AbemaTV「72時間ホンネテレビ」視聴率はどこまで伸びる?直前で注目すべきデータは?

ハッシュタグ
0 SHARES


表紙画像はARアプリ「いでよ!フキダシくん」で作成

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんが出演するAbemaTVの特別番組「稲垣・草なぎ・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」が、11月2日の午後9時から文字通り72時間にわたり生放送されます。

今年の5月7日に「Abema TV」1周年記念企画として生放送した「亀田興毅に勝ったら1000万円」では、累計視聴者数が1300万人を超えました。

AbemaTV亀田戦、脅威の1300万再生超。インターネットテレビ時代到来か。

インターネットTV時代の象徴ともいえる今回の特番は、どれくらいの視聴者に見られることになるのでしょうか。

放送開始まで1時間を切る中、 App Ape Lab編集部はある一つのデータに注目しました。

「亀田に勝ったら」の時よりも・・・

アプリ分析プラットフォーム「 App Ape」で蓄積するスマホの実利用データをもとに、 App Ape Lab編集部が直前に注目したのは、事前のインストール数です。

インターネットTVアプリ「AbemaTV」の2017年3月から直近までの日間インストール数の推移を示したのが以下のグラフです。

[データ元: App Ape (国内約3万台のAndroid端末を分析)/アクティブ数はApp Ape 推定による]

「亀田に勝ったら・・・」の時は、放送当日にインストールが伸びました。実際、アクセスが殺到してサーバーがダウンするほどの人気でした。

対する「72時間ホンネテレビ」は、9月24日の放送発表の段階でインストール数が大幅に伸び、「亀田越え」を達成してしまいました。国民的タレントだけに、事前のユーザーの動きもスケールが大きいです。

事前インストールで「亀田」を越える

この放送を発表した9月24日にインストールしたユーザーは、いわゆる「事前ダウンロード」に相当するユーザーです。

スマホアプリゲームの場合、ゲームの提供開始前に事前にアプリをダウンロードし、サーバーなどの設定をした上で、当日すぐにゲームを始められるようにするユーザーになります。

事前ダウンロードをするユーザーは、ダウンロードゲームに対する関心が非常に高く、ヘビーユーザーとなります。したがって、事前ダウンロードをいかに獲得するかが、その後のアプリの利用の伸びや人気に直結するのです。

参考記事:「リネージュ2 レボリューション」スタートダッシュの秘密に迫る。事前ダウンロードでコアユーザーのハートをキャッチ。

かつてないロングラン放送にかつてない圧倒的コアユーザーが臨む

ゲームアプリとインターネットTVを完全に同じ軸で比較することはできませんが、インストールが9月24日に急増し、事前ダウンロードが行われたことを勘案すると、ユーザーは「どうしても当日72時間ホンネテレビを見たいコアユーザー」となります。今後72時間の視聴者のコアとなり、視聴率が大幅に伸びるのは間違いなさそうです。

事前ダウンロードによる圧倒的なコアユーザーを軸に、72時間のかつてないロングラン放送で視聴者がどれくらい伸び、どのような視聴スタイルをとるのか、App Ape Lab編集部では、実利用データを駆使し、視聴率や視聴者の行動、視聴が伸びた時間帯などについて放送終了後に報告する予定です。

追記(11月5日、8日)

最新の数字を元に視聴動向の速報版をまとめています。ご覧ください。

参考記事:11月2日配信・AbemaTV「72時間ホンネテレビ」視聴率はどこまで伸びる?直前で注目すべきデータは?

参考記事:11月4日配信・AbemaTV「72時間ホンネテレビ」放送4時間前から視聴者急増 視聴率どこまで伸びる?

参考記事:11月4日配信・AbemaTV「72時間ホンネテレビ」時間帯別の最大視聴率は午後9時台 深夜も日中も釘付けに

参考記事:11月5日配信・止まらないAbemaTV「72時間ホンネテレビ」4日も視聴者数伸び続ける 時間帯別の最大視聴率は何時台?

参考記事:11月6日配信・AbemaTV「72時間ホンネテレビ」時間帯別の最大視聴者数は5日午後8時台 インターネットTVの歴史に名を刻む

App Apeの詳しい紹介はこちら!