレビを放送する AbemaTVの利用動向は、今後もデータがまとまり次第お伝えします。

App Apeの詳しい紹介はこちら!